産後にバストは変化するのでバストアップが必要になることもあります


出産後はバストが大きく変化するため、バストアップなどを適切に行わないといけない場合があります。

産後にバストがたるんでしまったりしぼんでしまったりして、以前と比較するとサイズダウンしてしまったという方も少なからず見られます。

産後もできるだけ以前のように美しい形状をキープしたいと思っている人も多いでしょう。

そのためには産後のちょっとした時間を使って、バストアップ対策をする必要があります。

出産を機に女性のバストは変化します

女性は妊娠するとバストに大きな変化が現れるようになります。

妊娠すると時間の経過とともにバストのサイズがアップします。

ただしバストトップが高くなっていくのではなく、乳房の下半分から脇にかけてサイズアップしていく傾向がみられます。

このため妊娠前と比較して、バストのサイズそのものは測定してもカップなどは変わらないけれども形状や容量が大きく違ってきます。

バストトップの高さではなく、両乳首の間隔が広がる感じの変化です。

バストが大きくなるのは、女性ホルモンが活発に分泌されることによる作用です。

ホルモンの働きによって、乳腺が発達していきます。

産後すぐに母乳が出るように体が準備し、その結果バストも大きくなります。

ちなみに個人差がありますが、妊娠前から出産するころまでに2カップ程度バストのボリュームのアップする人も珍しくありません。

産後は乳腺脂肪が減少しますが、乳腺はもちろん当面活発に活動します。

この時期にバストアップの対策をしないと、バストは下垂しやすくなるので注意が必要です。

バストの急激な変化が後々の下垂などを招きます


産後ボリュームアップしたバストは徐々に元に戻っていくのですが、完ぺきに元通りにはならないかもしれません。

まずバストのサイズが急激にボリュームアップしたことによって、皮膚の奥深くの層である真皮に断裂を起こします。

その結果、授乳線という筋がバストに入ってしまうことがあります。

そのほかには産後乳腺が小さくなってバストの脂肪も減少します。

そしてバストやその周辺にしわが寄りやすくなるのです。

またバストは通常クーパー靭帯というものが支えています。

ところが妊娠して急激にバストのボリュームが増すと、このクーパー靭帯が支えきれなくなることがあります。

その結果、クーパー靭帯が伸びきった状態になることがあります。

一度クーパー靭帯は緩んでしまうと、元通りに戻すことはできません。

その結果授乳が完了して、バストが元通りのサイズに戻ってもクーパー靭帯がバストを十分支えられなくなります。

このため以前と比較すると、バストが垂れ下がったような感じになってしまうのです。

ですから産後も美しいバストを保ちたければ、バストアップのためのケアを行う必要があるわけです。

手軽にできる産後のバストアップの方法を紹介します

産後のバストアップのためにエクササイズをする方法もあります。

赤ちゃんの面倒を見るのに大変で、エクササイズをしている時間がないという人もいるでしょう。

以下で紹介するエクササイズはテレビを見ながらでもできるものなので、空いた時間に実践できるはずです。

  1. 左右の手のひらを合掌するような感じで合わせます
  2. そして両側からさらに押し合うような感じで力を込めます
  3. 続いて手を中央に押し合わせたままの状態で腕を伸ばしましょう
  4. この一連の動きを、息を吐きながら10回ほど行いましょう
  5. 最初の合掌のポーズに戻ります
  6. そのままの状態で息を吐きながら手を左右に動かします
  7. 6の動きを、10往復しましょう。

また、産後のバストアップには、マッサージも効果的です。

お風呂上りに行うと血行もよくなっていますし、より大きな効果が期待できます。

さらに、自宅で行うセルフマッサージだけでなく、専門のエステサロンなどでプロによるマッサージを受けてみても良いでしょう。

オールハンドでのマッサージであれば、バストを傷めることもなくリンパの流れを促し、美しい形のバストへ改善することが期待できます。

育乳マッサージを謳うエステサロンであれば、よりバストアップにつながる施術を行ってもらえるでしょう。

(まとめ)産後にバストアップする必要性はある?

1.産後にバストは変化するのでバストアップが必要になることもあります

産後を境にして、女性のバストは大きく変化する傾向がみられます。

もし以前のようなきれいなバストを維持したいと思うのであれば、産後にバストアップのために対策を講じることが求められます。

2.出産を機に女性のバストは変化します

妊娠すると女性ホルモンの分泌が活発になって、出産のための準備を進めます。

その中の一つに乳腺の発達があって、その影響でバストもボリュームも妊娠期間中大きくなります。

3.バストの急激が変化が後々の下垂などを招きます

以前と比べて、産後にバストが下垂してしまっているような印象を抱く女性は多いです。

その理由としては、クーパー靭帯というバストを支える部位が急激なボリュームアップに耐え切れなくなり、緩んでしまうなどが挙げられます。

4.手軽にできる産後のバストアップの方法を紹介します

産後バストの下垂を防ぐためには、バストアップのための対策を講じる必要があります。

空いている時間を見つけながらのエクササイズや、育乳マッサージなどもおすすめです。