産後にバストがしぼむ主な原因は、クーパー靭帯の伸びです


産後の女性のバストがしぼむのは、クーパー靭帯の伸びが主な原因です。一度でもクーパー靭帯が伸びたり切れたりしてしまうと、元の状態に戻すことができません。

バストは筋肉の他にも、クーパー靭帯という結合組織によって支えられています。女性のバストは授乳のために乳腺が発達して大きくなりますが、重たくなったバストをクーパー靭帯が支えきれず、伸びてしまうことがあります。

バストの構造について理解しておきましょう

妊娠後から産後にかけては女性ホルモンの変化などにより、バストのサイズは大きく変化しやすいです。産後にバストがしぼむのを防ぐためには、まずバストの構造について理解しておくとよいでしょう。

バストの構造

女性のバストは基本的に90%の皮下脂肪と、10%の乳腺によって構成されています。人によってバストの大きさや形が異なるのは、この比率に個人差が出てくるためです。

皮下脂肪が多いバストは女性らしいボリュームと柔らかさがありますが、形が崩れやすいという特徴もあります。一方で乳腺の比率が高いバストは小ぶりですが、お肉が硬く流れにくいために形が崩れにくいです。

バストは大胸筋という筋肉が土台になり、クーパー靭帯が皮下脂肪と乳腺を支えています。

クーパー靭帯とは

クーパー靭帯とは、コラーゲンを主成分とした束のような組織のことです。バスト全体に網目状に存在し、皮下脂肪と乳腺を繋いで、お肉が脇に流れないよう食い止める役割を持っています。

バストが女性らしい丸みを帯びているのは、クーパー靭帯の働きによるものです。クーパー靭帯はゴムの束のようにも見えますが伸び縮みする性質はないので、衝撃によって伸びたり切れたりすることがあります。

授乳期に重たくなったバストを支え切れずに伸びたり、激しいスポーツの影響で切れたりすることもあります。

また加齢によって伸びてしまうこともありますが、一度伸びたり切れたりしたクーパー靭帯は元に戻すことができません。

バストがしぼむのを防ぐには大豆製品がよいといわれています


産後にバストがしぼむのを防ぐには、大豆製品を食べるのが効果的だといわれています。大豆製品に含まれている大豆イソフラボンには、女性ホルモンに似た働きがあると考えられているからです。

大豆イソフラボンとは

大豆イソフラボンとは大豆の胚芽に多く含まれているフラボノイドのひとつで、女性ホルモンと似た働きがあることで知られています。

バストが大きくなるのは女性ホルモンが乳腺を発達させ、乳腺の発達によってがバスト大きくなるためです。

女性ホルモンはバストアップの効果が期待されているだけではなく、ツヤのある肌をつくったり、血流を改善したりする作用があるといわれています。

大豆イソフラボンはこうした女性ホルモンの働きと似た構造を持っており、女性の美と健康をサポートする栄養素として注目されています。

大豆イソフラボンを含んだ食品

大豆イソフラボンを含んだ食品は、豆腐・納豆・豆乳・油揚げ・きな粉など、わたしたちの身近にたくさんあるので取り入れてみましょう。

1日あたり70~75mgの大豆イソフラボンを摂取することが、望ましいとされています。

産後のバストはリンパの流れを意識したケアをしましょう

産後のバストケアは食事の面だけではなく、身体のメンテナンスを定期的に行うことも大切です。授乳時の姿勢などによって悪くなったリンパの流れを改善するのが、バストアップに効果的だといわれています。

人間の身体にはリンパ節を中継地点としてリンパ管が張り巡らされており、その中をリンパ液が流れています。

リンパ液に含まれている栄養素や老廃物をリンパ管が回収することで、身体の調子を整え、バストに栄養素を送っているのです。

流れが滞りやすいリンパはそのままにしておくと栄養素を吸収できなくなるので、バストは栄養不足になります。リンパの流れを良くするためには、リンパの流れに着目した育乳マッサージがおすすめです。

肩こりの改善や代謝アップなどの、相乗効果も期待できます。

(まとめ)産後にバストがしぼむのはどうして?

1.産後にバストがしぼむ主な原因は、クーパー靭帯の伸びです

産後に女性のバストがしぼむ主な原因は、クーパー靭帯が伸びてしまったためです。授乳のために大きくなったバストをクーパー靭帯が支えきれず、伸びたり切れたりしてしまうことがあります。

一度損傷したクーパー靭帯は、元に戻すことができません。

2.バストの構造について理解しておきましょう

産後にバストがしぼむのを防ぐためには、あらかじめバストの構造について知っておいた方がよいでしょう。

バストは大胸筋を土台として90%の皮下脂肪と10%で構成されており、皮下脂肪と乳腺をクーパー靭帯が繋いでいます。

3.バストがしぼむのを防ぐには大豆製品がよいといわれています

産後のバストがしぼむのを防ぐには、大豆製品に含まれる大豆イソフラボンを摂取するのがよいといわれています。

大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きを持つため、女性のバストアップをサポートする効果が期待されているからです。

4.産後のバストはリンパの流れを意識したケアをしましょう

産後のバストケアには、リンパの流れに着目した育乳マッサージがおすすめです。

リンパの流れが良くなればバストに栄養素が届きやすくなるだけでなく、肩こりや代謝アップの効果も期待できます。