産後のバストアップ方法は育乳マッサージがおすすめです


産後のバストアップには、オールハンドで行う育乳マッサージが効果的です。専用サロンで受けられるマッサージは、安全でより効率よくバストアップが目指せます。

また産後のバストの下垂やボリュームダウンは、女性ホルモンの減少やバストを支えるクーパー靱帯へのダメージなどが原因です。サイズの合った機能性の高いブラの着用や、バストを育てる栄養素を含む食事の摂取なども、産後のバストアップ方法の1つです。

プロによるハンドマッサージなら効率よくバストアップが目指せます

産後のとくに授乳期間を終え、卒乳すると一気にバストは小さくなり、下垂や形崩れが起こりやすくなります。産後のバストアップ方法には色々ありますが、プロの手によるハンドマッサージを受けるのも効果的です。

セルフマッサージは手軽にできますが、力加減ややり方を誤るとバストを支えるクーパー靱帯を傷めるリスクもあります。専門的な知識と技術を持った方のマッサージなら、安全で効率よくバストアップが目指せます。

さらに背中や脇に流れた脂肪をしっかりバストの方へと戻し、リンパや血液の流れもスムーズにするなどさまざまな効果が期待できるのです。また自分でできる大胸筋を鍛えるエクササイズもよいでしょう。

大胸筋はバストの土台となる大事な筋肉ですが、産後の急激なバストサイズの変化に対応しきれず、衰えやすいものです。膝をついてまま行う腕立て伏せを、大胸筋強化におすすめします。

床に四つん這いになり、肘を伸ばしたり曲げたりして行います。ムリのない回数から始め、徐々に増やしていきましょう。

産後バストのボリュームダウンは女性ホルモン分泌量の減少などが原因です


産後にバストが小さくなったり、下垂したりすることにはいくつか原因があります。まず妊娠中はお腹の赤ちゃんを育てるために、授乳期は乳腺を発達させて母乳を作るため、女性ホルモン分泌量が増加します。

するとバストが急激に大きくなりますが、母乳を与えなくなる卒乳を迎えると、女性ホルモンの分泌量が減り、一気にバストが萎むのです。さらにバストが大きくなるとそれに伴って皮膚も伸びます。

伸びてしまった皮膚は戻らず、そのままになるので、余った皮膚の重みがバストの下垂を招くのです。またバストを支えるクーパー靱帯という繊維組織が脂肪や乳腺を引っ張って大胸筋に固定しています。

しかしバストの急激なサイズアップでクーパー靱帯が強く引っ張られて伸び切ったリ、切れてしまうことがあります。一度切れる、または伸びてしまうと再生できないため、バストは支えを失い下垂や形崩れを起こすのです。

そして赤ちゃんを抱きかかえたまま授乳するので、乳首が下に引っ張られた状態が続くのも、バストが下を向く原因にもなります。

バストアップによい食事やサイズの合ったブラの着用も効果的です

産後のバストアップを目指すには、機能性に優れサイズの合ったブラを付けるのも大事です。授乳期間中は、バストを締め付けすぎないように授乳専用ブラを着用しましょう。

授乳期間が終わると、バストが形崩れ、下垂しやすいためきちんとサイズを計測して、新しいものを揃えたほうがよいでしょう。その際にバストをしっかり支え、ホールド力の高い機能性ブラを選ぶのがおすすめです。

そして食事でもバストアップによい栄養素を含んだ食品を取り入れ、3食バランスよく食べることも大事です。乳腺の発達を促す女性ホルモンに似た作用のある大豆イソフラボンを含んだ、豆腐や味噌、納豆などの大豆製品を取り入れましょう。

さらに女性ホルモンの分泌を促すタンパク質は、鶏ささみやヒレ肉、乳製品や卵に多く含まれます。タンパク質と結合し、粘膜を作ってバストにハリをもたらすビタミンAも必要です。

にんじんやほうれん草、レバーやイカなどに多く含まれています。他にも、血行を良くして乳腺の発達を促すビタミンEは、ゴマやピーナッツ、大豆油などに豊富に含有されています。

(まとめ)産後にバストアップする方法とは?

1.産後のバストアップ方法は育乳マッサージがおすすめです

産後はバストが下垂しやすいので、プロのハンドテクニックを駆使した育乳マッサージでバストアップを図りましょう。

さらにサイズのぴったり合うバストを支える機能に優れたブラを着けることや、バストによい食生活に改善することも、バストアップにつながるのです。

2.プロによるハンドマッサージなら効率よくバストアップが目指せます

産後のバストアップには、専門技術を持つプロのよるハンドマッサージを受けると有効だとされています。

さらにバストの土台となる大胸筋強化には、膝をついたまま行う腕立て伏せなどのエクササイズがおすすめです。

3.産後バストのボリュームダウンは女性ホルモン分泌量の減少などが原因です

産後にバストが小さくなり、下垂するのは乳腺の発達を促す女性ホルモンの減少などが原因です。

さらにバストを支えるクーパー靱帯や皮膚が伸び切って戻らない、授乳時に赤ちゃんが下向きに乳首を引っ張る事なども要因とされています。

4.バストアップによい食事やサイズの合ったブラの着用も効果的です

産後にバストアップを図るには、バストをしっかり支えるサイズの合ったブラを着用することが大事です。

また大豆イソフラボンやたんぱく質、ビタミンAなどバストによい栄養素を含んだ食品を食事に取り入れるようにしましょう。