トップバストとアンダーバストの測り方が重要になります


ブラを選ぶ際のサイズ表記は、カップサイズとアンダーバストで表示されています。

そこでカップサイズを間違えてしまうと、バストが安定しません。
正しいカップサイズを知るには、2ヵ所のサイズを正確に測りましょう。

大切なのは、測る位置です。
まずトップバストは胸の膨らみが1番高い部分になります。

次に胸の膨らみのすぐ下部分であるアンダーバストを、それぞれきちんと測りましょう。
トップバストとアンダーバストの差が、カップサイズになります。

サイズを測る2ヵ所のそれぞれポイントがあります

下着はボディラインを整えて、美しいスタイルを作り出すのに重要となってきます。

そこでバストサイズをしっかり把握して、自分にフィットしたブラをしましょう。

バストサイズを測るにはまず、カップサイズを知る必要があります。
そこではじめに測るのは、トップバストです。

ブラを着用したときのように、バストをしっかり持ち上げて測りましょう。

豊かなバストや少し下がりぎみのバストの人で持ち上げるのが難しい場合は、今持っているブラの中で1番着け心地のよいものを着けて測ることをおすすめします。
バストが持ち上げられた状態に近くなるでしょう。

次にアンダーバストです。
鏡に映し、横から見てメジャーが水平になるように注意して測りましょう。

トップバストとアンダーバストのそれぞれポイントをおさえれば、正確に測ることができます。

そしてその差がカップサイズになるのです。
ブラを選ぶ際、アンダーバストの表記は5cm単位ですが、自分のアンダーバストの前後約3cmは許容範囲になります。

これらを踏まえて、バストサイズを測って、ブラを選びましょう。

サイズを間違えるとブラが身体にフィットしないのです


サイズを間違えると、ブラが身体にフィットしない状態になるのです。
そのパターンがいくつかあります。

カップがバストから浮く

身体を左右にひねると、カップが胸から浮いてしまう状態です。
この場合、カップが大きいということになります。

バストのお肉がはみ出している

両腕を振ると、胸のお肉が脇からはみ出してしまう状態です。
これはバストをしっかり持ち上げてトップバストを測らなかったため、カップが小さくなってしまっています。

ブラがずれ上がる

両腕をバンザイすると、ズルッとブラがずれ上がってしまう状態です。
これはアンダーバストを正確に測れていなかったことになります。

少しアンダーが大きいと、こういうことになるので注意しましょう。

ストラップが落ちる

両肩をくるくる回すと、ストラップがストンと落ちてしまう状態です。
これは、ストラップを調整しましょう。

または姿勢が猫背になっている場合もあります。
背筋をしっかり伸ばしましょう。

バストが揺れてしまう

ジャンプすると、胸が大きく揺れてしまう状態です。
カップがバストにしっかりフィットしていないと、こうなります。
トップもアンダーも正確に測りましょう。

ブラの後ろが上がってしまう

前かがみになると、ブラの後ろ側が上がってしまう状態です。
アンダーが小さいとこういう状態になりやすくなります。

バストサイズを測り間違えると、ブラを着用したときに、いろんな状態が起こります。

どれも身体にフィットしないため、気持ちが悪く感じます。
快適に過ごすためにも、バストサイズを間違えないようにしましょう。

バストがサイズアップしたときは、測り直しましょう

季節や流行で変わる洋服と違って、ブラの替え時はわかりづらいものです。

バストサイズがアップしたら、替えることはわかりますが、バストサイズをそんな頻繁に測ることはありません。
そこで測り直すタイミングを知っておくとよいでしょう。

ブラを外すと楽になったり、身体に食い込んで段になったりしているときは、サイズアップするタイミングです。

また違和感がなくても、年に1度はサイズチェックのため、バストを測るようにしましょう。

1年以上測っていないと、加齢とともにバストは垂れるため、サイズダウンしている可能性もあります。

逆にバストアップのケアを行っている人は、2~3週間や1ヶ月に1回測ってもよいでしょう。

短期間でブラを何度も替えるのはちょっとと思っていても、悩んではいけません。

サイズに合わないものをしているのも、バストが垂れる、劣化する原因なのです。

現状のバストサイズを測り、身体にしっかりフィットしたブラを着けるようにしましょう。
そして少しでも違和感を覚えたら測り直しが必要です。

(まとめ)正しいバストサイズの測り方は?

1.トップバストとアンダーバストの測り方が重要になります

バストを正しく測るには、カップサイズを間違えないことです。

胸の膨らみが1番高いトップバストと、胸の膨らみすぐ下のアンダーバストとの差がカップサイズになります。
そのためトップバストとアンダーバストの2ヵ所を正しく測りましょう。

2.サイズを測る2ヵ所のそれぞれポイントがあります

バストサイズを測る際に大切なのが、カップサイズです。

そのとき重要なのが、トップバストはバストをしっかり持ち上げて、アンダーバストは横から見てメジャーが水平になるように注意して測ることです。

各ポイントをおさえ、誤差のないように測りましょう。

3.サイズを間違えるとブラが身体にフィットしないのです

バストサイズを間違えて、ブラが身体にフィットしないことがあります。

合わないブラをしていると、カップが浮いたり、胸がはみ出たり、胸が揺れたり、ブラがずれたりして気持ち悪く感じるでしょう。
快適に過ごすため、バストサイズは正確に測りましょう。

4.バストがサイズアップしたときは、測り直しましょう

ブラの替え時は洋服と違ってわかりづらいでしょう。
ブラを外すと楽になったり、身体に食い込んだりするなど少しでも違和感を覚えたらサイズを測り直しが必要です。

また違和感がなくても、年に1度はサイズチェックのため、バストを測るようにしましょう。