老化によるバストの劣化を防止するならブラジャーやマッサージで対策が期待できます


体が老化すればバストの脂肪への影響も大きく、形がすぐに変わると言われています。
年齢が高くなるとコラーゲンも減るため、バストを支えるクーパー繊維も弱くなることも考えられます。

またホルモンバランスの乱れによる影響も無視できません。
対策は複数あり自分の現状に合ったブラジャーを着けることや、古くなったブラジャーは使わないこと、眠る時にはナイトブラを使用することなどが重要です。

他にも専門店でバストマッサージを行うことで、リンパや血流によい影響を与え、老化によるバストの劣化を防止することにつながるでしょう。

老化で脂肪が増えてクーパー靭帯が弱くなるのでバストが劣化します

老化をすればバストも衰えます。
バストは脂肪と乳腺とコラーゲン繊維の束であるクーパー靭帯で作られていますが、比率として一番多いのは脂肪です。

脂肪は柔らかいので老化の影響も大きく受けるため、形がすぐに変わると考えられています。
またクーパー靭帯は、乳腺や皮膚、筋肉とつながっていますが、そこまで頑丈な組織ではないため、乳房が激しく揺れたりするだけでも伸びると言われているのです。

クーパー靭帯はバストを支えているので形を保つために重要な組織なのですが、伸びたり切れたりしてしまえば、バストが垂れることにつながります。
ほかにも年齢を重ねて老化をすると、ホルモンバランスの影響や、クーパー靭帯を構成しているコラーゲン量も低下して張りもなくなり脂肪が増えるのです。

結果、増えた脂肪によって柔らかくなったバストは下がりやすいと言われています。
衰え方は個人差を考えなければなりませんが、一般的には、バストの上部でボリュームが衰えてきて、乳首の位置も下へ落ちます。

そしてバスト全体は外側へ行き、乳首も外へ向くという形になるのです。
年齢を重ねると、顔にしわやたるみが増えたりしますがバストもその影響を大きく受けると考えておきましょう。

ブラジャーでクーパー靭帯への負担を軽くしましょう


老化によってバストの形やカップ数が小さくなり、位置も下がるのはしかたないことと言えるでしょう。
しかしきちんと対策を行えば、年齢を重ねてもバストの衰えを遅らせることはできると言われています。

まずバストは形が変わりやすい部位だからこそ守ってあげなければなりません。
そのためには自分のバストに合ったブラジャーを着けることが大事になって来ます。

クーパー靭帯はデリケートですから、重力だけでも影響を受け、合っていないブラジャーの場合ですと十分に支えることがむずかしくなります。
サイズが合っていなければバストを圧迫するだけではなく、血流にも悪いと言えるでしょう。

できるだけバストへの負担を軽減するためにも、自分の形やサイズに合わせたブラジャーを着用することが重要です。
また古くなって来たブラジャーも良いと言えません。

ワイヤーの形が一目で変形していると分かる、ストラップが肩から何度もずれるようなことがあれば劣化の可能性が高く、買い替えを検討してもよいでしょう。
またカップがへこんでいる、バストにぴったりついていない気がするなど違和感があれば、ブラジャーの劣化を考えた方がよいです。

ナイトブラも利用しバストマッサージでケアをしましょう

眠る時にブラジャーを外しているのも止めた方が良いでしょう。
眠る時は楽にしたいと感じるかもしれませんが、横向きやうつむきですとバストを圧迫し、大きな負担をかけて形を変えてしまう原因の一つになるからです。

また仰向けになれば今度は横に流れることで、2つのバストが離れることにつながります。
そんな場合には、横に流れるのを防いだり、バストを過度に圧迫させたりしないためのナイトブラを使用するとよいでしょう。

またプロの手によりバストマッサージなどもおすすめです。
バストマッサージは自分でもできますが、手が届かない背中などのマッサージは非常に難しいです。

やりづらいと感じたならプロの手を借りた方がよいでしょう。
プロの手によるマッサージはリンパや血流の流れに対してアプローチでき、老化によるバストの下垂に対し予防が期待できます。

年を取ったからバストの形が変わる、小さくなるのはしかたないとあきらめる必要はありません。
何歳になっても、バストのケアをしっかりと行えば美しい形を保つことも期待できるのです。

(まとめ)老化でバストが劣化するのを防止策はないの?

1.老化によるバストの劣化を防止するならブラジャーやマッサージで対策が期待できます

老化により脂肪も増えバストの形も変わりやすくなります。

クーパー靭帯や女性ホルモンの影響もありますが、対策としては形がくずれないよう自分に合ったブラジャーをつけるなどがあるでしょう。
またバストマッサージで血流などを良くするのも良いです。

2.老化で脂肪が増えてクーパー靭帯が弱くなるのでバストが劣化します

バストには多くの脂肪もありますが、老化の影響で形が変わりやすくなります。

バストを支えるクーパー靭帯も弱くなり、ホルモンバランスの影響なども受けて、バストが下がるなど形を保てなくなるのです。

3.ブラジャーでクーパー靭帯への負担を軽くしましょう

バストの状態を保つためには負担をかけないよう、サイズや形など自分に合ったブラジャーをつけることが感じです。

また古いブラジャーだとバストへの負担を軽減できないために注意しましょう。

4.ナイトブラも利用しバストマッサージでケアをしましょう

眠る時にナイトブラをつけたり、血流やリンパの流れを促すためにバストマッサージを行ったりするのもよいでしょう。

とくに専門店のプロにマッサージを行ってもらえれば、自分でやるより劣化防止に期待できるのです。