バストの位置が低いと感じるのは、加齢・急激な体重増減・姿勢の悪さなどが原因です


以前よりバストの位置が低いと感じるのはバストの下垂が始まっているためと考えられます。

バストの下垂は、加齢による乳腺を活性化させる女性ホルモン分泌量やコラーゲンの減少、大胸筋の衰えなどが原因です。

また急激に体重変化などによるクーパー靭帯の損傷も要因です。
バストは徐々に段階を経て、位置が低くなりボリュームを失います。

バストアップや下垂防止のためには、生活改善やマッサージを受けるといった対策が効果的です。

バストの位置が下がるのは、加齢などさまざまな要因があります

バストは大胸筋という胸の筋肉を土台として、女性ホルモンの作用で発達する乳腺や脂肪からできています。

しかし年齢を重ねると、女性ホルモンの分泌量が減って乳腺が衰え、脂肪の割合が増えるのです。

そしてバストの張りを保つコラーゲンも減るので重力に負けて下へと下がり始めます。

さらに猫背など姿勢が悪い状態が続き、胸を張らなくなると大胸筋が弱くなり、胸を支えきれなくなってしまいます。

またバストはクーパー靭帯という繊維組織によって支えられていますが、バストが激しく揺れて振動が伝わるとダメージを受けます。

たとえばサイズに合わない、バストを支える機能が乏しいブラジャーの着用や夜はノーブラで過ごすことといった生活を続けることで、クーパー靭帯が伸びて戻らなくなったり、切れたりして胸が垂れてくることがあります。

他にも、ダイエットなどによる体重の急な増減・妊娠出産・授乳から卒乳までの体の変化もバストに大きな影響を与え、バストの位置を下げる要因となるのです。

バストの位置は段階を経て徐々に下がってきます


バストの下垂は個人差がありますが、大体25歳前後から始まるとされています。

一気に垂れるのではなく、段階を経て徐々に位置が低くなるので気づきにくいという方もいるでしょう。

キレイなバストは、丸みや張りがあって、バストの輪郭であるバージスラインもはっきり存在した状態です。

そこから、まずバストに張りをもたらす乳腺が徐々に衰えて、柔らかい脂肪へと変化していきます。

バスト上部やデコルテ周辺のボリュームがなくなって、骨が見える位削げ落ち、バストの位置がやや低くなり下垂が始まるのです。

さらにバスト下部がたわんできて、バージスラインがぼやけ、乳首がやや下向きになりバストの位置が落ちていきます。

そしてバストの脂肪が脇や背中やお腹へと流れ出してボリュームを失い、中央よりだった左右の乳房がそれぞれ外側へ向かい、離れてしまうのです。

乳首も真下を向いて、バストも完全に丸みを失い、最終的に細長く下に垂れてしまった状態になります。

完全に下がる前に、しっかりケアすることである程度下垂を防ぐことは可能だと考えられています。

バストの下垂を防ぐには、運動や食事の改善、育乳マッサージなどが効果的です

加齢・運動不足・ダイエットによる体重の急激な変化などにより、徐々にバストが下垂してきます。

下垂を防ぐためには、生活習慣を見直し、バストアップによい生活を送ることが大事です。

まず大胸筋を鍛えるために水泳などの運動やヨガなどのエクササイズを取り入れましょう。

さらに睡眠中は女性ホルモンの分泌が促されるので、質のよい睡眠をしっかりとれるようにライフスタイルを見直すとよいです。

また自分のバストサイズをきちんと測り、サイズに合ったバストを支える機能のあるワイヤー入りブラを選んで正しく着用しましょう。

夜は締めつけが苦しくないナイトブラ、運動時はスポーツブラというように下着も使い分けを心がけてみてください。

そしてリンパの流れを促したり、脇や背中に流れた脂肪をバストへ戻したり、バストに張りをもたらすバストマッサージもよいとされています。

専門サロンのプロによるオールハンドの育乳マッサージなら効率よく、しかも安全にバストアップが図れるでしょう。

(まとめ)以前よりバストの位置が低いと感じるのはなぜ?

1.バストの位置が低いと感じるのは、加齢・急激な体重増減・姿勢の悪さなどが原因です

バストの位置が下がるのは、乳腺を発達させる女性ホルモン分泌量の減少や胸を支える大胸筋の衰えなどが要因です。

バストは段階を経て徐々に下垂するので、防ぐためには生活習慣の見直しなどが必要になります。

2.バストの位置が下がるのは、加齢などさまざまな要因があります

バストの位置は、加齢による乳腺の委縮やコラーゲンの減少により自然と下がってきます。

さらに大胸筋の衰えやノーブラや胸を支える機能に乏しいブラの着用、急激な体重の増減などによるクーパー靭帯の損傷なども要因として考えられます。

3.バストの位置は段階を経て徐々に下がってきます

バストの下垂は大体25歳前後から始まるのが一般的です。
デコルテやバスト上部がそげて、乳首が下を向き始めてから、左右のバストの脂肪が外に流れて離れます。

さらにバストの輪郭がぼやけて丸みを失って下垂します。

4.バストの下垂を防ぐには、運動や食事の改善・育乳マッサージなどが効果的です

バストが下がるのを防ぐには、しっかり睡眠をとって女性ホルモンの分泌を促したり、大胸筋を鍛えるエクササイズを行ったりすることなどが大事です。

また専用サロンで受けられるオールハンドの育乳マッサージもバストアップに効果的だとされています。