産後のムリなダイエットはバストがサイズダウンする原因です


早く体重を元に戻したいからといって産後にムリなダイエットをすると、バストがサイズダウンする原因になります。産後は乳腺脂肪が減少することや授乳時の姿勢などの影響もあり、バストはしぼんで下垂しやすくなるのです。

妊娠2ヶ月頃から女性ホルモンが乳腺を発達させるため、バストは大きくなりますが、産後を境に小さくなっていきます。ムリなダイエットはバストのサイズダウンを加速させてしまうので、避けた方が賢明です。

身体に負担をかけるダイエットではなく、少しずつでも確実に脂肪を燃焼させる方法に取り組むことが大切です。

ムリなダイエットなど、産後にバストが小さくなる原因があります

妊娠中は女性ホルモンの影響でバストが2カップほど大きくなりますが、産後は自然にバストが小さくしぼんでいきます。ムリなダイエットなど、産後の身体に負担をかけるような行為は、バストのサイズダウンを進めてしまう原因になります。

思わぬバストのサイズダウンを防ぐためにも、産後のバストを小さくする原因について知っておきましょう。

産後ダイエット

産後は体重が増える傾向があるので、早くダイエットして元の体型に戻りたいというのは、女性ならば当然の気持ちです。

しかしムリなダイエットは栄養不足を招くので、バストに届くはずの栄養が足りなくなり、バストが小さくなる原因になります。

産後のダイエットはムリをしてしまいがちなので、ストレスを抱えやすく、体重を落とせてもリバウンドしやすい傾向があります。

ムリなダイエットは一時的に体重は落とせますが、少しでもカロリーを摂取すると脂肪がつきやすい体質に変わってしまうので、余計に太りやすいです。

授乳時の姿勢

授乳時はつい背中を丸めた姿勢になりやすいですが、猫背は肋骨が下がる原因になるため、バストが下垂しやすくなるといわれています。

また赤ちゃんに添い寝しながら授乳すると肩こりになりやすく、バスト周辺の血液やリンパの流れを悪くしてバストの栄養不足を招きます。

合わない下着

妊娠中から産後の期間はバストのサイズが大きく変化するため、下着選びは慎重に行わなければなりません。

授乳期専用のブラジャーや産後専用のブラジャーを使い分けて、バストに負担がない下着選びをしましょう。

産後の体重管理のために食事を見直してみましょう


産後にもっとも意識したいことはダイエットではなく、体力を回復させることです。過剰な食事制限で体重を落とそうとせず、産後に適切な食事をして少しずつ余分な脂肪を落とすようにしましょう。

タンパク質と炭水化物を摂る

ダイエットをするとタンパク質や炭水化物を避ける方は多いですが、この2つの栄養素は産後の体力回復には必要になります。産後のダイエットに減らした方がよいのは、タンパク質や炭水化物よりも脂肪です。

揚げ物など、脂っこいメニューを避けた食事を意識してみましょう。

和食中心を心がける

脂質や糖分の摂り過ぎは乳腺炎の原因になるため、さっぱりとした味つけの和食は産後の女性におすすめです。

偏った食事を防ぐため、主菜+副菜+汁物+ご飯というメニューがよいでしょう。また妊娠中はお腹が空きやすいので間食の習慣がつきやすいですが、産後も間食を続けていると当然ながら体重は落ちにくくなります。

育乳マッサージなら脂肪が燃焼しやすい身体づくりができます

バストによい産後ダイエットに取り組みたい方は、プロの施術による育乳マッサージがおすすめです。育乳マッサージは小さいバストや、形の悪いバストをハンドマッサージで自然なボリュームのあるバストに育ててくれます。

バストのお肉をマッサージするだけではなく、背中や肩、二の腕などのバスト周りの脂肪をマッサージするので、代謝が良くなります。

血液やリンパの流れが改善するので乳腺が発達しやすくなり、バストアップの効果が期待できます。

背中などは自分ではケアしにくい場所ですが、育乳マッサージであれば手が届かない場所もしっかりとマッサージを行っています。

バスト周りの余分なお肉がバストに集まるので、メリハリのある体型を目指せるでしょう。

(まとめ)産後にダイエットするとバストが小さくなる?

1.産後のムリなダイエットはバストがサイズダウンする原因です

産後のムリなダイエットはバストのサイズダウンを進める原因になるため、避けた方がよいでしょう。

少しずつでも確実に脂肪を燃焼させる方法を見つけて、取り組んでいくことが大切です。

2.ムリなダイエットなど、産後にバストが小さくなる原因があります

産後にバストが小さくなる原因としては、ムリなダイエット・授乳時の悪い姿勢・バストに合わない下着などがあります。

妊娠中から産後はバストのサイズが変化しやすいので、バストに負担をかけない心配りが必要です。

3.産後の体重管理のために食事を見直してみましょう

産後ダイエットしたい方はムリなダイエットに走らず、普段の食生活を見直してみましょう。

間食を避けることと和食中心を心がけ、タンパク質や炭水化物をしっかりと摂取してください。

4.育乳マッサージなら脂肪が燃焼しやすい身体づくりができます

育乳マッサージはバスト周りの余分なお肉をバストに集めてくれるので、バストアップと痩身効果が期待できます。

背中や肩、二の腕などの血流やリンパの流れが改善し、メリハリのある女性らしい体型を目指せます。