バストアップにプエラリアは効果的ですが、リスクもあると言われています


プエラリアがバストアップによいとされるのが、含まれているイソフラボン誘導体が豊富だからです。

ただし女性ホルモンの分泌が過剰になるリスクもあると言われているため、注意は必要と言えるでしょう。

プエラリア以外にも女性ホルモンを活発化させる対策はあります。
リスクが心配なら、プエラリア以外の対策も検討する価値はあるでしょう。

また同じ食べ物として女性ホルモンのサポートができるものに、大豆イソフラボンなどもあります。

バストによいとされるプエラリアもリスクがあります

プエラリアがバストによいという話もありますが、リスクについては無視できません。

プエラリアはマメ科の植物で、イソフラボン誘導体が多く含まれていると考えられています。

なぜプエラリアがよいと呼ばれているのか、その理由は女性ホルモンが関係しています。

バストアップのためには、女性ホルモンによる乳腺の発達が必要です。
発達した乳腺の周辺には、脂肪が集まってくるため、その結果バストが大きくなると考えられているのです。

この女性ホルモンの分泌を活性化させるために、プエラリアは効果が期待できると言われています。

ただしプエラリアの副作用についての報告が消費者センターに集まっているという話もあります。

たとえば消化器・月経不順・皮膚障害や、バストのトラブルが報告されており、女性ホルモンが過剰になることが健康被害リスクにつながると言われているのです。

プエラリアの場合は、1000~10,000倍もの女性ホルモン、エストロゲン活性を持っていると言われています。

そのため分泌が過剰になりすぎてしまった結果、ホルモンバランスの乱れにつながってしまう場合もあると言われているのです。

たしかに女性ホルモンの分泌はバストアップに重要と言えます。
ですがプエラリアによりエストロゲンが過剰な状態になると、トラブルにつながることもあるため注意が必要でしょう。

プエラリア以外にもバストアップ対策はあります


バストアップ対策を考えるなら、プエラリア以外にも、さまざまな方法があります。

健康的にバストアップを考えるのでしたら、プエラリア以外の対策を選択してもよいでしょう。

たとえばまずは不規則な生活に注意して生活することから始めてみるのもおすすめです。

女性ホルモンの分泌は、少しのことで乱れるほどデリケートと言われています。

たとえば女性ホルモンエストロゲンは、脳から指令が出ることで、卵巣で作られます。

それが血液に乗りバストへ届き、乳腺が発達し、大きくなるというメカニズムが働くのです。

睡眠不足や偏った食生活などをしているだけでも女性ホルモンの乱れにつながります。

その結果として血流にも悪い影響を与えてしまい、育乳にはつながらなくなってしまうのです。

バストアップを考えるのでしたら、女性ホルモン対策以外にもいくつか方法はあります。

たとえば土台である大胸筋を鍛えること、同じくバストを支えるクーパー靭帯に負担がかからないよう、自分に合った適切なサイズのブラジャーを着用することをおすすめします。

プエラリア以外にも、バストアップによい対策は多くありますので、健康ということを考えるなら、選択しても損はないでしょう。

栄養バランスの取れた食事をしましょう

プエラリア以外のバストに効果的な栄養分としては、大豆イソフラボンが挙げられます。

大豆イソフラボンは、大豆製品などに含まれており、女性ホルモンと似た働きを持つと呼ばれています。

ただし大豆イソフラボンだけ過剰に摂取すれば、栄養バランスが乱れることにつながることも考えられるでしょう。

過剰摂取はどのような食材であっても、それ相応にリスクがあります。

食べ物から、バストによい成分を摂取するのでしたら、栄養バランスが整った食事を心がけることが大前提なのです。

また栄養分を摂取しても、スムーズな血流でなければバストへ十分に届かない可能性もあります。

そのことを考えると、バストマッサージなどを行いスムーズな血流を維持するのも対策につながります。

またプロの施術によるバストマッサージは、血流だけではなく、バストの形を整えることも期待できるのです。

バストマッサージの専門店などもありますから、活用してみてはいかがでしょうか。

(まとめ)バストにプエラリアがよいというのは本当?

1.バストアップにプエラリアは効果的ですが、リスクもあると言われています

プエラリアはバストアップ対策が期待できるのですが、リスクもあります。具体的には女性ホルモンの乱れにつながる可能性があることです。

女性ホルモンを活発化させる対策は他にもあるので、それも含めて自分に合った対策をしましょう。

2.バストによいとされるプエラリアもリスクがあります

バストによいと言われているプエラリアにも、リスクがあるので注意しましょう。

たとえば女性ホルモンの分泌異常につながるという話もあるのです。
プエラリア以外にも、バストアップにはさまざまな対策があるので、検討しても損はないでしょう。

3.プエラリア以外にもバストアップ対策はあります

バストアップに必要な女性ホルモンの活性化なら、規則正しい生活を心がけることが大切です。

また大胸筋を鍛えることで、バストの形が安定するとも言われています。
このようにプエラリア以外でも、バストアップ対策はあるのです。

4.栄養バランスの取れた食事をしましょう

大豆イソフラボンやフルーツや野菜など、プエラリアよりも比較的緩やかな効果が期待できる食べ物もあります。

またバストによい栄養分も血流がスムーズでなければ効果は期待できません。

バストマッサージなどで、血流にアプローチするのもおすすめです。