バストを支えるクーパー靱帯のゆるみの原因はバストの揺れです


クーパー靱帯とはバストを支えるための役割があります。
激しい運動やノーブラでの生活、間違ったマッサージなどでクーパー靱帯がゆるみ、損傷しやすくなると言われています。

またクーパー靱帯の主成分はコラーゲンであり、年齢やムリなダイエットなどによっても衰えやすくなるのです。

クーパー靱帯は一度ゆるむと元に戻ることができないと考えられています。

クーパー靱帯はバストを支える役割があります

クーパー靱帯とはコラーゲンでできている硬い結合組織です。
乳腺や脂肪などと繋っており、バストの組織全体を支える役割があります。

バストの9割が脂肪でできているため、バストは形が崩れやすいという特徴を持っています。

クーパー靱帯がワイヤーのようにつり上げることで、バストが垂れることなくきれいな状態を保つことができると言われているのです。

またクーパー靱帯は多少の伸縮性があります。
そのため少しの動きであれば、バストの動きにあわせて伸縮しバストを支えることが可能です。

しかしクーパー靱帯がゆるんでしまうと、バストを支えきれなくなります。
結果バストが老化したようになると考えられるのです。

他にも以下のような悪影響が起きる可能性があります。

・バストがたるむ

・バストのハリがなくなる

・バストが垂れる

・サイズダウンする

クーパー靱帯はゆるんでも損傷しても自覚症状はまったくありません。

そのためバストの状態に気がつかなければ、バストの老化はあっという間に進行してしまいます。

バストをしっかり固定することが大切になってきます


クーパー靱帯をゆるませないためには、日々ケアを行う必要があります。

大胸筋や小胸筋を鍛える

大胸筋や小胸筋を鍛えることで、クーパー靱帯の負担を減らす効果が期待できます。

とくに大胸筋はバストの土台になっており、バストアップするためには欠かせない筋肉です。

激しすぎる運動を避ける

ジョギングやダンスなど激しすぎる運動を行っていると、バストに強い衝撃を与えていると言われています。

そのためクーパー靱帯に負担をかかてしまい、ゆるみの原因になります。
激しい運動を行う場合は、スポーツブラを着用するようにしましょう。

運動に合わせたスポーツブラを着用することで、バストを固定することができ、クーパー靱帯の負担を最小限に抑えることができると言われています。

フィット感があり固定性のよいブラジャーを着用する

サイズ感が合っていないブラジャーの着用は、クーパー靱帯にとって負担がかかりやすい状態を招きます。

バストにしっかりとフィットしたブラジャーを着用することが大切です。
また固定性が高いタイプのブラジャーを着用することもクーパー靱帯を守ることに繋がります。

ナイトブラを使用する

クーパー靱帯を保護するためには、ノーブラの時間を少なくすることが大切です。

就寝時もバストは寝返りの度に揺れ、横に流れやすい状態になっています。
ナイトブラを着用することで、バストが横に流れることを予防することができると言われています。

クーパー靱帯は一度ゆるむと元に戻りません

クーパー靱帯は、一度ゆるむと元に戻らない特徴があると言われています。

そのためクーパー靱帯のゆるみに早く気付くため、日頃からバストの状態をチェックすることが大切です。

まず鏡の正面にノーブラの状態で立ってください。
次に鎖骨中心のくぼみとバストトップを結んだ三角形の形をチェックします。きれいな三角形であれば垂れていないと判断できます。

しかし三角形が縦に長い二等辺三角形であれば、バストが垂れている状態と考えられます。

バストが垂れてきていれば、クーパー靱帯がゆるんでいる可能性もあるため、早めにケアを行うように心がけてください。

少しでもバストに不安がある人は専門のサロンを利用してみてはいかがでしょうか。

バスト専門のサロンであれば、プロの技術によってバストのハリを上げるだけでなくバストアップ効果も期待できます。

さらに悩みを相談することもでき、日頃のバストケアの方法などアドバイスを受けられるところもあります。

(まとめ)バストを支える靱帯にゆるみが起こる原因とは?

1.バストを支えるクーパー靱帯のゆるみの原因はバストの揺れです

クーパー靱帯とはバストを支える役割があります。
バストの揺れによってクーパー靱帯はゆるみ、損傷しやすくなると言われています。

クーパー靱帯が一度ゆるむと元に戻ることができないと考えられているのです。

2.クーパー靱帯はバストを支える役割があります

クーパー靱帯はコラーゲンでできており、バスト組織全体を支える役割があります。

バストの9割が脂肪でできているため、形が崩れやすいという特徴があるのです。
クーパー靱帯がつり上げることで、バストはきれいな状態を保っています。

3.バストをしっかり固定することが大切になってきます

クーパー靱帯をゆるませないためには、ケアを行う必要があります。
大胸筋などしっかり鍛えるエクササイズを行い、クーパー靱帯の負担を軽減しましょう。

目的に合ったブラジャーを使用し、バストを固定するように心がけてみてください。

4.クーパー靱帯は一度ゆるむと元に戻りません

クーパー靱帯は、一度ゆるむと元に戻らないと言われています。
日頃からバストの状態をチェックするようにしてください。

バストが垂れてきている場合は、早めにケアを行うように心がけましょう。