リンパの流れが悪くなると、バストが小さくなったり下垂したりしやすくなります


リンパは細菌やウイルスの侵入を防ぐことの他に、体内の老廃物を回収して排出させる役割を担っています。

リンパの流れが滞ることで、老廃物が溜まりバストのボリュームダウンや下垂をもたらすリスクが高まるのです。

流れが滞ってしまう原因としては、筋力不足や自律神経バランスの崩れ・冷えによる筋肉の強張り・水分不足などが挙げられます。

バストアップを図るには、運動やストレス発散などで筋力アップ、自律神経のバランスを整えること、育乳マッサージを受けることなどが効果的だとされています。

リンパの流れが滞ると、バストにも影響を及ぼします

リンパ液は、血管と同様に全身に張り巡らされたリンパ管の中を流れる体液です。

血液に含まれる血漿という成分が、血管から染み出し無色透明なリンパ液となります。

体内に侵入してきた細菌やウイルスを退治し、感染症を防ぐ働きをしています。

さらに古い細胞や細胞活動で出た老廃物を回収し、体内に溜まった水分や毒素などを内臓器官に運び、体外へ排出する役割も担っているのです。

リンパ液は主に、筋肉の収縮によって流れる仕組みになっており、血液のように心臓の絶え間ないポンプの動きによって流れているわけではありません。

リンパ管は全身を流れていますが、鎖骨や脇の下などバストと関係する部位にも多く存在します。

そしてリンパ管内のリンパ液の流れが滞ると、老廃物などが溜まりやすくなります。

その結果としてバストアップの鍵を握る乳腺が衰え、脂肪がつきにくくなりバストはボリュームを失ってしまうのです。

加えてバストにハリがなくなり、支えられなくなって垂れやすくなります。

運動不足やストレスなどが原因でリンパの流れが滞ります


リンパはリンパ管の周りにある筋肉の収縮により、中のリンパ液が流れる仕組みになっています。

そのため運動不足による筋力の衰えや同じ姿勢を長時間続けることにより筋肉の強張りにより、筋肉が上手く収縮せずにリンパの流れが悪化することがあるのです。

さらに自律神経のバランスが乱れるとリンパの流れにも影響してきます。

自律神経は、活動的な昼に優位になる交感神経と体をリラックスさせる夜に優位になる副交感神経が交互に働き、生命維持活動を司っています。

2つの神経のバランスが崩れると、リンパの流れも滞りがちになるのです。自律神経は、睡眠不足やストレスなどが原因でバランスが乱れると言われています。

また女性によくありがちな手足の末端が冷たくなる冷え性も、体温が低下して血管や筋肉が収縮しやすくなるので、リンパの流れを悪くする原因になるのです。

他にも、脱水などで体内の水分量が不足すると水分代謝が悪くなり、リンパの流れが滞りがちになります。

体内の老廃物も排出されにくくなり、蓄積してしまうのです。

リンパの流れを良くして、バストアップを図るには育乳マッサージなどがよいとされています

バストに張りやボリュームを蘇らせるには、まず日常生活を見直すことが大事です。

自律神経のバランスを整えるために、しっかり質のよい睡眠をとったり、気分転換に出かけたりするなど、ストレスを溜めないような生活を心がけましょう。

運動不足を解消するために軽いウォーキングや、体幹を鍛えるヨガ・水泳などの運動も取り入れていくとよいです。

また滞ったリンパの流れを解消するには、エステサロンの育乳マッサージを受けるのも有効だと考えられています。

マッサージは自分でもできそうですが、正しいやり方で効率よく行うのは難しく、力が強すぎると胸を支えるクーパー靭帯という繊維組織を傷つける場合もあります。

プロによるオールハンドのマッサージなら背中から脇にかけて、とくに滞留しやすいリンパをしっかり、優しくほぐしてくれるでしょう。

的を射たマッサージなので効率よく、しかも安全にバストケアができて、バストアップや下垂防止を目指せます。

(まとめ)バストとリンパの流れはどう関係するの?

1.リンパの流れが悪くなると、バストが小さくなったり下垂したりしやすくなります

リンパの流れが悪くなると、老廃物が排出されずバストも栄養不足になって小さくなったり、垂れたりしてきます。

バストアップには、リンパの流れをスムーズにする生活を心がけたり、バストマッサージを受けたりするのがよいとされています。

2.リンパの流れが滞ると、バストにも影響を及ぼします

リンパ液は体中を流れる体液で、ウイルスや細菌による感染症を防ぎ、老廃物や余分な水分などを回収する役割を担っています。

リンパの流れが滞ると、老廃物が排出されず、乳腺の発達を妨げてしまうためボリュームダウンや下垂につながります。

3.運動不足やストレスなどが原因でリンパの流れが滞ります

リンパ液は筋肉の収縮によって流れる仕組みになっています。

そのため運動不足や加齢による筋力の衰えや、生命維持活動を司る自律神経バランスの乱れ、冷え性や水分不足などが原因で、流れが滞ることがあります。

4.リンパの流れを良くして、バストアップを図るには育乳マッサージなどがよいとされています

リンパの流れをスムーズにするには、適度な運動や睡眠やストレス発散など自律神経のバランスを整える生活が大事です。

また効率よくリンパ管をほぐして、流れを誘うプロによるオールハンドの育乳マッサージも効果的なので試してみましょう。