垂れる胸を補正するためには、自分に合ったブラをつけることが大切です


さまざまな要因によってバストは垂れてきます。

バストを支えているクーパー靱帯は、一度損傷すると戻ることなく、垂れてしまうのです。

そのため垂れてしまったバストを元に戻すことは困難と考えられます。

垂れてしまったバストを補正するためには、自分にあったブラジャーを着用することが大切です。

ブラジャーでしっかり補正することによって、バストラインが整いやすくなります。

年齢とともにバストの変化は起こります

バストは年齢ととともに垂れやすくなるなど変化していきます。

胸が垂れる主な原因は3つ考えられます。

クーパー靱帯の損傷

クーパー靱帯にはバストを支える役割があります。

ただ激しい運動や自分に合っていないブラジャーの着用、バスト自体の重みなどによって、伸びるまたは断裂して垂れてしまいます。

このクーパー靱帯は一度損傷すると修復できないため、クーパー靱帯を保護することが大切です。

皮膚のたるみ

出産や急激なダイエット、加齢などが原因によってバストの周りの皮膚がたるみと言われています。

出産などにより大きくなったバストが急激に縮むため、皮膚の伸縮がついていかずに伸びきった状態になってしまいます。

脂肪が増える

バストはほとんど脂肪でできています。

その中に乳腺があり、出産などにより女性ホルモンの分泌量が増えることで乳腺が活発になると言われているのです。

乳腺を守るために脂肪が増え、結果バストが大きくなります。

卒乳すると、乳腺が萎縮するため脂肪にかわり、脂肪が増えたバストになってしまうのです。

脂肪が増えたバストは柔らかいため、ハリがなくなり垂れやすい状態になっています。

一度垂れてしまったバストを元に戻すことは、難しいです。

そのためブラジャーなどで補正することが大切になってきます。

バストをキレイな状態で補正するためには、正しくブラジャーを身に付けましょう


キレイなバストに補正するためには自分の身体にあったブラジャーを身に付けることが大切です。

ブラジャーは補正下着と言われており、バストラインをキレイに整えることができます。

購入の際は以下の点をチェックするように心がけましょう。

フィットしているものを選ぶ

ブラジャーを購入する際は必ず試着するようにしてください。

同じサイズでもメーカーやデザインなどによってフィット感が変わってきます。

バストがきつすぎないか、お肉がはみ出していないか、余っていないかなど確認するようにしましょう。

しっかりとバストをホールドしてくれるものを選ぶ

補正することが目的であれば、しっかりバストを支えてくれるタイプのものがいいと言われています。

ストラップやベルトの幅が広めのブラジャーを選ぶことで、バストをしっかりホールドすることが可能です。

またバストを下から持ち上げるようなパッドが入っているブラジャーを選ぶことで、キレイなバストラインを作ることができるでしょう。

自分にあったブラジャーを購入する際は見た目のデザインだけで選ばすにフィット感、ホールド感などで選ぶようにしてください。

できれば試着室でジャンプするなど少し動いてみると、自分にあったブラか確認しやすくなります。

垂れた胸を正しい位置に戻すようなマッサージも大切です

一度垂れてしまったバストはブラジャーによって補正することができます。

しかし、バストの変化がこれ以上に進行しないように予防することも重要です。

バストの変化を遅らせるためには、バスト専門のサロンでの育乳マッサージが効果的と言われています。

自分で行うバストマッサージは力加減によってはクーパー靱帯を損傷させる恐れがあるためです。

そのためバストの状態を正確に判断できるプロの施術が大切になってきます。

またバスト専門のサロンで、プロからのハンドマッサージを受けることによって予防するだけでなく、バストアップ効果や下垂、ハリの改善なども期待できます。

正しい知識を持ったスタッフからプロ目線のアドバイスや指導などをしてくれるサロンもあるため、バストに悩みがある人は一度試してみてください。

(まとめ)垂れる胸を補正する方法とは?

1.垂れる胸を補正するためには、自分に合ったブラをつけることが大切です

バストはさまざまな要因で垂れてきます。

垂れてしまったバストを補正するためには、自分にあったブラジャーを装着することが大切です。

ブラジャーでしっかり補正することによって、バストラインがキレイに整いやすくなります。

2.年齢とともにバストの変化は起こります

バストは年齢とともに垂れやすくなります。

クーパー靱帯の損傷、皮膚のたるみ、脂肪が増えることが原因でバストが垂れやすくなるのです。

一度垂れたバストを元に戻すことは困難と言われています。

自分にあったバストで補正するようにしてください。

3.バストをキレイな状態で補正するためには、正しくブラジャーを身に付けましょう

キレイなバストに補正するためには自分の身体にあったブラジャーを身に付けることが大切です。

フィット感やストラップの幅、ホールド感などを確認するようにしてください。

同じサイズでもメーカーによって変わってくるため、必ず試着するようにしましょう。

4.垂れた胸を正しい位置に戻すようなマッサージも大切です

バストが垂れないように予防することも大切です。

バスト専門のサロンで育乳マッサージの施術が効果的と言われています。

育乳マッサージによって予防だけでなく、バストアップや下垂改善などの効果が期待できます。