バストサイズは完全に遺伝するわけではなく生活習慣の方が影響しています


親など血縁者のバストサイズがそのまま同じように遺伝するとは限らず、むしろ普段の生活習慣の方が影響を与えています。

一緒に暮らしている親とバストサイズが似てくるかもしれませんが、これは似たような生活習慣で暮らしているからと考えられます。

そしてバストに合った下着を着けることもポイントで締め付けると育乳を妨げたり大きすぎると形を崩したりする可能性があります。

ほかにはプロの施術によりバストアップやきれいな形へ導く方法もおすすめです。

身体の成長は生活習慣の影響を受けることが多いです

身体は遺伝子によってあらゆる要素が決められていますが、遺伝情報の中には持っていても発現しないものもあります。

例えば高身長の遺伝子が親から遺伝したにも関わらず、発現しなかったためにあまり身長が伸びなかったというケースなどは代表的です。

また、その逆もしかりで、親では発現せず遺伝した子どもで発現する場合もあることから、バストサイズも遺伝によって全てが決まってしまうわけではありません。

数字にして表すと遺伝による決定は約30%と言われています。

ですから、バストアップは日常生活の過ごし方を改善することでも、叶えることができると考えられるでしょう。

女性ホルモンの分泌を整える

では、どのような生活をするとバストアップに役立つのでしょうか。

まずは、規則正しい生活がポイントです。

夜更かしをせず十分な睡眠を取ることや、決まった時間に食事を取るなど健康的な生活を送ると、女性ホルモンのバランスは整いやすくなります。

女性ホルモンの分泌がスムーズになると身体の調子が整ってくるので、バストをはじめとしたボディバランスが健康的になることが期待できるでしょう。

バストに合った下着を着けて育乳を妨げないようにしましょう


毎日身につけるブラジャーがバストに合っていないと、育乳を妨げたり形が崩れてしまったりする可能性があります。

そのため正しくサイズを測って身体にあったブラジャーを着けましょう。

ショップスタッフに測ってもらうこともできますが、ご自分で計測することもできるのでその場合は次の測り方を参考にしてみてください。

正しいバストの測り方

ブラジャーはカップサイズで表示されているため、トップバストとアンダーバストのサイズを測りましょう。

トップバストはバストの一番高い部分で、測る時はバストを持ち上げるようにし、アンダーバストはバストのふくらみのすぐ下の部分で、鏡に映しながらメジャーが水平になっていることを確認して測ります。

最後にトップバストからアンダーバストを引くをカップサイズがわかります。

ここで測ったサイズとしっかり同じブラジャーを選ばないといけないわけではなく、着用感によってサイズを調整することもでき、ストレスを感じずに身につけられるブラジャー選びがポイントです。

サイズや形が気になる時はプロの施術を受けてみましょう

バストアップを目指してご自分で取り組むことのできる方法はいろいろとありますが、より積極的に育乳を行いたいとお考えであればプロの施術を受けてみてはいかがでしょうか。

オールハンドマッサージの施術を行うサロンであれば、初めて育乳のケアを受ける方でも安心して出かけることができます。

また、育乳のためのマッサージと言うと、バストをほぐすイメージをお持ちの方も少なくありませんが、バストに限らず背中や二の腕、脇の下までマッサージをすることでリンパの流れをスムーズにし、固まったお肉を胸へ移動させていきます。

しかも背中などがほぐされることにより、育乳だけではなく肩こり解消も期待できるメリットのある施術です。

忙しい毎日を過ごす女性は肩こりに悩まされている方も多いので、バストアップだけでなく肩こりも改善されることでストレスが軽くなるという期待も持てます。

実際にサロンへ出かけてみようとお考えの場合、予約制を取っているところがおすすめです。

ホームページなどにメールでの予約問い合わせフォームが用意されているサロンは、普段忙しい女性にとっても良心的と言えるのではないでしょうか。

(まとめ)バストサイズは遺伝するものなの?

1.バストサイズは完全に遺伝するわけではなく生活習慣の方が影響しています

バストサイズが決まる原因は遺伝だけではなく、生活習慣の方が大きな影響を与えています。

そのため女性ホルモンの分泌をスムーズにする規則正しい生活を送り、バストに合う下着を着けましょう。

積極的にバストアップをしたい時はプロに相談してみましょう。

2.身体の成長は生活習慣の影響を受けることが多いです

バストサイズが遺伝で決まる割合は約30%で、ほとんどが毎日の生活習慣の影響を受けて決まると言われています。

そのため規則正しく健康的な生活をして女性ホルモンのバランスを整えましょう。

3.バストに合った下着を着けて育乳を妨げないようにしましょう

バストに合わないブラジャーは育乳を妨げる、形が崩れるなどの影響が出る恐れがあります。

そのためトップバストとアンダーバストを正しく測って、ご自分のバストに合ったブラジャーを着用しましょう。

4.サイズや形が気になる時はプロの施術を受けてみましょう

バストアップやきれいな形を本格的に目指した時は、プロの手による施術を受けてみてはいかがでしょうか。

オールハンドマッサージのサロンなら安心してリラックスした状態で施術を受けやすくなりおすすめです。