バストにゆとりを作らないためにはブラジャーを使い分け、正しい着用方法で身に付けることが大切です


バストの部分にゆとりが出てくることがあります。
これは生理周期によってホルモンの状態が乱れ、バストの形が変わってしまうからと言われています。

つまり生理前にブラを購入してしまうと、生理後にはゆとりができてしまうのです。
またブラジャーの付け方によっては、ゆとりが出てくる場合があります。

ゆとりを作らせないためには生理周期によってブラを使い分け、ゆとりが出ないようなブラジャーを付けましょう。

バストサイズはホルモンバランスの影響で変わっていきます

バストの形は、いつも同じわけではありません。
生理周期によって大きくなることがあると言われています。

乳房は女性ホルモンの影響を受けやすい部位と考えられています。
生理前は女性ホルモンの分泌が増え、乳腺の隙間に水分を多く蓄えるようになるのです。

そのためバストがむくんだ状態になり、普段よりも大きくなるといった変化が現れます。

人によっては、20%程度増量するという報告もあり、生理前後で1カップも異なるという人もいるのです。

生理前に下着を買ってしまうと、生理後にはゆとりができてしまう可能性があります。

反対に生理前は、普段付けているサイズでは小さいと感じる場合もあるでしょう。
つまり生理周期によって下着を使い分けることが大切になってきます。

ブラのチェックリスト

使用しているブラが自分に合っているかチェックすることも重要です。
ブラを付けた際に確認するようにしてみてください。

・バストがはみ出ていないか

・ブラジャーが浮いていないか

・腕を振ったときに、お肉がはみ出さないか

・肩を回すと肩紐がずれないか

・ジャンプしてもバストが激しく揺れないか

・前屈してもアンダーの部分が上がってこないか

バストの装着の仕方でゆとりを解消できます


ブラジャーの付け方によっては、バストにゆとりができることがあります。
正しい付け方をするようにしてください。

前かがみで着用する

ワイヤーの位置をバージンラインの位置に合わせます。
身体を前かがみにして、ホックを留めてください。

もし背中でホックを留めるのが難しい場合は、最初に前でホックを留め後ろに回しても構いません。

ただ後ろに回した後にしっかりカップの中にバストを納めてください。

周りの脂肪も集める

ゆとりを作らせないためには、バスト周囲の脂肪を集めるようにしてください。
余計な脂肪を集めることで、背中もすっきりしてくるでしょう。

肩紐の長さを決める

身体を起こして肩紐の長さを決めます。
ゆるすぎると肩からズレ落ち、強すぎると肩こりの原因になるため注意しましょう。

指1本程度が入る程度の長さに合わせるように心がけるとよいです。

全体を整える

最後に横向きになり、ラインが真っすぐになっているかチェックしてください。

また背中の部分を軽く下に引き下げることで、バストが上向きになりやすくなります。

この流れでブラジャーを付けることで、ゆとりができにくくフィットしやすくなります。

窮屈感がある場合は、ブラジャーのサイズを見直してみましょう。

ゆとりを解消するためには、食事や睡眠の質を上げることも大切です

バストは年齢とともに老化してきます。
老化を防ぐためにも、食生活や睡眠など日頃の習慣を見直すことが大切です。

バストが若返ることで、ゆとりの解消やラインがきれいに整う効果が期待できます。

ゆとりを作らせないためにも以下のことを実践して、きれいに持ち上がったバストを目指しましょう。

日頃の習慣を見直す

まずは食生活を見直しましょう。
栄養バランスが整うことで、自然とバストの状態も改善しやすくなると言われています。

食の栄養価を考えることを心がけましょう。
また質のいい睡眠をしっかりとることで成長ホルモンの分泌が促されます。

成長ホルモンはバストの成長にも関係していると言われています。

専用のサロンでマッサージ

バストの血行を上げることでバストの状態を改善することが期待できます。

お気に入りのサロンを見つければ、癒やしやストレス解消にもつながる場合もあるでしょう。

(まとめ)バストを守るブラジャーのゆとりを作らないためには?

1.バストにゆとりを作らないためにはブラジャーを使い分け、正しい着用方法で身に付けることが大切です

バスト部分のゆとりはブラジャーのサイズが合っていないこと、着用方法が間違えていることなどが原因で起こると言われています。

生理周期によってブラジャーを使い分け、正しい着用方法で身に付けることが大切です。

2.バストサイズはホルモンバランスの影響で変わっていきます

バストのサイズはホルモンバランスの影響で大きく変わります。
生理周期によってブラジャーを使い分けることが大切です。

ブラが自分のバストに合っているか確認するようにしましょう。

3.バストの装着の仕方でゆとりを解消できます

ブラジャーの着用方法を間違えると、ゆとりができる原因になります。
正しくブラジャーを着用することで、体型の悩みや肩こりの改善が期待できます。

正しい着用方法で窮屈に感じる場合は、ブラジャーのサイズを見直すようにしましょう。

4.ゆとりを解消するためには、食事や睡眠の質を上げることも大切です

バストの老化は、年齢・食生活・睡眠など日頃の習慣を見直すことが大切です。

バストを若返らせることで、ゆとりの解消やバストアップ効果が期待できます。
生活習慣の見直しや育乳マッサージを行うようにしていくとよいです。