正しい筋トレを行うことでバストアップが期待できます


理想的なバストは、マシュマロと表現されることがあります。
その点、筋肉をつけるトレーニングである筋トレは、体を硬くしてしまい理想的でないように思えるかもしれません。

ですが正しい筋トレ方法を意識することで、有効なバストアップトレーニングにつながります。
とはいえ筋トレは注意をおこたると体を痛めてしまうことにもつながります。
ムリのないやり方で、楽しく続けられる工夫をしましょう。

筋トレによりバストアップできる理由はバスト以外の部分を鍛えられるためです

まずそもそも、バストは筋肉ではありません。
脂肪のかたまりであるため、トレーニングによってバストそのものを成長させられるわけではないです。

ですがその土台となる大胸筋を鍛えることにより、サイズの底上げが可能となります。
これこそが筋トレがバストアップに有効であるといえる理由です。

またバスト以外のウエストやアンダー、肩周り、首周りなどを鍛えることにも意味があります。
バストそのものには関係ありませんが、これらもまたバストアップに大きく関連しています。

なぜならふくよかなバストと引き締まったボディによる対比が生まれるためです。
魅力的なバストには、サイズそのもの以上にアンダーとのギャップが重要になってきます。

効果的な筋トレをおこなうことで、この要素もより一層強調できるでしょう。
またそのほか、土台をしっかりさせることにより、垂れを防止する、張りを維持するという効果にも繋げられます。

いずれにおいても、美しいバストを目指す上で、筋トレをしない手はないといったところです。

効果的な方法を知ることが大切です


前述の通り、バストアップに適した筋トレは大胸筋を鍛えられるものが主となります。
では具体的に、どういったやり方が有効なのでしょうか。

たとえば定番である腕立て伏せです。

腕の筋肉を鍛えるトレーニングのように思えるかもしれませんが、実は大胸筋の引き締めにも有効となります。
ポイントは、腕を肩幅より広めについておこなうことです。

これにより大胸筋への負荷を一層かけられるためです。
またゆっくりとしたスピードでおこなうということも意識しましょう。

スピーディーに激しくやった方が大変そうに思えるかもしれませんが、実はそうでもありません。
スローに負荷をかけることで、より効果的な鍛え方ができます。

それこそ早く30回やるより、スローに10回やった方が効率的であるほどです。
バストアップを焦るがあまり、つい気合いを入れて激しくやってしまいがちかもしれませんが、この点を意識して行ってください。

そして合掌ポーズによるエクササイズも有効です。
姿勢を伸ばして合掌し、そのまま両側から押し合うように力を入れましょう。

ピンポイントに大胸筋へ負荷をかけられる、まさにバストアップ向けのトレーニングとなります。

筋トレは注意点も押さえておくことが大切です

筋トレはバストアップに役立てられる一方、注意もしなくてはなりません。
なぜなら正しいやり方でおこなわなくては怪我をする危険性も伴うためです。

とくに普段あまり運動をしないタイプの女性ともなれば、一層の注意が欠かせません。
たとえば筋トレをおこなう回数についてです。

バストアップに憧れる人は、高い目標意識のあまり、ついがんばり過ぎてしまいがちかもしれません。
ですがこの場合、普段使わない筋肉を急激に動かすことで、体を痛めてしまう可能性もでてきます。

また一気に無理をしてしまうと、継続が難しくなるというデメリットもでてくるでしょう。
ムリのない程度の自分に合った回数で、楽に続けられるよう意識してください。

またトレーニング時は呼吸法にもこだわってください。
これにより集中力を高める、余分な緊張を和らげるといった効果に期待できます。

またさらに体内にしっかり酸素をめぐらせることで、効率的にエネルギーを作り出せるという効果にも繋げられます。
ポイントは、深くゆったりと呼吸することです。
こちらのコツもまた、ぜひ意識してみてください。

(まとめ)筋トレはバストアップに効果があるの?

1.正しい筋トレをおこなうことでバストアップが期待できます

バストアップは、筋トレを正しい方法でおこなうことにより実現が可能となります。

やり方によっては体を痛めてしまうこともありますので、注意点も理解した上で、実践しましょう。

2.筋トレによりバストアップできる理由はバスト以外の部分を鍛えられるためです

バスト自体は筋肉でないため、筋トレそのもので成長させることはできません。

ですがバストの土台となる大胸筋や、周囲の筋肉を鍛え上げることで、バストアップ効果に繋げられます。

3.効果的な方法を知ることが大切です

バストアップトレーニングには、筋トレの定番である腕立て伏せがおすすめです。

腕を肩幅より広げてゆっくりやることで、バストアップ効果が期待できます。
また合掌エクササイズも有効です。

4.筋トレは注意点も押さえておくことが大切です

筋トレはバストアップに有効ですが、やり方次第では怪我の危険も伴います。

上記のような注意点も押さえた上でおこないましょう。
ムリのない回数や、深い呼吸を意識することで、安全かつ効果的なバストアップに繋げられます。