断乳後に胸が垂れるのは妊娠中から蓄積されていたダメージがいっぺんに現れるからです


断乳後に胸が垂れるなどして変化するのは、妊娠中から蓄積されていた胸の組織へのダメージによるものだと言われています。

胸の組織はとてもデリケートです。
妊娠を機に急激に変化する胸のサイズや重量は、クーパー靱帯をはじめとする胸の組織にとってかなりの負担になることが考えられます。

さらに出産後の授乳や姿勢なども影響することで、胸はますます美しい形を維持しにくくなります。

このように妊娠初期から起こる目まぐるしい身体や環境の変化は、女性の胸の組織にとって相当な負担になるのです。

断乳後に胸が垂れるのは役割を終え乳腺が衰えるからと考えられます

まず断乳後の胸に現れる大きな変化として考えられることは、役割を終えた乳腺が衰退するのに伴い皮下脂肪が減少することではないでしょうか。

妊娠を機に急激に発達する乳腺と、乳腺を守るように蓄えられる皮下脂肪はクーパー靱帯や胸の皮膚表面にかなりのダメージを与える恐れがあると言われています。

たとえばクーパー靱帯は一旦ダメージを受けると元に戻ることができないといった性質を持ちます。

そのため妊娠中から断乳するまでの間に与え続けられたダメージは、クーパー靱帯が伸びる、または断裂するといった形で現れるのです。

また胸の皮膚表面も弾力性や柔軟性を失い、伸びきったようにたわんでしまう可能性もあります。

さらに産後の女性が置かれる環境も胸の組織にとって負担になることが多いという指摘があります。

たとえば授乳や子育て中にとりがちな前のめりの姿勢は、胸を支える胸筋を萎縮させる恐れがあります。

この凝り固まった胸筋が循環機能を低下させたり、骨盤に歪みを生じたせたりして胸は変形し、成長しにくくなるのです。

この他にも、偏りがちな食事・慣れない育児へのストレス・睡眠や運動不足など、妊娠中から断乳するまでの期間は、あらゆる意味において胸の組織への負担が強いられることが考えられます。

断乳後に胸が垂れるのは、胸にとってよくないことが重なることによって引き起こされると言えるでしょう。

急激に大きくなる胸を適切なブラジャーで支えてあげましょう


妊娠中から急激にサイズアップし、重量も大きくなる胸は、適切なブラジャーで支えてあげることが大切です。

断乳するまでの間は胸の変化が大きいため、通常身につけているブラジャーでは圧迫してしまう可能性があります。

そのためこの期間は目まぐるしい胸の変化に対応できるマタニティブラを身に付けることがおすすめです。

もっとも妊娠中の胸は通常よりも敏感な状態にありますので、マタニティブラにおいてもフィット感は大切です。

まずは身に付けていて圧迫感がないか、ワイヤーが食い込んでないかなどチェックしてみましょう。

少しでも違和感がある場合、着け心地がよいものにつけ替える必要があると言われています。

また頻繁に授乳する必要がある産後には授乳機能のついた産後ブラを身に付けた方が無難です。

大切なのは変化の大きいこの期間に、いかに胸の組織を守れるかという点です。

断乳後、垂れてしまった胸を元の状態に戻すのは簡単でありません。

妊娠が分かった時点から、適切なブラジャーで胸への負担を軽減して上げることで、断乳後に現れるダメージを少しでも少なくすることが大切なのです。

バストマッサージで垂れた胸に弾力性や柔軟性を与えましょう

断乳後、垂れたりして変形した胸には、マッサージで弾力性や柔軟性を与えて上げましょう。

バストマッサージは、乳腺を刺激することで胸の成長を促しながら、皮膚表面に弾力性や柔軟性を与える効果が期待できます。

そのため効果的にハリ感のある胸を育むことができる可能性があるでしょう。

さらにマッサージで背中や腕などに流れた皮下脂肪を胸に戻すといった方法で、垂れてしぼんだ胸を豊かにして上げられる見込みもあります。

その他にも、育児中に癖づいた姿勢を筋肉のこりをほぐしながら戻すことで、胸の成長を促せる可能性があります。

このようにマッサージはさまざまな方向性からアプローチすることで、効果的にハリ感のある豊かな胸へと導いていける可能性があるのです。

ただマッサージはやり方を間違えると、逆効果になる恐れも大きいと言われています。

マッサージを行う際は、プロの施術を受けるなどして適切な方法で行いましょう。

(まとめ)断乳後に胸が垂れる原因とそのメカニズムとは?

1.断乳後に胸が垂れるのは妊娠中から蓄積されていたダメージがいっぺんに現れるからです

断乳後に見られる胸が垂れるなどの変化は、妊娠中から強いられてきた胸の組織への負担が表面化したものだと考えられます。

またこのようなダメージに、産後の姿勢や生活習慣などがあいまって、胸はますます変形しやすくなると言われています。

2.断乳後に胸が垂れるのは役割を終え乳腺が衰えるからと考えられます

断乳後は、クーパー靱帯の損傷や胸の皮膚表面へのダメージから胸が垂れやすい状態にあります。

その上、育児中の姿勢や偏りがちな食事・ストレス・睡眠不足などが影響することで、胸が成長しにくい環境に導かれ、胸はますます変形しやすくなります。

3.急激に大きくなる胸を適切なブラジャーで支えてあげましょう

妊娠中から断乳するまでの期間はマタニティブラや産後ブラで胸への負担を軽減しながら、ダメージが蓄積されないようにサポートすることが大切です。

そのため身に付けていて圧迫感や食い込みなどを感じる場合、適切なブラジャーにつけ替える必要があります。

4.バストマッサージで垂れた胸に弾力性や柔軟性を与えましょう

マッサージには、断乳後に陥りがちな胸が成長しにくい環境を整えながら、ハリ感のある豊かな胸へと戻すことができる可能性があります。

ただマッサージはやり方を誤ると、ますます胸が垂れる場合があるため、適切な方法で行う必要があります。