貧乳の原因は、遺伝とは限りません


貧乳の原因は、二つに分類することができます。一つは、大きくならない原因。

もう一つは、小さくなってしまう原因です。大きくならない原因として考えられるのは、「遺伝」と「思春期に受けるストレス」です。

巷では貧乳の原因は遺伝であるという説が既に席巻していますが、遺伝は、貧乳の原因として考えられる原因のうち、全体の3割程度だといわれます。大きくならない原因、残りの約7割は、思春期に受けるストレスだと考えられています。

そもそも、バストが膨らむのは何が作用しているのでしょうか。それは女性ホルモンです。

個人差はありますが、女性の体は思春期に入ると女性ホルモンの分泌が増え始め、女性らしい体つきを形成します。バストが膨らむのもこの時期です。

成長期である思春期に過度のストレスを受けると、女性ホルモンがスムーズに分泌されなくなり、その結果、貧乳になるというのです。では、小さくなってしまう原因として考えられるものは何があるのでしょうか。

こちらは今から変えられるはずです。原因はさまざまありますが、次項でご紹介します。

生活習慣の乱れは貧乳の原因です

小さくなってしまう原因の一つとして、生活習慣の乱れが考えられます。生活習慣の乱れにはさまざまありますが、今回は「食生活の乱れ」「ストレス」「冷え」「睡眠不足」「タバコ」についてご紹介します。

まず「食生活の乱れ」についてご紹介しましょう。食べ物の好き嫌いが多く栄養の偏った食生活を送っていると女性ホルモンの分泌に支障をきたします。

また、大豆イソフラボンを多く摂取すればバストアップにつながると、豆腐や納豆、きな粉、そしてサプリメントまで摂取していませんか。女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンという2種類があります。

このうちエストロゲンはバストアップの作用があり、大豆イソフラボンはエストロゲンと似た作用があるためバストアップを叶えようと多く摂取するともう一つの女性ホルモンであるプロゲステロンとのバランスが乱れます。ホルモンバランスが乱れれば、元も子もありません。

バストアップは、エストロゲンとプロゲステロンが適量で、タイミングも含めてバランスがとれていることが重要なのです。過度なダイエットも、食生活の乱れになります。

そのうえ、バストに脂肪が付きにくくなってしまいます。バストの構成比率は乳腺1割、脂肪9割ともいわれ、脂肪がバストに付きにくい状態はバストアップには致命傷です。

次に「ストレス」についてご紹介しましょう。生きている限りストレスを感じないで過ごすことは無理です。

人間関係や仕事、時間に追われたり、金欠になったり、満員電車に乗ることもストレスですよね。ストレスは、女性ホルモンの分泌を司る脳の働きを鈍らせます。

女性ホルモンの分泌がスムーズに行われなければ、バストアップができるはずありません。ご自身に合った、ストレスを解消できる方法を見つけましょう。

「冷え」は、体調管理はもとよりバストアップにとっても大敵です。体が冷えることにより血行が悪くなります。

血液は体内の各部へ酸素や栄養素の補給をします。女性ホルモンも同様で、血流に乗って体のすみずみ、バストへも運ばれるのです。

血行を悪くする冷えは、バストへの女性ホルモンの補給を滞らせる原因ですのでバストアップにとって大敵なのです。冷え対策には、適度な運動をすることや温かいものを摂取すること、シャワーで済ませるのではなくゆっくり湯船につかることなどがあります。

実践してみてくださいね。「睡眠不足」もまた、女性ホルモンの分泌を妨げる原因となります。

バストアップに限らず、十分な睡眠時間はだいたい7時間半といわれています。7時間半の眠りを質のいいものにするためにも、一日のうちで女性ホルモンの分泌が最も活発になる午後10時から午前2時(ゴールデンタイム)に睡眠をとるようにしましょう。

とはいえ、午後10時から眠るのは難しいという方は多いはず。できるだけ当日中に眠りにつけるように心がけましょう。

質のいい睡眠にするために、就寝の3時間ほど前までに食事を済ませ、就寝の30分ほど前からはパソコンやスマートフォン画面を見ないようにするなどしてリラックスした状態をつくり、質のいい睡眠となるようにしましょう。最後に「タバコ」についてご紹介します。

ストレスを解消するために喫煙しているという方もいると思いますが、タバコはバストアップに限らず私たちの体にとって百害あって一利なしです。タバコはバストアップに欠かすことのできない女性ホルモンを減少させたり、血流を悪くさせたりします。

血流が悪くなれば、女性ホルモンがバストに補給されませんね。

痩せすぎは貧乳の原因です


貧乳の原因、その中でもバストが小さくなってしまう原因として「痩せすぎ」があります。前項でご紹介したとおり、バストは脂肪が約9割、乳腺が約1割という構成になっています。

乳腺に脂肪が集まってくるので、乳腺が多く発達していればいるほど脂肪も集まりバストが大きくなるのです。女性ホルモンのエストロゲンには乳腺を増殖させる作用、プロゲステロンには乳腺を発達させる作用があります。

痩せている人は明らかに脂肪が少ないですから、比例してバストの脂肪も少なくなるというわけです。ただ注意してほしいのが、バストアップのために脂肪分のある食事をして体に脂肪を蓄えても、バストアップできないということです。

