垂れる胸に豆乳が良いとされるのは「大豆イソフラボン」が含まれているからです


豆乳には「大豆イソフラボン」と呼ばれる女性ホルモンによく似た働きをしてくれる成分が含まれています。

その成分によって、身体のホルモンバランスが整い、成長ホルモンが活発に働くと言われています。

その結果、乳腺を増やす効果が期待でき、バストアップにつながると考えられています。

ただ豆乳はカロリーがやや高いため、量や飲み方に注意が必要です。

また効果を得やすくするためにも、生活習慣の見直しも大切になってきます。

豆乳に含まれる栄養素にはバストアップ効果が期待できます

ハリのあるバストになるためには、乳房の中にある乳腺が大切です。

女性ホルモンの「エストロゲン」が分泌されることで、乳腺が発達し増えると言われています。

また乳腺が増える事で、乳腺を守るための脂肪が増え、バストアップやハリが上がる効果が期待できるのです。

豆乳には「エストロゲン」と似たような作用をする「大豆イソフラボン」が含まれています。

この「大豆イソフラボン」の作用がエストロゲンをサポートして、ハリのあるバストを作りにつながると考えられているのです。

豆乳には、バストアップ以外にも女性にとって嬉しい効果があると言われています。

美肌効果

豆乳に含まれるビタミンB1、2、Eなどの成分によって、肌にコラーゲンを与え、老化を防ぐ効果が期待できます。

その結果、プルプルとした美肌作りにつながります。

生理不順や便秘、冷え性の改善効果

「大豆イソフラボン」によって、女性ホルモンの働きが活発になりやすいと言われています。

そのため冷え性などの改善しやすくなるでしょう。

アンチエイジング効果

豆乳に含まれる成分には「リノール酸」と呼ばれるたんぱく質が含まれます。

この「リノール酸」は肌の老化を防ぎ、保湿を促す効果が期待されているのです。

ほかにも、美髪効果やダイエット効果、更年期障害の症状軽減など多くの女性の悩みを改善してくれる成分が豊富に含まれています。

豆乳は1日200ml摂取するようにしましょう


豆乳の効果を得るために一度に沢山摂りすぎても良くないと言われています。

「大豆イソフラボン」を大量に摂取すると、女性ホルモンのバランスを崩す可能性があると考えられているためです。

「大豆イソフラボン」の安全な摂取量の目安は、1日75mgとされています。

豆乳200mlの中に含まれる「大豆イソフラボン」は無調整豆乳の場合68mg、調整豆乳の場合50mg、豆乳飲料の場合30mg含まれています。

そのため大豆製品をあまり摂らない場合は、1日200ml程度飲むようにしましょう。

反対に納豆や豆腐などの大豆製品を多く摂る場合は、1日100ml程度に抑えるようにしてください。

効果的な飲み方

飲むタイミングは、朝起床時か夜就寝時がいいと言われています。

朝起床時は空腹時に飲むため、栄養素を効率よく吸収されやすくなると考えられているのです。

また就寝前に飲むことで、褐色脂肪を増やし、白色脂肪細胞を減らす効果が期待できます。

その結果脂肪を燃焼させやすい身体に変化しやすくなるのです。

ただ豆乳にもカロリーはあるため、就寝前に飲む場合は夜の食事量を控えるようにしてください。

飲む際はできれば人肌程度に温めて飲むようにしましょう。

冷えたままだと、身体を冷やしてしまい代謝を悪くする可能性があるためです。

反対に温めすぎるとたんぱく質が変性してしまいます。

たんぱく質が変性しない40度以下くらいまで温めて飲むようにしてください。

バストアップ効果を高めるためにバストマッサージも行いましょう

豆乳には、女性ホルモンの似たような作用をする働きが期待できます。

しかし、直接的にバストが垂れることを防ぐような効果があるという医学的根拠はありません。

そのため、豆乳を飲むだけではバストアップするとは言えません。

垂れる胸を予防し、バストアップ効果を得るためには育乳マッサージを一緒に行うことが有効であると考えられます。

育乳マッサージは、自宅でも行うことができます。

ただし間違った力加減ややり方によっては、クーパー靱帯を損傷させるリスクがあります。

そのためバストアップなどの効果を得るためには、バスト専門のサロンで施術を受けるようにしましょう。

プロからの育乳マッサージを受けることによって、垂れる胸を予防する効果が期待できます。

(まとめ)垂れる胸に豆乳が効果的と言われる理由とは?

1.垂れる胸に豆乳が良いとされるのは「大豆イソフラボン」が含まれているからです

豆乳に含まれる「大豆イソフラボン」によって、身体のホルモンバランスを整え、成長ホルモンが活発に働くと言われています。

その結果、乳腺を増やし、バストアップ効果が期待できます。

効果を得やすくするためにも、生活習慣の見直しも大切になってきます。

2.豆乳に含まれる栄養素にはバストアップ効果が期待できます

女性ホルモンの「エストロゲン」が分泌されることで、バストアップやハリが上がる効果が期待できます。

豆乳に含まれる「大豆イソフラボン」によって「エストロゲン」と似たような働きをするため、バストアップにつながると言われています。

3.豆乳は1日200ml摂取するようにしましょう

豆乳は一度に沢山摂りすぎると女性ホルモンのバランスを崩す可能性があります。

そのため豆乳は1日200ml程度にしましょう。

朝か夜に摂取することが推奨されています。

人肌程度に温めるようにすることで効率よく栄養素を吸収できると考えられています。

4.バストアップ効果を高めるためにバストマッサージも行いましょう

豆乳には直接的にバストアップや垂れることを予防する効果あるという医学的な根拠がありません。

そのため専門のサロンにて育乳マッサージも一緒に行うことで、効率的に理想のバストを作ることが期待できます。