断乳後の胸が垂れるのを改善する方法はブラジャーを着用することです


出産し授乳を行うとバストは徐々に大きくなりますが、断乳を行うことによって、バストは小さくなっていくのです。一度大きくなったことで皮膚やクーパー靱帯は伸びたままの状態になっています。

さらに授乳中は、前屈みの姿勢をとることが多く、ブラジャーも締め付けが少ないタイプのものを使用していることが多いです。その結果としてバストが垂れやすくなると言われています。

バストが垂れることを予防し改善するためには、しっかりとブラジャーを着用することが大切です。

断乳後は早くブラジャーを変更しましょう

出産や授乳中には、女性ホルモンの1つであるプロラクチンが多く分泌されています。このプロラクチンによって母乳ができ、乳腺が膨らみバストが大きくなるのです。

しかし断乳することでプロラクチンは必要なくなるため、乳腺が小さくなっていきます。その結果としてバストが小さくなり垂れやすくなると言われています。

バストが垂れる要因として、まず皮膚やクーパー靱帯の伸びも関係しています。クーパー靱帯は一度伸びきってしまうと元に戻ることはありません。

バストが大きくなることで、皮膚やクーパー靱帯は伸びてしまいます。そのため急激なバストの変化によって、バストが垂れやすい状態に陥ってしまうのです。

また授乳時の前屈みの姿勢や締め付けのない授乳用のブラを身につけることも、バストが垂れる要因と考えられています。とくにブラの場合、バストを正しいポジションに保つ役割があります。

授乳用のブラには、バストの固定力が少ない作りになっている商品が多くあります。そのため断乳後も授乳時と同じブラを身に着けているとバストが垂れやすくなってしまうのです。

断乳後は、バストのサイズなどに応じてブラを変更するようにしましょう。自分のバストにフィットしたブラを身につけることで、バストを正しいポジションに保つ効果が期待できます。

気がついたときに胸を張るように意識しましょう


授乳時の前屈みの姿勢を改善することも大切です。バストが急激に大きくなり、赤ちゃんを抱っこする機会も多くなるため肩が凝りやすくなります。

また授乳するために少し前屈みになる時間が増えていきます。その結果、断乳後も姿勢が崩れてしまい、背中が丸まったような姿勢になってしまうのです。

背中が丸くなると、バストを持ち上げる筋肉は働きにくくなると考えられています。またバストの血行不良を招く恐れもあります。

バストが垂れないようにするためにも、胸をしっかり張るように意識しましょう。気がついた時に背中を伸ばし、胸を張るとよいです。

またその際にバスト付近にある筋肉の運動を行うことで、バストを垂れにくくさせる効果が期待できます。手を合わせたポーズなど簡単な運動を取り入れるようにしましょう。

リンパの流れを改善するようにしましょう

断乳後は老廃物が溜まりやすくなり、リンパの流れが悪くなっていると言われています。リンパの流れを改善することで、不要なものを外に出す効果が期待できます。

さらにバストにとって必要となるホルモンや栄養素が運ばれやすくなると言われています。脇の下付近を痛気持ちいい程度の力加減で数秒押すようにリンパマッサージを行います。

また乳房付近のリンパマッサージは、ゆっくり優しく行うようにしましょう。ムリにリンパを流そうとすると、余計な力が入りバストが痛くなる可能性があります。

間違ったやり方や力加減によっては、クーパー靱帯を伸ばす恐れもあるため注意して行いましょう。リンパの流れを改善する方法として、バスト専門のサロンに通う選択肢もあります。

専用のサロンでは、断乳後のバストの状態に応じてリンパマッサージや育乳マッサージを行うことができます。プロのマッサージを行うことで、バストアップなどの効果も期待できるでしょう。

また断乳後のバストの悩み相談を行うことができ、正しい知識のもとで指導を受けることができます。何か不安がある場合には、相談してみてはいかがでしょうか。

(まとめ)断乳後の胸が垂れるのを改善できるの?

1.断乳後の胸が垂れるのを改善する方法はブラジャーを着用することです

出産などが原因で、一度大きくなることで皮膚やクーパー靱帯は伸びたままの状態になっています。また授乳時の前屈みの姿勢や締め付けのないブラジャーなどが原因でバストは垂れる場合があります。

しっかりとブラジャーを身につけるようにしましょう。

2.断乳後は早くブラジャーを変更しましょう

出産や授乳中はプロラクチンの影響でバストが大きくなります。断乳後は乳腺が小さくなるため、バストも小さくなり垂れやすくなります。

断乳後は、バストの状態に合わせてブラを身につけるようにしましょう。

3.気がついたときに胸を張るように意識しましょう

授乳時の前屈みの姿勢を改善するようにしましょう。毎日気がついたときに、背中を伸ばし、胸を張るように意識してください。

大胸筋のエクササイズを摂り入れることで、バストを垂れにくくする効果が期待できます。

4.リンパの流れを改善するようにしましょう

リンパの流れを改善させることで老廃物が外に出て、必要なホルモンや栄養素が運ばれやすくなるでしょう。間違ったやり方や力加減で行うと、クーパー靱帯を傷つける恐れがあります。