バストアップにお風呂は十分効果があります


日々の入浴をシャワーで済ませているという人もいるかもしれませんが、バストアップすることを考えるのであれば、湯船にしっかりと入るほうがいいでしょう。
お風呂に入った後は、しばらく体がぽかぽかの状況が続きます。

この状態は、湯船に入って血行が良くなったことによるものなのですが、この血行改善がバストアップにつながっていくとされているのです。

体が冷えているとバストのハリがなくなります

バストアップとお風呂の関係ですが、冷えがカギを握っています。
女性の中には冷え性に悩まされている人も多いでしょう。

冷え性は困るけれども健康にそれほど大きな影響がないので、そのままにしているという人もいるかもしれません。
しかし冷え性は、実は血液のめぐりの悪さが関係しており、バストの大きさにもつながるのです。

私たちは無数の細胞によって構成され、細胞が働くためには栄養分が必要で血液から受け取ります。
血液の流れが悪くなるということは、栄養が十分行き渡りにくくなるわけです。
もし胸周辺の血液のめぐりが悪くなると慢性的な栄養不足の状況に陥り、ハリのあるバストが作られにくくなります。

また血液は細胞活動の結果生じた二酸化炭素や老廃物を細胞から受け取ります。
血液の流れが悪くなると、細胞は二酸化炭素や老廃物の排出もうまくいかなくなります。
結果的にバストが硬くなってしまうケースも出てきます。

このように慢性的な血行不良の状況が続くと、バストのサイズダウンや下垂などを招きかねません。
とくに日常的に冷えを感じている女性こそ、お風呂に入る習慣をつけたほうがいいわけです。

お風呂に入るタイミングも重要です


冷え性を改善してバストアップさせるためには、シャワーで済ませるのではなくお風呂に入るように意識しましょう。
シャワーの場合、お湯をかければ体の表面は多少温かくなるかもしれません。

しかし体の内部が全く温まらないので、結果的に冷え性がますます悪化する可能性もあります。
そしてお風呂に入るタイミングも重要です。

夜眠る前にお風呂に入る習慣をつけましょう。
するとお風呂から出てしばらくすると、眠たくなってしっかり睡眠が取れるようになるからです。

お風呂に入って体が温まって、出てしばらくすると徐々に体温も下がってきます。
この体温の下がる過程で眠気が襲ってくるのです。

ですからベッドに入って、すぐに深い眠りに落ちやすくなります。
長時間お風呂に入って、体の芯までしっかり温めることは大事です。

しかしそうすると汗をかくことで大量の水分が失われ、脱水状態になる可能性も出てきます。
ですからこまめに水分補給することも忘れないように注意しましょう。
1日に1.5~2リットル水分を摂取すると、脱水状態に陥ることはないでしょう。

バストマッサージを行うとより大きな効果が期待できます

お風呂に入るだけでもバストアップ効果は十分期待できますが、マッサージを行うことでさらに高い効果が期待できます。
バストマッサージの方法ですが、まずは鎖骨の下にある小胸筋という筋肉を人差し指と中指、薬指の3本でほぐします。

小胸筋はバストの下垂を防ぐための筋肉なので、バストアップの重要な役割を担っています。
続いてバストのサイドを同じ3本指を使って円を描くようにほぐしていきます。

そのあと指をバストの下側に移動させて、同じような形でほぐしましょう。
それぞれ30秒程度マッサージをすれば十分です。

マッサージした後は、バストを全体的に包み込んで、持ち上げていきましょう。
バストのふくらみの境目あたりに手を持ってきて、自分が理想と思っている高さのところまでバストを持ち上げます。

またバストを中央に引き寄せるマッサージもおすすめです。
片方の手でバスト全体を持ち上げると、脇にはみ出たお肉があるはずです。
このはみ出たお肉を中央に持ってくるようにマッサージすると、このお肉がバストと合流してバストアップ効果が見込めます。

これらのマッサージは自分でもできますが、より良い効果を期待する場合は、育乳マッサージなどを行っているエステサロンを利用するのも一つの手です。
プロの手によるオールハンドのマッサージであれば、血行改善にも形を整えるのにも効果的な施術が期待できるでしょう。

(まとめ)お風呂でバストアップができるの?

1.バストアップにお風呂は十分効果があります

お風呂に入った後、手先まで十分温まっているのは血行が良くなって、隅々まで血液が流れるようになっているからです。

この血行改善がバストアップにつながるとされており、お風呂はバストアップに効果的と言われているのです。

2.体が冷えているとバストのハリがなくなります

慢性的に冷え性の状況に陥ると、血液のめぐりが悪くなり、細胞が栄養不足になりがちです。

胸周辺の細胞が栄養不良の状態になると、バストのハリが失われて、サイズダウンや下垂を招きかねません。

3.お風呂に入るタイミングも重要です

シャワーだけでなく、しっかり湯船につかる習慣をつけることがバストアップにつながっていきます。

夜眠る前にお風呂に入ると出た後で眠気が襲ってきやすくなり、ぐっすり眠ることができるようになります。

4.バストマッサージを行うとより大きな効果が期待できます

お風呂に入って血行促進することで、バストアップ効果は十分期待できます。

さらにバストマッサージをすることで、バストアップだけでなくハリの向上などさらに良い効果も期待できるでしょう。
プロの手によるマッサージの利用なんかもおすすめです。