バストを女性の平均より大きくするならエストロゲンが必要です


女性のバストの平均値は一般的にB~Cカップと言われており、それより大きくしたい場合はエストロゲンの分泌を増やすことが大切です。

女性ホルモンであるエストロゲンは、乳腺を発達させるために必要となります。

乳腺が発達することでバストの脂肪も増えるため、大きくなること期待できるでしょう。

エストロゲンの分泌は日常の生活習慣から影響を受けますから、規則正しい生活をすることも重要とされています。

さらに、バストマッサージを行い、エストロゲンが届きやすいように血流を促すことも大切です。

エストロゲンで乳腺を発達させましょう

バストが小さいと感じている人は、まず日本人の平均値と比較をすることも大切です。

テレビなどで活躍するグラビアアイドルや外国人女性と比較をすると小さく感じるかもしれませんが、計測してみると平均値だったということもあります。

日本人の平均カップ数はB~Cというデータがあり、実際に下着売り場でもこのカップ数のブラジャーが多いとされています。

ただ、地域差でも平均値は異なると言われており、東日本ではB、西日本ではCが平均とされているのです。

平均を知った上でも、さらにバストを大きくしたいと考えるなら、女性ホルモンを意識すると良いでしょう。

二種類の女性ホルモンの内バストアップに良い影響を与えるのは、エストロゲンです。

なぜエストロゲンがバストを大きくするために必要なのかは、乳腺組織の発達が関係すると考えられています。

バストの脂肪には、乳腺組織を守るという役割もあります。

そのため、乳腺組織が発達すると、それを守るためにバストの脂肪も増えることが期待できるのです。

そして、この乳腺組織の発達には、エストロゲンが必要とされており、エストロゲンの分泌がバストアップにつながるとされているのです。

不規則な生活や食生活が女性ホルモンの分泌に悪影響となります


エストロゲンに限らず女性ホルモンの分泌を活性化させてバストを平均より大きくしたいのであれば、規則正しい生活を心がけてください。

不規則な生活だと、女性ホルモンの分泌や自律神経を調整している脳の視床下部に悪影響が出る可能性があるからです。

視床下部は一定のリズムで動いているためそれを乱す生活を送ると影響を受けてしまいます。

睡眠不足が続いていたり、毎日異なる時間に起きて寝るなど不規則な生活を続けていたりすることで、視床下部に影響が出て女性ホルモンの分泌がうまくいかない可能性が高くなります。

そのためバストアップのことを考えるなら、不規則な生活を改善する努力が必要になるでしょう。

ただ、女性ホルモンの乱れは不規則な生活だけではなく、過度の飲酒や暴飲暴食や、偏った栄養バランスなども悪影響を与える要因と考えられています。

さらに、視床下部はストレスに弱いという特徴があるため、仕事や人間関係や嫌な体験などによっても、女性ホルモンの分泌が乱れると考えられているのです。

血流の停滞なども卵巣や子宮に悪影響を与える要因となります。

バストアップをするため根本的な対策を行いたいなら、女性ホルモンの分泌に関連する複数の原因についての総合的な対策が必要でしょう。

血流が良くなるとエストロゲンが乳腺に届きやすくなります

規則正しい生活をしているのにバストが平均より大きくならないとお悩みなら、バストマッサージを行うのも一つの選択肢です。

もちろん規則正しい生活や栄養バランスの良い食生活を続けるのは必要ですが、同時にバストマッサージを行うことで、より良い効果が期待できます。

なぜならば、バストマッサージによって血流に良い影響を与えれば、エストロゲンが乳腺へ届きやすくなることが期待できるからです。

女性ホルモンの分泌が正常に行われていても、乳腺に届かなければ十分な効果が得られると言えないでしょう。

バストアップマッサージは自分でも行えるのですが、できればプロの育乳マッサージをおすすめします。

プロによるバストマッサージでは、血流やリンパの流れにアプローチできるだけではなく、不要な脂肪を除去することも期待できます。

また、バストアップだけではなく、形を整えたい人にもおすすめです。

バストの平均値を少しでも上げたいなら、選択肢の一つとして検討することも考えてみましょう。

(まとめ)バストを女性の平均より大きくする方法はあるの?

1.バストを女性の平均より大きくするならエストロゲンが必要です

バストを平均より大きくしたいなら、乳腺を発達させるため、女性ホルモンであるエストロゲンを増やすのが重要です。

そのためには、規則正しい生活を重視し、バストマッサージで血流を良くするのも対策になるでしょう。

2.エストロゲンで乳腺を発達させましょう

日本人女性のバストの平均値はB~Cですので、それより大きくするなら、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が必要です。

エストロゲンの影響で乳腺が発達すると、乳腺組織を守るために脂肪が増えてバストアップが期待できます。

3.不規則な生活や食生活が女性ホルモンの分泌に悪影響となります

女性ホルモンの分泌を意識するなら、規則正しい生活がポイントです。

不規則な生活を続けると、女性ホルモンの分泌低下にもつながると考えられています。

また栄養バランスが整った食生活にすることも大切です。

4.血流が良くなるとエストロゲンが乳腺に届きやすくなります

バストマッサージも対策の1つでしょう。

血流を良くすることで、バストアップに必要な栄養や女性ホルモンを十分に届かせることができます。

バストマッサージで血流にアプローチをし、エストロゲンを乳腺へ届きやすくしましょう。