バストのゴールデンタイムとは成長ホルモンや女性ホルモンが多く分泌される時間と言われています


バストアップのためには睡眠も重要です。
睡眠時にバストを大きくさせる女性ホルモンや成長ホルモンが分泌されると考えられているからです。

バストアップのためのゴールデンタイムとは、午後10時から午前2時と言われています。

この時間に眠っていないと十分に女性ホルモンや成長ホルモンが分泌されないとも考えられているのです。

ただ睡眠の質が良ければ、こだわらなくてもよいという話もあります。

眠りのゴールデンタイムに成長ホルモンなどが分泌されると言われています

バストアップのためには睡眠を意識しましょう。
その時、眠りのゴールデンタイムも意識することが大切と考えられています。

眠りのゴールデンタイムとは、午後10時から午前2時と言われています。
この時間帯は、成長ホルモンが活発に分泌される時間と考えられているのです。

ゴールデンタイムには細胞が修復されたり、体内に栄養の供給が行われたりするとされています。

体の成長についても、成長ホルモンの分泌がポイントと言われているのです。

ただ成長ホルモンだけではなく、女性ホルモンもゴールデンタイムに分泌されると言われています。

バストを発達させるには、成長ホルモンと同じく女性ホルモンも必要と言われています。

そのためバストアップを考えるなら、成長ホルモンと女性ホルモンが多く分泌させるゴールデンタイムに寝た方がよいという話があるのです。

また睡眠不足では、十分に成長ホルモンや女性ホルモンが分泌されないという指摘もあります。

女性ホルモンの分泌が盛んな時にしっかりと眠ることで、バストアップが期待できるのです。

質のよい眠りをとれるように意識するとよいです


ゴールデンタイムに眠りさえすれば、必ずバストアップにつながるわけでもありません。

大切なのは、ゴールデンタイムで質のよい眠りの状態を作ることです。
せっかく眠ったとしても、浅い眠りでは質のよい睡眠とは言えないでしょう。

ゴールデンタイムに、女性ホルモンや成長ホルモンを十分に分泌させるためには質のよい睡眠が求められるのです。

ではどのような対策をすればよいのでしょうか。

眠る前に明るい画面を見ない

眠る寸前まで、スマートフォンやタブレット・パソコンなどは見ないようにしましょう。

画面から発される光によって昼間だと脳が勘違いし、リラックスできなくなると言われているからです。

就寝前の食事

食事についても、睡眠3時間前には済ませておくようにしましょう。

眠りに入っても胃に食物があれば、消化にエネルギーを使うことになり、寝付きの悪さにつながると言われているからです。

カフェインを含む飲み物を飲まない

カフェインが含まれたコーヒーなどの飲み物は覚醒を促すため、寝付きを悪くする恐れがあります。

この他にも入眠しやすくするためにアロマテラピーなどを利用するのもよいでしょう。

基本的に質のよい睡眠のためにはリラックスが鍵です。
睡眠直前にリラックス状態を作ることを意識すれば、よい寝付きが期待でき、そこから女性ホルモンや成長ホルモンの分泌促進につながるでしょう。

睡眠を意識する以外にもバストアップにとってよい方法があります

ゴールデンタイムになかなか眠れないという人もいるでしょう。

またゴールデンタイムとは別の考え方として、レム睡眠が重要という指摘もあります。

深い眠りにつくのは、眠りに入ってからの90分と言われています。
この眠り始めの90分に多く成長ホルモンが分泌されるという話もあるのです。

ただゴールデンタイムも最初の90分が大切という話も、共通するのは深い睡眠ができるかがポイントです。

そのため深い眠りを常日頃から意識することが大切と言えます。

眠る前に体を温めることも大切です。
体を温めることで、スムーズな血流が期待できるからです。

血流がよいタイミングで、バストマッサージをするのもバストアップに役立ちます。

バストマッサージで血流にアプローチすることにより、バストを発達させる女性ホルモンや成長ホルモン・栄養などが、バストに運ばれやすくなると言われています。

マッサージをすることでストレス解消にもつながるでしょう。
それを継続することで、豊かで美しいバストを育むことが期待できます。

(まとめ)バストアップのためのゴールデンタイムって何?

1.バストのゴールデンタイムとは成長ホルモンや女性ホルモンが多く分泌される時間と言われています

バストアップのためには女性ホルモンや成長ホルモンの分泌が必要です。
これらのホルモンは睡眠時に多く分泌されると言われています。

その多く分泌される時間が、ゴールデンタイムと呼ばれる時間帯と考えられています。

2.眠りのゴールデンタイムに成長ホルモンなどが分泌されると言われています

バストアップのためにはゴールデンタイムに眠っておくことが大事という話があります。

ゴールデンタイムに成長ホルモンや女性ホルモンが多く分泌されるからです。
眠っていなければ、分泌が不十分になるので、バストの発達につながらないと考えられています。

3.質のよい眠りをとることを意識するとよいです

ゴールデンタイムに眠ったとしても、眠りの質が悪ければあまり意味がないでしょう。

睡眠前に脳が覚醒するようなことをしては質のよい眠りにはならない可能性が高いです。
就寝する時はリラックスしている状態が理想的と言えるでしょう。

4.睡眠を意識する以外にもバストアップにとってよい方法があります

眠りのゴールデンタイムとは別に、眠ってから90分が重要という話があります。

他にも、体を温めるためにバスト周りのマッサージをすることもおすすめです。
血の巡りが良くなり、必要な栄養分が運ばれやすくなるでしょう。