胸の土台となる大胸筋を鍛える腕立て伏せは、胸が垂れるのを防ぐのに良いとされています


大胸筋は胸の土台となり、バストを支える筋肉です。

加齢や運動不足などで筋力が弱まると、胸を支えきれず胸の下垂やボリュームダウンを招きます。

大胸筋を鍛えるには、腕立て伏せが良いとされています。

正しいやり方を覚えて、始めは膝をつくなどして負荷を調整しながら、無理のない範囲で取り入れましょう。

慣れてきたら、膝を伸ばして回数も増やすと効果的です。

また、ほかにも胸の前で両手を合わせて押し合う合掌のポーズも大胸筋に効くエクササイズなので、やり方を覚えてやってみましょう。

大胸筋の衰えは胸の下垂をもたらす一要因と考えられます

胸は肋骨があって、その上に大胸筋という筋肉が土台となり、脂肪と乳腺でできたバストを支えるという構造になっています。

ただ大胸筋は、加齢や運動不足などが原因で徐々に衰えてしまうのです。

厚みや硬さがあった大胸筋が衰えると、薄く柔らかくなってしまい筋力を失って、重たいバストを支えきれなくなります。

そうなると重力に耐え切れず胸が下に向かって垂れてしまい、乳房だった脂肪が脇やお腹、背中へと流れます。

胸はボリュームを失い形崩れを起こすとともに、脇や背中に無駄な肉がついて肥満体型になってしまうという結果につながるのです。

胸はしっかり支えるには、土台となる大胸筋を意識的に鍛える必要があります。

そのためには、大胸筋や上腕二頭筋などに作用する腕立て伏せが効果的なエクササイズの一つだと言われています。

腕立て伏せは簡単で、やり方によって負荷を変えられるので、運動が苦手な方でも無理なく行えます。

また腕立て伏せは腹筋も鍛えられるため、ウエストの引き締めにも効果的です。

腕立て伏せの正しいやり方を覚え、取り入れてみましょう


腕立て伏せは大胸筋を鍛え、バストアップに効果的だとされています。

まずは筋力に自信にない方でもやりやすい、膝をついた状態で行う腕立て伏せのやり方を紹介するので、覚えて実践してみましょう。

  1. 床に手をつき、肩幅よりやや広めに開いて四つん這いの状態になります
  2. 膝をつけたまま足の裏が平行になるように、両足をクロスさせます
  3. 肘と背筋をしっかり伸ばして首は前を向き、腕立て伏せのポーズをとりましょう
  4. 呼吸を繰り返しながら、ゆっくり肘を曲げて胸を床へと近づけます
    この時、背中を丸めないように姿勢を保ってください
  5. 今度はゆっくり肘を伸ばして、元の状態に戻します

運動に慣れていない方は、無理をすると肘を痛めるので5回位から始め、徐々に回数を増やしてみましょう。

膝を曲げてある程度の回数できるようになったら、負荷を少し上げて膝を曲げたまま足を上げて行うと良いです。

さらに筋力が付いたら、今度は膝を伸ばした状態での腕立て伏せにもチャレンジしてみましょう。

腕立て伏せ以外にも、合掌ポーズが大胸筋強化に効果的だとされています

大胸筋を鍛えるには、腕立て伏せ以外にも効果的な両手を前で合わせる合掌のポーズがあります。

やり方も簡単なので取り入れてみましょう。

  1. イスや床に座って、肘を曲げて両手を胸の前で合わせて、肩の高さまで上げます
  2. ゆっくり呼吸を繰り返しながら、両手を押し合うようにして力を加えます
    大体20秒間、大胸筋を意識して行いましょう
  3. ゆっくり息を吐きながら脱力します

慣れるまでは回数を5回程度から始めて、徐々に回数を増やしていきましょう。

また、両手の間に雑誌などを挟んで行うと、押す力を増すので効果が高まると言います。

始めは5回位からスタートし、ある程度の回数をこなし、楽にできるようになったら、肘の位置を口元にまで上げて負荷をかけていくと、より大胸筋に効いていくでしょう。

ほかにも、胸のボリュームアップや下垂防止策として、エステサロンで育乳マッサージを受けるのも一つの選択肢です。

プロの手による乳腺を活性化させ、バストの形を整えるマッサージが受けられるので効率よくバストアップが目指せます。

(まとめ)胸が垂れるのを防ぐには腕立て伏せが効果的なの?

1.胸の土台となる大胸筋を鍛える腕立て伏せは、胸が垂れるのを防ぐのに良いとされています

胸を支える大胸筋が加齢になどにより衰えると、胸が重力に負けて垂れやすくなります。

大胸筋を鍛えて、胸の下垂を防ぐには腕立て伏せは効果的なので正しいやり方を覚えて実践してみましょう。

2.大胸筋の衰えは胸の下垂をもたらす一要因と考えられます

大胸筋は胸を支える土台となる大事な筋肉ですが、加齢や運動不足により衰えると、筋力が弱まって胸を支えきれず、垂れてしまいます。

さらに、胸の脂肪が引っ張られ、背中などへ流れやすくなります。

大胸筋を鍛えるには、腕立て伏せが効果的です。

3.腕立て伏せの正しいやり方を覚え、取り入れてみましょう

腕立て伏せは、大胸筋強化に良いとされるエクササイズです。

やり方も簡単ですが、筋力に自信のない方は無理しないで、膝をつくスタイルからスタートし、慣れてきたら膝を伸ばすなど負荷をかけて回数も増やしてみましょう。

4.腕立て伏せ以外にも、合掌ポーズが大胸筋強化に効果的だとされています

胸の前で両手を合わせてそれぞれ押し合う合掌のポーズも大胸筋を鍛えるのに効果的だと言われています。

さらにプロのハンドテクニックを駆使した育乳マッサージも、胸のボリュームアップや形崩れ防止に良いとされています。