バストを支えるクーパー靭帯がコラーゲンで作られているからです


バストを支える組織の1つにクーパー靭帯があります。
このクーパー靭帯は、コラーゲン繊維の束であり、コラーゲンで作られています。

クーパー靭帯が伸びたり切れたりすると、バストの下垂が生じてしまうため日々補っていく必要があるのです。

またコラーゲンはバストのハリを保つために有効な成分と言われています。
このようなことから、美しいバストを作るにはコラーゲンが大切と考えられるのです。

バストを支えるクーパー靭帯はコラーゲンで作られています

バストアップを考えるなら、コラーゲンが重要と言われています。
どうしてコラーゲンがよいのかと言えば、クーパー靭帯が理由です。

クーパー靭帯とは、バストにある乳腺と、土台となる大胸筋のような筋肉などをつなげている組織です。

このクーパー靭帯はコラーゲン繊維の束ですが、強靭なものでもありません。一度伸びたり、切れたりするとクーパー靭帯は戻らないとさえ言われています。だからこそ伸びたり切れたりしないように、対策の1つとしてクーパー靭帯を守ることが大事になります。

そのクーパー靭帯の強化のために、コラーゲンを摂取することが対策として期待できるのです。

コラーゲンは肌にハリを保つサポートを行う美容成分としても、一般的に知られています。

クーパー靭帯を強くする以外にも、ハリを保つという部分でもこのコラーゲンは助けになるでしょう。
したがって美しいバストを保つためにも、コラーゲンは重要と言えるのです。

コラーゲンは減少するので日常的に摂取しましょう


コラーゲンは年齢とともに体内から減少していくと言われています。

減少していく年齢は20歳からと言われているので、今からでも対策をしていきましょう。

また年齢が高くなることで、コラーゲンの質も下がると言われています。
コラーゲンの減少からクーパー靭帯が弱くなり、バストが垂れることがないように積極的に摂取をしていくとよいでしょう。

コラーゲンが多く含まれていると言われているのがゼラチンです。

フカヒレやすっぽんなどにはコラーゲンが多く含まれていると言われています。
他にも、牛すじや・鮭の皮・あんこうなどにも豊富です。

ビタミンCが含まれた食品と一緒に摂取するのもよいでしょう。
コラーゲンは食べた時と同じくそのままコラーゲンとして、体の必要な部位へ届かないと考えられています。

コラーゲンは一度消化吸収された後に、構成されるからです。
ビタミンCはコラーゲンを元に戻す時に使われるので、一緒に摂取することを心がけましょう。

ビタミンCは柑橘類・野菜・イモなどに多く含まれています。
また熱に弱い栄養分ですから、生で食べられるならそのまま食べてもよいでしょう。

スムーズな血流も重要なのでバストマッサージも行うとよいです

コラーゲンが含まれた食べ物を食べる時、アミノ酸なども一緒に摂取するとよいと言われています。

なぜならコラーゲンを作っているのがアミノ酸と考えられているからです。

そのためアミノ酸と一緒にコラーゲンが含まれた食品を取り入れることをおすすめします。

ただ食べ物だけでコラーゲンやアミノ酸を摂取するのも限界があります。
そんな時は、アミノ酸サプリメントやコラーゲンサプリメントを利用するのもよいでしょう。

これなら、好き嫌いも関係なく手軽に摂取することが期待できます。

ただどんなにクーパー靭帯によい栄養分などを摂取しても、血液がスムーズでなければバストへ十分に運ばれない可能性があります。

クーパー靭帯はもちろん、バストの発達には栄養を届けるための血液が必要不可欠です。

スムーズな血流にするための方法として、バストマッサージが挙げられます。バストマッサージは血流だけではなく、リンパの流れを良くし、さらにバストの形を整える助けになるとも言われているのです。

とくにバストマッサージや育乳マッサージの専門サロンもありますから、プロの施術を受けることを検討してみてもよいでしょう。

(まとめ)美しいバストにはコラーゲンが大事なのはなぜ?

1.バストを支えるクーパー靭帯がコラーゲンで作られているからです

バストを支えているクーパー靭帯はコラーゲンで作られています。
クーパー靭帯の損傷は、バストの下垂などのトラブルにつながるのです。

そのためクーパー靭帯は強固でなければなりません。
コラーゲンはクーパー靭帯の強化の助けになるのです。

2.バストを支えるクーパー靭帯はコラーゲンで作られています

バストを支える組織の1つにクーパー靭帯があり、コラーゲンで作られています。

クーパー靭帯は伸びたり切れたりすると、バストの下垂につながるとも言われているのです。
コラーゲンを摂取することで、クーパー靭帯を守ることが期待できます。

3.コラーゲンは減少するので日常的に摂取しましょう

コラーゲンは20代からでも減少すると言われています。
そのため食べ物などから、コラーゲンを摂取することは、対策の1つになるのです。

たとえば牛すじや、あんこう・フカヒレ・すっぽんなどに豊富に含まれています。

4.スムーズな血流も重要なのでバストマッサージも行うとよいです

コラーゲンが含まれた食べ物などを食べても、血流が良くなければバストに十分な栄養分が運ばれない可能性もあります。

バストマッサージなら、血流やリンパの流れを改善するなどの効果が期待できると言われているのです。