胸が垂れるのは加齢などによるもので、大きい小さいは関係ありません


胸が垂れるのはさまざまな原因が考えられます。

まず挙げられるのは加齢です。

歳を重ねると女性ホルモンの分泌が減り、バストを支える力も弱くなります。

これは胸の大小に関わらず、起きることと言えます。

そのため、小さい胸の人も、胸を垂れさないためには対策をすることが大切です。

女性ホルモンが乱れるような生活習慣をしないこと、クーパー靭帯に負担がかからないように注意することが大切です。

また、睡眠時や運動時にはナイトブラやスポーツブラをすることが対策の1つになります。

胸が小さくても複数の原因で垂れることにつながります

胸は大きさに関係なく小さくても垂れることはあります。

加齢で胸が垂れる理由として、女性ホルモンの分泌が関係しているのです。

女性ホルモンは胸を発達させるために必要な成分ですが、ピークは20代半ば~30代前半頃と考えられています。

このピークを過ぎると徐々に女性ホルモンの分泌は減少していき、それに伴って乳腺も衰えていくのです。

すると、乳房内における脂肪の比率が上がり重くなります。

そして、そのままバストを支える組織へ影響し、下垂しやすくなってしまうのです。

これはバストサイズに関わらず、加齢によって起きると言われています。

ただ、女性ホルモンの分泌が乱れてしまう原因は加齢によるものだけではありません。

ホルモンバランスが乱れる原因として、睡眠不足や食生活の乱れやストレスなどがあります。

睡眠不足になると、自律神経を司る脳の視床下部の機能が低下し、近くにある女性ホルモンの分泌の指示を出す下垂体の働きも鈍くなると言います。

結果として女性ホルモンの乱れにつながるのです。

加えて食事の栄養が偏っていると、女性ホルモンを作る材料が不足することが考えられます。

そのため、まずはホルモンバランスが乱れない生活を心がけましょう。

自分に合ったブラジャーを着用し大胸筋などを鍛えましょう


バストが下垂してしまう原因としてクーパー靭帯への損傷も考えられます。

クーパー靭帯は外からの刺激に弱く、伸びるまたは切れてしまうことがあり、元に戻ることもありません。

さらに、胸を支えるものとして大胸筋や小胸筋があります。

ただ、衰えてしまうと胸を支える力が弱くなるので、垂れてしまうと言われているのです。

このような原因については、胸が小さくても大きくても関係なく起こると言われています。

きちんと対策をすることで、胸が垂れるのを防ぐことが期待できます。

例えば睡眠時やスポーツ時に、ナイトブラやスポーツブラを着用していないと、胸が左右に流れやすいです。

固定されていないためクーパー靭帯にも負担がかかることが考えられます。

ブラジャーは自分の胸に合ったサイズでないときちんと固定ができないと言われています。

このような点を考えると、自分に合ったブラジャーを着用することに加え、TPOに即した下着に着けかえることも大切です。

また、大胸筋や小胸筋についても考えておきましょう。

大胸筋や小胸筋を鍛えれば土台がしっかりするため、クーパー靭帯への負担を減らすことが期待できるのです。

合掌ポーズやバストマッサージで対策をしましょう

胸を支える大胸筋や小胸筋を鍛えるための方法の1つに、合掌ポーズがあります。

最初に背筋を伸びして胸の前で手を合わせてください。

次に息を吐きながら、合わせた両手を押し合って15秒程度、キープするだけです。

キープした後は、息を吸いながら力を抜くことを繰り返します。

この合掌ポーズは、2回~3回程度繰り返しましょう。

また、バストマッサージもおすすめです。

バストマッサージは血流をスムーズにする助けになると言われています。

血流がスムーズになることは、女性ホルモンや栄養が胸に運ばれやすくなると言われているからです。

女性ホルモンが乳腺に運ばれれば、それだけ衰えづらくなることが期待できます。

さらに、大胸筋や小胸筋も十分な栄養分がなければ維持することが難しくなります。

そのため、合掌ポーズなどできちんと対策をしたとしても大胸筋や小胸筋を維持することが難しくなる可能性があるのです。

バストマッサージは血流だけではなく、リンパの流れを良くしてハリのある肌を取り戻すことも望めると言います。

自分ではバストマッサージのやり方が分からないという方は、専門のサロンでプロの施術を受けるのも良いでしょう。

(まとめ).胸が小さいのに垂れるのはどうして?

1.胸が垂れるのは加齢などによるもので、大きい小さいは関係ありません

胸が小さくても垂れてしまいます。

原因としては加齢による女性ホルモンの乱れや大胸筋や小胸筋の衰え、また、クーパー靭帯への負担が考えられます。

このような原因について、対策をしましょう。

2.胸が小さくても複数の原因で垂れることにつながります

胸が垂れることについて、大きさはあまり関係ありません。

加齢による女性ホルモンの減少によって垂れやすくなると言います。

しかし、若くても生活習慣が乱れていれば下垂しやすいです。

3.自分に合ったブラジャーを着用し大胸筋などを鍛えましょう

ブラジャーがあっていないと、しっかりと胸を支えられないためクーパー靭帯を損傷させる恐れがあります。

スポーツや睡眠時にも専用ブラジャーを着用することが大切です。

他にも大胸筋や小胸筋を鍛えて、クーパー靭帯への負担を減らしましょう。

4.合掌ポーズやバストマッサージで対策をしましょう

胸を支える大胸筋や小胸筋を鍛えたいなら合掌ポーズがおすすめです。

また、栄養分や女性ホルモンがスムーズに運ばれるよう、血流を良くするためのバストマッサージも対策の1つとしておすすめです。