胸が垂れる予防対策は、正しい下着の着用や大胸筋の強化、生活習慣の見直しなどが挙げられます


胸が垂れるのを防ぐには、まず胸をしっかり支える構造でサイズがぴったりの下着を着けることが大事です。

また、夜や運動時なども専用のブラを着用するとクーパー靱帯の損傷や胸の下垂を防ぐのに有効と言われています。

さらに、姿勢を正すことや睡眠をしっかりとること、食生活を見直しといった生活習慣の改善も、胸の血流を促し、女性ホルモンを活発化させて乳腺の衰退を防ぐのに効果的です。

ほかにも、胸を支える大胸筋を鍛えることや、育乳マッサージを受ける方法も取り入れていきましょう。

胸の下垂予防には、まずは胸を支える正しい下着の着用が効果的です

胸は加齢などによる乳腺の衰退や、脂肪の増加などが原因で徐々に垂れてきます。

胸はクーパー靱帯という繊維によって支えられているのです。

しかし胸の揺れや、急激なバストサイズの変化によりクーパー靱帯が伸びる、または損傷することも胸が垂れることにつながります。

胸の下垂予防する対策は色々ありますが、まずサイズの合った胸を支える機能性の高いブラジャーを正しく着用することが大事です。

ノンワイヤーやカップ付きの下着などは、締め付けがなく楽ですが胸を支えきれず、クーパー靱帯を傷めたり、胸の脂肪が脇や背中に流れてボリュームを失ったりする要因となります。

ワイヤー入りで胸をしっかり下から持ち上げ、中心に集めて支える機能のあるブラジャーを選びましょう。

胸のサイズは年齢や妊娠、出産後などに変わってくるので定期的に測り、サイズに合ったものを付けることも大事です。

さらに、運動時などは胸が大きく揺さぶられてクーパー靱帯が切れやすいので、スポーツブラを着用しましょう。

夜寝る時も専用のナイトブラで胸をしっかり支えてあげてください。

これまでの生活習慣の見直しも必要です


背中を丸める猫背が習慣化していると、血液やリンパの流れが滞り、乳腺を活発化するための栄養が不足しがちになります。

さらに、胸の土台となる大胸筋の衰えにもつながるのです。

特に長時間のデスクワークは背中が丸まりがちなので、背筋を伸ばして姿勢を正すよう意識しましょう。

また、睡眠を十分にとると女性ホルモンの分泌が整いやすくなります。

睡眠時間を確保しつつ、ぐっすり眠る質の良い睡眠が得られるように、寝る前のスマートフォンをやめて部屋を暗くするなど寝室の環境も整えましょう。

寝る1時間前までに湯船につかって体を温める入浴を済ませておくと、眠りにつきやすくなります。

加えて、食生活も見直す必要があります。

女性ホルモンに似た作用のある大豆イソフラボンを含む大豆製品や、胸に張りをもたらすコラーゲンを含んだ鶏軟骨や牛すじ、イワシや鮭などの食品を中心に栄養バランスのとれた食事をしましょう。

食事制限によるダイエットは栄養不足になりやすく、結果的に胸のボリュームダウンや下垂を招きます。

急激に体重を減らす無理なダイエットはやめましょう。

オールハンドの育乳マッサージや、大胸筋を鍛えるエクササイズも取り入れましょう

加齢などにより大胸筋は徐々に衰え、胸を支えきれなくなるので、大胸筋を鍛えるエクササイズを行うのも、胸の下垂防止につながります。

自宅で、膝を床についた状態で行う腕立て伏せから始めてみましょう。

さらに、床に座って胸の前に両手を合わせ、押し合う合掌のポーズも大胸筋強化に効果的です。

無理のない範囲で進めて、慣れてきたら回数を増やしてみましょう。

ほかにも、エステサロンで受けられる育乳マッサージもバストアップに良いと言われています。

プロによるオールハンドマッサージは、背中のコリをほぐして、お腹の脂肪を胸へと移動させたり、脇からバストにかけてのリンパの流れをスムーズにしたりする効果が期待できます。

バストマッサージは自分でもできそうですが、バストはとてもデリケートなので力加減ややり方を間違えると、クーパー靱帯を傷つけることにもなりかねません。

効率よくそして安全にバストマッサージを行うにはプロの手に任せた方が安心です。

(まとめ)胸が垂れる予防対策とは?

1.胸が垂れる予防対策は、正しい下着の着用や大胸筋の強化、生活習慣の見直しなどが挙げられます

胸の下垂予防策としては、胸を支える機能をあるサイズの合った下着を着ける、大胸筋を鍛えるエクササイズを取り入れることも大事です。

さらに、生活習慣を見直し睡眠をしっかりとる、姿勢を正すといった胸に良い生活を送ることも有効と言われています。

2.胸の下垂予防には、まずは胸を支える正しい下着の着用が効果的です

胸の下垂を防ぐには、胸をきちんと支える機能が備わったバストサイズに合ったブラジャーを正しくつけることがポイントです。

また、胸を支えるクーパー靱帯を守るためにも、運動時にはスポーツブラを、寝る時はナイトブラを着用しましょう。

3.これまでの生活習慣の見直しも必要です

背筋を伸ばして姿勢を正し、女性ホルモン分泌を促すように睡眠をしっかりとる生活を心がけることが胸の下垂予防につながります。

さらに、食生活に改善し胸のボリュームアップに効果的な食品を取り入れ、無理なダイエットはやめましょう。

4.オールハンドの育乳マッサージや、大胸筋を鍛えるエクササイズも取り入れましょう

大胸筋を腕立て伏せや合掌のポーズなどのエクササイズで鍛えることで、胸を支える土台もしっかりしてきます。

さらに、プロの手で行うオールハンドの育乳マッサージも効率よくバストアップを図れる効果的な手段です。