バストはどこからが大きいかと言われるかは、データによるとDカップからです


バストはどこからが大きいのかと尋ねたアンケート結果によると、D~Eカップが境界線であると大半の人が答えています。
このサイズになると服を着ていてもバストが目立ちやすいことから、大きいと感じる人が多いと言えます。

そのようなサイズへバストアップするためにセルフケアする方法があり、正しい姿勢の維持や生活習慣の改善がおすすめです。
またより理想的なバストを目指すには、プロの育乳マッサージを受けるとご希望に近づきやすいでしょう。

DからEカップ位あるとバストが大きいと言われています

22~39歳の男性を対象に行われた「バストはどこからか大きいと感じる」を尋ねたアンケート結果によると、第1位はDカップ、第2位はEカップとなっています。
1位のDカップと答えた割合は全体の約47%にあたることから、世の中の男性の大半がDカップ以上のバストは大きいと感じていると言えます。

そしてEカップと答えた人の割合は25%で全体の4分の1となり、1位の半分程度になることからも、Dカップが大きいと感じる境界線になりそうです。
Dカップ・Eカップと回答した人の割合を合計すると約75%になりますが、ではなぜこのサイズがバストが大きいと感じられるかというと、衣服を着た状態でもバストが目立つためです。

たとえばCカップ以下のバストでも体のラインが目立つようなファッションをしていれば比較的バストの形が見えやすいですが、ゆったりした服装をするとDカップ以上なら形が見えやすいでしょう。

ちなみに第3位はCカップとなっており、バストサイズはC~Eが適度で大きいと感じるサイズと言えるのではないでしょうか。
それ以上のサイズが上がってこない理由には、大きすぎる、あまり見たことがないなどがあります。

バストアップが期待できるセルフケア方法があります


「大きい」と言われるサイズへバストアップをしたい時、ご自分で毎日の生活の中でも行うことのできる方法があります。
ただしセルフケアはどの方法を選んだとしても、適度に継続していくことが大切なので、まとめて一気に行わず根気よく続けましょう。

正しい姿勢をキープする

バストアップには栄養が十分バストへ行き渡ることが必要なので、バストの血流を妨げずスムーズにするため、正しい姿勢で過ごしましょう。
猫背や反りすぎの姿勢は血流が悪化しやすくそのほかにも体へ悪影響を及ぼす恐れがあるため、腰から背中が自然にまっすぐになることがポイントです。

女性ホルモンの分泌を整える

女性ホルモンはバストアップと関わりがあるため、スムーズに分泌されるように促すには、生活習慣を整えることをおすすめします。
忙しくて食生活の乱れや睡眠不足、ストレスがたまってしまうと、デリケートな女性ホルモンの分泌が乱れがちになるので、それらの要因をできるだけつくらないように暮らしましょう。

納得のいくバストアップを目指すには、育乳マッサージがおすすめです

セルフケアをしてD~Eサイズへのバストアップを目指すだけでなく、さらに本格的で理想のバストへ改善していきたい時には、サロンで育乳マッサージを受けてみてはいかがでしょうか。

育乳マッサージの中でもオールハンドの施術を行うサロンを選ぶと、女性スタッフが手のひらで丁寧に優しく揉みほぐすので安心感がありリラックスしやすくなります。

まず事前に行われるカウンセリングで目指したいバストサイズや理想の形や弾力など、詳しくお話しすることをおすすめしますが、そうすることでよりご希望に添った最適な施術が期待できるからです。

そしてこのオールハンド育乳マッサージではバストを揉みほぐして乳腺を刺激するだけでなく、背中をしっかりマッサージしたり二の腕や脇の下までほぐしたりもするので、お肉をバストの方へ流しやすくするほかに肩周りのこりを合わせて改善するメリットもあります。

気になる肩こりが楽になるとストレス解消にもつながりやすいので、おすすめの育乳マッサージです。

(まとめ)バストサイズはどこからが大きいと言えるの?

1.バストはどこからが大きいかと言われるかは、データによるとDカップからです

D~Eカップを境界線としてバストが大きいと感じる人が多いと言われています。

そのようなサイズへバストアップを目指すには、正しい姿勢の維持や生活習慣の改善、プロの行う育乳マッサージがあります。

2.DからEカップ位あるとバストが大きいと言われています

男性を対象にしたアンケート結果によると、バストはD~Eカップが「大きい」と感じるサイズと言われています。

とくにDカップは回答の約47%を占め、半数に近いことからDカップ以上が大きなバストと判断されるのでしょう。

3.バストアップが期待できるセルフケア方法があります

ご自分でバストアップを目指したケアを行う場合、おすすめの方法には正しい姿勢の維持と生活習慣の改善があります。

生活習慣改善は女性ホルモンの分泌を安定させてバストアップを妨げないことを目的としています。

4.納得のいくバストアップを目指すには育乳マッサージがおすすめです

プロが行うオールハンド育乳マッサージを受けると、より本格的に理想のサイズへバストアップを目指しやすくなります。

しかも手のひらによる施術は安心感もあることからリラックスして気持ちよく受けやすいマッサージです。