バストにシミができるのは紫外線やニキビやダメージが原因として考えられます


バストにシミができる原因は複数あります。
よくあるのは紫外線によってメラニンが形成されて色素沈着をすることが挙げられるでしょう。

ただ、色素沈着だけが原因ではなく、他にも適切なニキビケアをしなかったことや、肌を爪で引っ搔くのもシミにつながると考えられています。

紫外線への注意やニキビケア、新陳代謝が乱れないように規則正しい生活をすることが大事です。

メラニンやニキビをつぶすことがシミにつながります

バストにシミができる場合があります。
この原因は複数ありますが、その1つに色素沈着が考えられます。

色素沈着のメカニズムですが、紫外線などの刺激誘因物質が関係していると言われているのです。

紫外線によってチロシナーゼと呼ばれる酵素が活発になります。
そうすると表皮の一番下の基底層というところにあるメラノサイトの中に、メラニンという色素が生まれるのです。

そのメラニンが表皮細胞にあるケラチノサイトに渡ると、紫外線から細胞核を守るのです。

通常、皮膚の細胞は新陳代謝によって剥がれます。
しかし新陳代謝が乱れていると、メラニンが剥がれない状態になります。

そのまま停滞することで色素沈着が起き、シミになると言われているのです。

シミ以外にも、ニキビなどが原因になると言われています。
つぶすなど間違ったニキビケアをすることで、ニキビ跡が残る場合があるのです。

他にも体を洗う時に激しく擦ったり、かゆいからと肌をかいたりしてもシミにつながるので注意しましょう。

基本的にメラニンは肌を守るために生まれます。
しかし擦る、かくということも刺激となるためシミにつながると考えられているのです。

紫外線対策やニキビができないよう日頃から気をつけましょう


バストにシミを作らないためにも、まずは紫外線対策を考えましょう。
とくに胸元や首筋は、バストではありませんが、皮膚が薄い部分です。

そのようなところもしっかり紫外線対策をするとよいでしょう。
季節に関係なく日焼けをすることがあります。

そのためこまめに日焼け止めなどをして対策をしていきましょう。
他にもニキビができるような肌にならないよう、清潔さを意識することも大切です。

ニキビができたとしても、つぶさず、薬などで治療することを心がけましょう。

さらに新陳代謝が乱れることでシミができやすくなることも無視できません。
新陳代謝が乱れる原因の1つに不規則な生活が考えられます。

睡眠不足など不規則な生活を続けることで、徐々に新陳代謝が乱れるので注意が必要です。

不規則な生活は、バストのシミだけではなく、女性ホルモンの分泌にも影響を与えると言われているのです。

女性ホルモンの分泌が乱れることで、バストの発育に悪影響が出る場合もあります。

美しいバストを保ち、バストアップをするためにも、シミが作られないような環境を維持しましょう。

シミは放置すると悪化する恐れがあります

シミぐらいは大丈夫と言っても油断してはいけません。
ミを長く放置することで、脂漏性角化症というイボに発展するというケースもあるからです。

そのため早めのケアをおすすめします。
たとえば日光黒子など、紫外線を浴びたことが原因と言われるものは、ビタミンCや美白クリームや美白美容液などで改善することが期待できます。

ただしメラニン対策となるからと言って、自分の肌に合わないものを使用することは避けてください。

清潔にしなければならないと考えて、入浴時、あまり肌をこするようなことも止めておきましょう。

とくにバストマッサージなど適切な方法を行わず、専用のクリームを使わないままだと、肌にダメージを与える可能性も否定できません。

たとえば爪でダメージを与えてしまいニキビへ発展して、結果シミになるのは避けたいものです。
もしバストマッサージを行うなら、プロに任せるのも選択肢の1つです。

バストマッサージ専門サロンの施術は、肌に優しいクリームなどを使用するため安心でしょう。
バストの形を整える効果も期待できるので、検討してはいかがでしょうか。

(まとめ)バストにシミができる原因とは?

1.バストにシミができるのは紫外線やニキビやダメージが原因として考えられます

バストにシミができる原因として、紫外線によるメラニンが生まれて色素沈着することや、ニキビケアの失敗、肌へのダメージがあります。

また不規則な生活で新陳代謝が乱れることもシミにつながるので注意しましょう。

2.メラニンやニキビをつぶすことがシミにつながります

バストにシミができる原因の1つに紫外線による色素沈着があります。
他にもニキビを適切にケアしなかったことも、シミにつながるのです。

搔きむしること、擦りすぎることも、シミの原因の1つです。

3.紫外線対策やニキビができないよう日頃から気をつけましょう

バストにシミができないよう紫外線対策を心がけましょう。
他にも適切なニキビケアを徹底することが大切です。

新陳代謝が乱れることもシミができる原因の1つなので、規則正しい生活を心がけましょう。

4.シミは放置すると悪化する恐れがあります

シミを放置すると、将来的にイボへ発展する場合もあるので気をつけましょう。

バストマッサージ専門店のバストアップクリームも、対策となる成分が含まれているものが多いのでよいと言えるでしょう。