垂れる胸を復活させるには、育乳マッサージが効果的です


バストは何もしなければ、重力に負けて垂れてきます。

ただ出産経験や運動の有無、年齢などによってバストの垂れやすさが変わってくるでしょう。

一度垂れたバストを復活させるためには筋力トレーニングや食生活を見直す、育乳マッサージを行うなどさまざまな方法があります。

自分の原因にあった対処法を行うことで、バストが復活しやすくなると言われています。

バストが垂れる原因は年齢だけでなく運動習慣などがあります

バストが垂れやすくなる原因は人によって異なります。

どんな原因があるのか、見ていきましょう。

年齢によるもの

バストは20代後半頃から徐々に垂れやすくなると言われています。

それは、女性ホルモンの分泌が年齢とともに減少することです。

女性ホルモンは乳腺を発達させ、バストのハリを保つ役割があると考えられています。

乳腺が衰えると、脂肪の比率が多くなって重量が増すのです。

その結果、バストが垂れやすくなります。

出産や授乳によるもの

出産や授乳によって、女性ホルモンが多く分泌されています。

そのため乳腺が発達しやすくなり、脂肪が増えるためバストが大きくなります。

バストが大きくなることで、皮膚やクーパー靱帯が伸びてしまうのです。

卒乳して乳腺が衰えバストが小さくなっても、皮膚やクーパー靱帯は伸びたままと言われています。

また赤ちゃんがバストを引っ張るなどの行為でもバストが垂れる可能性があるのです。

激しい運動によるもの

クーパー靱帯は激しい運動によって損傷しやすくなると言われています。

バストを固定せずに激しい運動を行うことで、バストが大きく揺れてしまいます。

その結果クーパー靱帯を損傷させ、バストが垂れるリスクが大きくなります。

ほかにも自分に合っていないブラジャーの使用なども垂れる原因になると考えられています。

バストを復活させるには育乳マッサージなどが効果的です


バストを復活させるためには、筋力をアップさせしっかり固定することが大切になります。

また育乳マッサージにて血流やリンパの流れを改善し、バストへ栄養が運ばれやすくすることとも重要です。

大胸筋を鍛える

バストの土台となっているのが、大胸筋と言われています。

バストをしっかり支えられる大胸筋を作る事がバストを復活させるために大切になってきます。

合掌のポーズや腕立て伏せなど大胸筋を鍛える運動を毎日継続するように心がけましょう。

自分にあったブラジャーを着用する

自分に合っていないブラジャーは、脂肪が脇や背中に流れやすくなると言われています。

さらにサイズ感が合っていないと、クーパー靱帯を損傷する可能性があります。

キレイなバストを作るためにも、しっかり固定できるような自分に合ったブラジャーを着用しましょう。

育乳マッサージを行う

育乳マッサージを行うことで、血流やリンパの流れが良くなると考えられています。

これによって老廃物が取り除かれ、必要な栄養がバストに運ばれやすくなるのです。

栄養がしっかり運ばれることで乳腺が刺激され、キレイなバストを作る効果が期待できます。

ただし育乳マッサージは強くしすぎると乳腺を傷つける可能性があります。

お風呂上がりなどに優しくマッサージを行うように心がけてください。

バストがこれ以上垂れないように予防することが重要です

バストを支えるクーパー靱帯は、一度損傷すると修復することができないと言われています。

そのためバストを復活させるためには、これ以上垂れないように予防することが重要です。

バストが垂れないように予防するためには、ナイトブラの使用も効果的と言われています。

寝ている間にバストは横や下など自由に動いており、クーパー靱帯が伸びやすくなっているのです。

ナイトブラを使用することで、バストを優しく支えてくれクーパー靱帯を保護する効果が期待できます。

キレイなバストを作るためには、バスト専門のサロンにてプロの育乳マッサージの施術を受ける事も大切です。

自分で行うマッサージより効率的にバストが垂れるのを予防し、さらに復活できることが期待できます。

(まとめ)垂れる胸を復活させる方法とは?

1.垂れる胸を復活させるには、育乳マッサージが効果的です

バストは自然と垂れていきます。

出産経験や運動の有無などによって垂れやすさが変わってきます。

一度垂れたバストは、育乳マッサージや筋力トレーニングなどを行うことで復活させることが期待できるでしょう。

2.バストが垂れる原因は年齢だけでなく運動習慣などがあります

バストが垂れやすくなる原因は年齢、出産経験、運動の有無などがあります。

ほかにも自分に合っていないブラジャーの使用によってもバストは垂れやすくなると言われています。

クーパー靱帯を損傷するとバストが垂れやすくなると考えられています。

3.バストを復活させるには育乳マッサージなどが効果的です

バストを復活させるためには、バストの土台である大胸筋を鍛えることが大切です。

クーパー靱帯を保護するため、自分にあったブラジャーを着用することも重要です。

育乳マッサージを行うことも、キレイなバストを作る効果が期待できます。

4.バストがこれ以上垂れないように予防することが重要です

クーパー靱帯は、一度損傷すると修復できないと言われています。

バストが垂れるのを予防するためには、ナイトブラの使用が効果的です。

プロの育乳マッサージを受ける事もキレイなバストを作るためには大切になります。