バストアップに腕立ては効果的とされています


バストアップの方法として腕立て伏せは効果的です。

バストの土台には大胸筋という筋肉があります。

腕立てといわれると腕の筋肉を鍛えるトレーニングと思われがちですが、大胸筋にも効果が期待できます。

大胸筋は90%以上が脂肪で構成されているバストを支えており、上を向いたきれいなバストを維持するために欠かせません。

産後にバストが垂れないようにするためにも有効です

出産した後で、バストが下垂してしまう人は少なくありません。

これにはいくつか理由があって、授乳やおむつを取り替えるなど前かがみの姿勢をよくすることが原因といわれています。

そのほかにもクーパー靭帯が損傷してしまうことも理由の一つです。

クーパー靭帯とはバストと大胸筋をつなげる筋のようなものです。

クーパー靭帯がひとたび損傷してしまうと修復することは不可能です。

また筋肉を鍛えるトレーニングはありますが、靭帯そのものを強化する方法はありません。

妊娠すると女性のバストはサイズアップします。

その結果、クーパー靭帯がサイズアップしたバストの重みに耐えられなくなって切れてしまうのです。

ですから産後バストの形が悪くなった、垂れ下がるようになったという人が多いわけです。

クーパー靭帯を再生することはできませんが、大胸筋を鍛えることは可能です。

大胸筋を鍛えれば、バストの下垂を防ぐことも可能です。

そして大胸筋を腕立てなどでトレーニングすることによって、筋肉量を増やせます。

その結果バスト自体を大きく見せ、実質的なバストアップ効果を得ることも十分可能です。

正しい方法で行わないと効果がありません


腕立て伏せがバストアップに効果的と聞いて、実践している人もいるでしょう。

しかしどこの筋肉を使っているか分からずにやみくもに鍛えたところで、その部位に効いていないため意味も半減してしまいます。

腕立て伏せでバストアップをするためには、大胸筋を鍛える必要があります。

そこで大胸筋がどこにあるのか意識しながら腕立てをしましょう。

腕立て伏せは、大胸筋のほかにも腕や肩の筋肉など上半身の広範囲の筋肉を鍛えることができるトレーニングです。

どの筋肉がより鍛えられるかは、腕立て伏せの形によって変わってきます。

一般的に手の幅を広げると大胸筋などの胸の筋肉をより重点的に鍛えることができます。

逆に手の幅を狭めると上腕三頭筋をはじめとした腕の筋肉を重点的に鍛える形になります。

このように腕立てのフォームによっても、鍛えられる部位も変わってきますので注意しましょう。

バストアップするためには、より多くの回数腕立てをしたほうがいいと思っている人もいるでしょう。

しかしやり過ぎてしまうと、大胸筋が鍛えられすぎてしまいます。

そのため胸が硬くなってしまう、さらにバストの脂肪が燃焼されることで逆にサイズダウンする恐れもあります。

腕立てをする際に注意すべきポイントがあります

腕立てでバストアップ対策するためには、いくつか注意すべきポイントがあります。

まずは両手の幅です。

狭くしすぎでも広くしすぎでも、胸に効かなくなります。

大胸筋に効果的な腕立てをするのであれば、下ろしたときに肘が直角になるような幅で行うのがおすすめです。

また腕立てをする際には、肩甲骨を引き寄せるようなイメージで行うといいでしょう。

そのためには腕立てをする際に肩を後ろに引くような形で行います。

この方法でトレーニングしていると、肘が曲がらずに背中が真ん中によっているような感覚になるはずです。

もしこの形が出来上がっていないといくら腕立てをしても、肩甲骨が動いてしまって背中の筋肉を使ってしまいます。

その結果、せっかくの大胸筋を効率的に鍛えられなくなってしまうのです。

腕立てをする際には、できれば鏡を横においてフォームを確認しながら実践しましょう。

この時頭から腰にかけてのラインができるだけ一直線になっているかどうか、確認しながらトレーニングすることです。

背中が丸まっていると腹筋、反ると背筋に力も逃げてしまうので大胸筋をうまく鍛えられません。

しかも背中から動いていると、腕や胸の可動範囲に制約をつけてしまうので腕立ての効果も低減します。

(まとめ)腕立てはバストアップに効果がある?

1.バストアップに腕立ては効果的とされています

腕立ては腕の筋肉だけでなく、大胸筋を鍛えることもできるエクササイズです。

大胸筋はバストを支える筋肉で、バストアップには欠かせない役割を担っているのでトレーニングは有効です。

2.産後にバストが垂れないようにするためにも有効です

産後にバストが垂れ下がるようになって悩む女性は少なくありません。

これはバストが妊娠中サイズアップして、その重みに耐えられなくなってクーパー靭帯という支える筋の切れてしまうことが関係しています。

3.正しい方法で行わないと効果がありません

腕立て伏せをすることでバストアップの効果が期待できますが、フォームなどが正しくないと正しくトレーニングが反映されません。

また、どこの筋肉を動かしているかを把握していないと、なかなか思うようにバストアップできないので注意しましょう。

4.腕立てをする際に注意すべきポイントがあります

腕立てをする際には、手の幅や上半身の状態、肩甲骨が動いていないかを意識することが大事です。

効果的にバストアップのためのトレーニングをする際にはフォームを確認するため、鏡などを見ながら行うと良いでしょう。