バストが垂れる原因は日常生活や、出産、体質などいろいろあります


バストが垂れる原因はクーパー靱帯や皮膚の伸びだといわれています。

また身体のめぐりが悪い人や猫背、ホルモンバランスが乱れている人も要注意です。

ケアするにはバストへの負担を避けて、身体を温めるようにしましょう。

また自分のバストに合ったブラを使うことも大切です。

マッサージやエクササイズも取り入れてバストをケアしましょう。

バストが垂れてしまうことには原因があります

形が良いバストは同性からも憧れの対象です。

しかし、気が付くと垂れてきたなんて声も聞こえてきます。

年だから仕方ないなんて考えてしまうのは言い訳かもしれません。

バストが垂れるには理由があります。

クーパー靱帯の伸び

バストはクーパー靱帯と脂肪、乳腺によって構成されています。

クーパー靱帯はバストの中に張り巡らさせていて、土台となる大胸筋を他の脂肪などの組織をつないでいます。

バストを形作るクーパー靱帯が伸びることで切れてしまったり、伸びて戻らなくなったりすることでバストが垂れる原因になります。

ホルモンバランス

バストのハリを保つためにはホルモンバランスが重要です。

特に女性ホルモンは乳腺を発達させるために欠かせません。

加齢や生活の乱れでホルモンバランスが乱れることでバストが垂れることがあります。

身体のめぐり

肩こりや猫背が気になる人はバストも要注意です。

大胸筋の血流が滞り、栄養が届かなくなることで垂れを招いてしまいます。

間違った下着

サイズに合っていないブラは締め付けによってバストが潰れたり、組織にダメージを与えたりしてしまいます。

またバストの脂肪が背中などに流れることもあるでしょう。

努力次第でバストが垂れにくくなると考えられます


バストは努力次第である程度垂れないようにすることができると言われています。

バストを垂れさせないためにはどのようなことに気をつければいいのでしょうか。

正しいサイズのブラをつける

クーパー靱帯や皮膚を伸びないようにして、脂肪をバストの形に整えるにはブラの存在が重要です。

プロに採寸してもらって正しいサイズのブラをつけるようにしましょう。

また体重の増減に合わせてこまめにサイズを調べてください。

姿勢を良くする

猫背だと胸が垂れやすくなるため、背筋を引いて良い姿勢を心がけます。

また血行が悪いという人は、半身浴など代謝を良くする習慣を取り入れましょう。

マッサージを行う

バストの垂れやハリを取り戻すためには、バストのマッサージを行うことも効果的です。

正しくマッサージを行うことで、リンパの流れを改善する効果やバストアップの効果を期待することも出来るとされています。

育乳マッサージを行っている専門のエステサロンなどを利用するのも良いでしょう。

バストのエクササイズを取り入れる

バストの土台となる大胸筋を鍛えることでバストの垂れを防止する効果があると言われています。

両手の平を身体の前で強く押し合わせるだけでも大胸筋は鍛えられると考えられます。

こまめに生活の中に取り入れましょう。

産前産後のケアに注意

産前と産後はバストサイズが大きく変わり、クーパー靱帯と皮膚が伸びやすくなります。

ブラのサイズはこまめにチェックして、必ずサイズに合ったものを身につけましょう。

ナイトブラを使って就寝中も垂れないようにしましょう

日常生活を見直したつもりでも、意外と盲点なのが睡眠時です。

寝ているときの姿勢もバストが垂れる原因になります。

うつぶせのままで寝ると、体重でバストを潰すことになってバストの形が崩れます。

また、横向きで寝るとバストが横に流れるためたるみができやすくなると考えられているのです。

苦しいから寝ているときはブラをつけないという人もいるかもしれません。

しかし、睡眠時間がおよそ8時間と考えると、一日のうち8時間もバストが垂れやすい状態にしているということになってしまうのです。

寝ている間もバストを美しく保つにはナイトブラを使いましょう。

日中につけているブラはバストを支えるとともに、美しく見せる補整力があります。

そのまま寝ているときに使うと締め付けが強く、リラックスして眠ることはできません。

ナイトブラは寝ている状態を考慮して締め付けにくく、バストを全体でサポートするように作られています。

今まで寝ているときにブラをつけていなかったという人も、ナイトブラデビューを検討しましょう。

(まとめ)どうしてバストが垂れるの?

1.バストが垂れる原因は日常生活や、出産、体質などいろいろあります

バストはクーパー靱帯の伸びやホルモンバランスの変化で垂れることがあります。

また、姿勢が悪い人はバストに栄養が生きにくくなると言われています。

姿勢を正して規則正しい生活を送ることがバストケアになります。

2.バストが垂れてしまうことには原因があります

バストのクーパー靱帯の伸びやホルモンバランスの乱れによって起きることがあります。

また猫背などを原因とした血流の悪化やあっていない下着も垂れの原因です。

日常の中で垂れの原因となる行動がないか見直してみましょう。

3.努力次第でバストが垂れにくくなると考えられます

バストを垂れにくくするには、日常生活での心がけが大切です。

バストに合ったブラをつけて、猫背にならないようにしましょう。

また冷えて代謝が悪くなるとバストに栄養が行き渡らなくなります。

マッサージやエクササイズも取り入れてバストをケアしましょう。

4.ナイトブラを使って就寝中も垂れないようにしましょう

一日のうち多くの時間を人は寝て過ごします。

寝る姿勢によってはバストに負担をかけ、バストが垂れる原因になると言われています。

就寝中のバストをケアするには専用のナイトブラを使いましょう。