あくまでも乳腺に脂肪が集まるという性質をもっていることでバストが大きくなりますので、まずは女性ホルモンの分泌をスムーズにしてバランスを整えて乳腺を増殖・発達させることが重要となります。乳腺が貧弱であれば、脂肪も期待どおりに集まりませんね。

悪い姿勢は貧乳の原因です

バストアップには悪い姿勢として、巻き肩や猫背などが挙げられます。巻き肩とは、肩を内側に巻き込んだ姿勢のことです。

パソコンやスマートフォンを長時間操作していると、巻き肩になりやすいといわれます。巻き肩になると血流が悪くなりますので、女性ホルモン補給の妨げとなり、貧乳の原因となります。

垂れバストの原因にもなりますので、巻き肩の姿勢はやめましょう。また、猫背ではバストを支える大胸筋が衰えたり、背中を丸めることで僧帽筋が強張って血流を悪くしたりします。

巻き肩と同じく、バストが垂れる原因にもなります。巻き肩や猫背は、血流が悪くなり、バストが垂れるだけでなく、顔のゆがみやポッコリお腹の原因にもなり、余分な脂肪も付いてしまうのです。

見た目も年老いてしまいます。ストレッチをして強張った僧帽筋を柔らかくしたり、背中の僧帽筋を意識しながら顎を引いて首を伸ばしたりなどして、正しい姿勢をキープしましょう。

パソコンやスマートフォンを操作するときも正しい姿勢をキープすることが理想ですが、操作が長時間に及んでしまったら、区切りを決めて、ストレッチや椅子から立ち上がり歩くなどする時間をつくってみてください。

サイズ違いや形の合わないブラジャーの着用は貧乳の原因です


ブラジャーを購入するとき、その都度バストサイズを測定して、合ったサイズのブラジャーを購入できているでしょうか。体重が変わらない、イコール体形が変わらない、というわけではありません。

年齢を重ねるごとに、バストの形やサイズは変わります。バストにも加齢変化があるのです。

加齢とともに下垂していきます。サイズが一致しているというだけで、ブラジャーを選んではいけません。

ブラジャーはサイズ、バージスライン、体型、形という4つのポイントを踏まえて選びましょう。これはご自身で測定するのは難しいですね。

ぜひブラジャー売り場で店員の方に測定してもらいましょう。そして、試着を必ず行ってください。

ブラジャーの正しいつけ方は、ストラップを肩に掛けたら上半身を前傾してバージスラインにワイヤーを合わせます。バストをカップに収めたらホックを留め、片方ずつバスト周辺までカップに収めていきます。

体を起こしてストラップを調整し、背面側を前面側より低めにすれば完了です。正しいつけ方で試着をしたら、体を左右にひねったり腕を上下に動かしたりして、ブラジャーがバストをしっかり支えているか、締め付けられているところはないか、動いてもブラジャーは快適な位置にあるかを確認しましょう。

これをクリアできれば、背中や脇にバストが流れてしまうことはなく、締め付けで血行不良になりホルモンが体内を巡らないということも防ぐことができます。

(まとめ)貧乳には原因がありますか?

1. 貧乳の原因は、遺伝とは限りません

大きくならない原因として考えられるのは、「遺伝」と「思春期に受けるストレス」です。遺伝は、貧乳の原因として考えられる全体の3割程度だといわれます。

残りの約7割は、思春期に受けるストレスが占めています。

2. 生活習慣の乱れは貧乳の原因です

貧乳の原因となる生活習慣の乱れには、「食生活の乱れ」「ストレス」「冷え」「睡眠不足」「タバコ」などさまざまなものがあります。生活習慣の乱れは、バストの大きさを左右する女性ホルモンの働きを阻害します。

3. 痩せすぎは貧乳の原因です

バストは脂肪が約9割、乳腺が約1割という構成になっています。また、痩せている人は明らかに全身の脂肪が少ないですから、比例してバストの脂肪も少ないものです。

バストアップしたいなら、乳腺を発達させることとともに、脂肪も増やしましょう。

4. 悪い姿勢は貧乳の原因です

バストアップを妨げる姿勢として、巻き肩や猫背などが挙げられます。巻き肩や猫背は、血流が悪くなり、バストが垂れるだけでなく、顔のゆがみやポッコリお腹の原因にもなります。

5. サイズ違いや形の合わないブラジャーの着用は貧乳の原因です

年齢を重ねるごとに、バストの形やサイズは変わります。正しいつけ方をマスターして、試着を必ず行い、ブラジャーがバストをしっかり支えているか確認しましょう。

試着したら、体を左右にひねり腕を上下に動かしたりして、動いてもブラジャーは快適な位置にあるかを確認しましょう。

著者情報

佐藤 由加里
プロフィール:バストアップ専門エステサロン「p-Grandi」チーフエステティシャン。アーユルヴェーダに基づいた浄化法マッサージ、医療脱毛・医療痩身・美肌・フェイシャルなどの知識、加圧トレーニングを用いた総合痩身エステの施術などを習得したバストアップの専門家。
⇒プロフィールはこちら