プラセンタはバストアップに効果的ですが、注意点もあります


プラセンタ注射などによるプチ整形で、バストアップはできますが、リスクもあるとされています。

たとえば個人によってはホルモンバランスに異常が出る可能性もゼロではないと言われているのです。

またバストが固くなるという懸念もあります。
バストアップについてはプラセンタ以外にもたくさんあるので、リスクを考えるなら試してみてもよいでしょう。

たとえばホルモンバランスを崩す原因となるストレス対策をする、大胸筋を鍛える、バストアップマッサージなどが考えられます。

プラセンタにもリスクがあることは無視できないです

バストアップにプラセンタはよいと言われているのですが、リスクもあることは知っておきましょう。

プラセンタとは胎盤のことですが、ホルモンバランスを整える働きがあると言われているからです。

バストアップをするためには、バストにある乳腺を発達させる必要があります。

そのためには、女性ホルモンの分泌が正常でなければなりません。
女性ホルモンの分泌が乱れる、減少することによって、バストアップが遠ざかると考えられるからです。

プラセンタはその点でよいと言われているのですが、リスクもあります。

とくにプラセンタ注射の場合、効果は強いと言われていますが、個人によっては、ホルモン異常のリスクが高まるという話もあるのです。

また体質に合わなければ、アレルギー反応が生じるなども考えられます。

さらにヒトプラセンタ注射の場合、変異型クロイツフェルト・ヤコブ病の伝染リスクがあると言われているのです。

このようなことから、プラセンタ注射の経験者は献血ができなくなるのです。

女性ホルモンの分泌は、通常の日常生活で対策ができると言われています。

プラセンタ注射は効果的な方法ではありますが、その前に他の対策をしてからでも遅くはないでしょう。

プラセンタ以外にも女性ホルモンによいアプローチが可能です


プラセンタ以外で、女性ホルモンの分泌にアプローチをしたいのでしたら、日常生活から対策を考えるとよいでしょう。

一番意識したい対策としては、規則正しい生活をすることや、ストレスが溜まったら発散することです。

睡眠不足が続きストレスが溜まることで、自律神経なども乱れますし、ホルモンの分泌全般をコントロールしている視床下部や下垂体に、負担がかかると言われています。

また運動不足になると、血流にも悪い影響を与えると言われています。
血流が悪くなれば、女性ホルモンだけではなく栄養分もバストに届きづらくなる状態になると言われているのです。

まずは対策として、規則正しい生活や適度な運動を心がけるようにしましょう。
またバストの土台部分となる大胸筋を鍛えることも大切です。

大胸筋を鍛えることで、同じくバストを支えるクーパー靭帯への負担を軽減できて、垂れてしまうことへの予防が期待できます。

どんなにバストが大きくなっても、形が崩れると美しさという面では問題があるでしょう。

プラセンタの前に、まずは日常からできる対策をして根本からバストアップを目指すのも大切なのです。

バストマッサージでバストアップを目指すのも1つの方法です

バストマッサージも、バストアップ対策として期待が持てます。
まず期待できるメリットとしては血流にアプローチができると言われていることです。

バストの発達に必要な女性ホルモンを、乳腺に届けるには、スムーズな血流が求められます。

バストマッサージによりスムーズな血流の改善が期待できるのは大きなメリットの1つです。

さらに血流だけではなくリンパの流れにもよいと言われています。

老廃物がバスト付近で停滞していることで、バストに悪影響を与える可能性もあります。

バストマッサージは、リンパの流れにもアプローチが期待できるのでよいと言われているのです。

またバストマッサージでは、大きさ以外にも形を整えるサポートにつながります。

バストが大きくなっても形が悪くなればやはり問題となるでしょう。

バストマッサージについて、自分で行うこともできますが、より大きな効果を期待するならプロに任せるのもおすすめです。

プラセンタに頼るのも悪いことではありませんが、専門的なバストアップマッサージで根本から問題を解決できる可能性が高まります。

(まとめ)バストアップにはプラセンタがよいって本当?

1.プラセンタはバストアップに効果的ですが、注意点もあります

プラセンタによるバストアップは、リスクもあるので行う場合は、慎重に検討してもよいでしょう。

またプラセンタと同じように女性ホルモンを活発化させる方法として、日常的な対策もあります。

2.プラセンタにもリスクがあることは無視できないです

バストアップにはプラセンタがよいという話もあります。

ただリスクとしてホルモン異常や、ヒトプラセンタの場合、感染病にかかる可能性が危惧されているのも無視できません。
そのため献血ができないとされています。

3.プラセンタ以外にも女性ホルモンによいアプローチが可能です

プラセンタ以外で女性ホルモンへアプローチをしたいなら、規則正しい生活や、ストレス発散が重要です。

また運動不足では血流も悪くなるので、バストに栄養や女性ホルモンが届きづらくなることも考えられます。
他に、大胸筋が衰えることも注意したいところです。

4.バストマッサージでバストアップを目指すのも1つの方法です

バストアップマッサージは血流対策として期待できます。
さらにリンパの流れにもよい影響を与えると言われている方法です。

プラセンタ以外にも対策は多いので、検討しても損はないでしょう。