コーヒーは飲みすぎるとバストアップを妨げますが、適度であればバストアップ効果があると言われています


カフェインはバストアップの邪魔をすると言われています。
これはカフェインの覚醒作用により、十分な睡眠が得られないことが理由の1つとしてあげられるでしょう。

質のよい睡眠ができなければ、バストを発達させる女性ホルモンの分泌が安定しなくなる可能性があります。

しかし適度な摂取量であればエストロゲンを増加させると考えられているなど、逆にバストアップに役立つとも言われています。
1日3杯程度を目安に飲むとよいです。

カフェインはバストアップの邪魔してしまう可能性があります

バストを大きくしたいなら、コーヒーには注意した方がよいという指摘があります。

理由はコーヒーに含まれるカフェインが原因と考えられています。
1日あたり3.杯以上のコーヒーを飲む人は、バストの縮小するリスクが高まるという研究結果が報告されているのです。

カフェインが身体に与えるさまざまな影響が、その原因と考えられます。

覚醒作用

バストを大きくするには成長ホルモンが関係すると言われているのです。
成長ホルモンは睡眠時に分泌されます。

カフェインには、覚醒作用があるため、十分眠れなければバストの発達に影響が出る可能性もゼロではないでしょう。

血管を収縮させる作用

カフェインには血管を収縮させる効果があると言われています。
バストを発達させるには、女性ホルモンや栄養分がかかせません。

しかし血行が悪くなれば、バストの発達に必要な栄養分などがスムーズに運ばれないという可能性が高まることが考えられるのです。

リパーゼを活性化させる作用

リパーゼとは脂肪分解酵素のことです。
カフェインにはこのリパーゼを活性化させる作用があると言われています。

ダイエットにはよいかもしれませんが、結果としてバストサイズが小さくなるのも問題でしょう。

交感神経を優位にする作用

交感神経とは、自律神経のうち緊張やストレスを感じた時に働く神経です。

活動的になると自律神経が乱れ、その結果女性ホルモンの分泌も乱れてしまう可能性があります。

適度なカフェイン摂取であればバストによいという話もあります


カフェインは、バストに悪い影響を与えますが、逆によいという話もあります。

カフェインは女性ホルモンのエストロゲンを増加させると言われています。

女性ホルモンのエストロゲンは、体つきを女性らしくするために必要なホルモンです。

バストの発達を考える上では、この女性ホルモンのエストロゲンの活性化が鍵と考えられています。

またコーヒーには、抗酸化作用が期待できるポリフェノールが含まれていると言われています。

コーヒーに含まれるポリフェノールは、コーヒーポリフェノールと呼ばれています。

ポリフェノールにより、ストレス解消や細胞や血液の老化を防ぐ効果がある期待されているのです。
これらの作用も女性ホルモンの分泌によい影響を与えると考えられます。

つまりコーヒーは飲みすぎなければ、バストアップの役に立つと言えるのです。
目安としては1日3杯程度がよいでしょう。

コーヒーの味が好きなのでしたら、カフェイン量が少ないコーヒーを飲むのも1つの方法です。

他にも、ブラックコーヒーではなく、ミルクを入れてカフェオレにするのもよいでしょう。

こうすればコーヒー単体よりカフェインの摂取量を減らすことが期待できます。

コーヒーだけではなく他の原因にも注意しましょう

バストを小さくしないために、ただコーヒーを飲むことにさえ注意すればよいというものでもありません。

他にもバストを小さくしたり、垂れさせてしまったりする要因は存在します

姿勢が悪い

猫背など姿勢が悪いと血流の悪化に繋がり、バストアップに必要な栄養分がバストへ届きづらくなることも考えられます。

そのためいつも正しい姿勢を意識することが大事です。

喫煙習慣

タバコを吸うのが好きだという人も注意しましょう。
タバコにはニコチンが含まれています。

ニコチンは、女性ホルモンの分泌を抑えると言われているからです。
さらに血管が収縮するとも言われているので控える、もしくは禁煙することを考えましょう。

この2つに共通するのが血流です。
血流をスムーズにするためには運動などが対策に繋がります。

しかし運動は苦手で続かないという人もいるでしょう。
そういった方には専門サロンでバストアップマッサージを受けることをおすすめします。

バストマッサージは血流だけではなく、リンパの流れにもアプローチしてよい方向へ改善すると言われています。

またマッサージでこりがほぐされるので、ストレス解消にもつながるでしょう。

(まとめ)バストアップにコーヒーが悪いって本当?

1.コーヒーは飲みすぎるとバストアップを妨げますが、適度であればバストアップ効果があると言われています

コーヒーのカフェインにより、女性ホルモンの分泌が阻害される可能性があります。

しかし逆に1日3杯程度と適度な摂取量であれば、バストアップに効果があると言われているのです。

2.カフェインはバストアップの邪魔をしてしまう可能性があります

コーヒーにはカフェインが含まれています。

このカフェインの覚醒作用や、血管収縮作用があると言われているのです。
その結果起きる女性ホルモンや成長ホルモンがバストアップを阻害してしまうと考えられます。

3.適度なカフェイン摂取であればバストによいという話もあります

カフェインはバストアップによいという話もあります。
エストロゲンの増加や、ポリフェノールの抗酸化作用といった効果がバストアップに役立つと考えられているのです。

ただ大量に摂取することが問題と言われています。

4.コーヒーだけではなく他の原因にも注意しましょう

コーヒーの飲みすぎ以外にもバストを小さくする原因があります。
姿勢が悪いことやタバコを吸うといったことが挙げられるでしょう。

コーヒー以外にその他の原因についても対策をしましょう。