産後のバストを維持するには育乳マッサージやジャストサイズのブラの着用などが必要です


産後は女性ホルモンの影響でバストが急激に大きくなり、授乳期を終えると逆に小さくなり、下垂し始めます。産後もバストのボリュームや形を維持するには、リンパの流れを促し、乳腺を発達させる育乳マッサージが効果的です。

さらにバストを根元から支える大胸筋強化のエクササイズ、機能性に優れサイズがぴったり合うブラの着用などもおすすめです。

また食事面でもコラーゲンやたんぱく質、大豆イソフラボンなどバストアップによい栄養素を含んだ食品を取り入れていきましょう。

大胸筋強化のエクササイズや育乳マッサージの継続がバスト維持につながります

産後は女性ホルモンの作用で乳腺が発達し母乳を作りだすので、バストは大きくなります。

しかし授乳期を終えると女性ホルモンの分泌量も減り、乳腺が退化して急激にバストが小さくなったり、下垂したりし始めます。

産後のバストのボリュームを維持するためには、早めに対策をとっておく必要があります。まず、大胸筋を鍛えるためのエクササイズを行いましょう。

大胸筋はバストを根元からしっかり支えますが、加齢とともに弱まってしまいます。膝を床につけたままでの腕立て伏せは、大胸筋に効くのでムリのない範囲で行い、徐々に回数を増やしていきましょう。

さらにバストの前で両手を合わせて肘は曲げ、両掌を押しあう合掌のポーズも取り入れてみましょう。また専用サロンで受けられるオールハンド育乳マッサージも、バストアップに有効だとされています。

背中や二の腕のリンパを流して老廃物を排出し、脂肪をバストへとより戻して形を整える施術を受けられます。育乳マッサージは、授乳期を終えてから始め、継続させることでバスト維持につながるでしょう。

バストに合ったブラを選び、常に着用することも大事です


産後のバストは、妊娠前とはサイズや形が違ってくる場合がほとんどなので、以前と同じブラではバストに合わない可能性があります。

もう一度バストをきちんと計測して、自分のバストサイズを知り、ジャストサイズのブラを選ぶことが大事です。

授乳中の締めつけが少ないブラを授乳期間後も続けて使用すると、バストの下垂につながります。バストをしっかり支え、カバーする機能性が高いワイヤー入りのものを選びましょう。

ノンワイヤーでインナーにカップがついたタイプやノーブラは楽ですが、バストの脂肪が脇やお腹、背中へと流れ、形崩れの原因となるのでおすすめできません。

寝る時も専用のナイトブラ、運動時はスポーツブラというようにその時に合ったブラを常につけることが大事です。

授乳時に前屈みになって授乳すると、赤ちゃんが乳首を引下へと引っ張るのでバストが垂れやすくなります。

授乳クッションを使って、できるだけバストと赤ちゃんを近づけたり、下へ乳首を引っ張らせたりしないように気をつけましょう。

バストの維持によいとされる栄養素を食事に取り入れましょう

産後のバスト維持には、食生活での見直しも必要となってきます。バストはクーパー靱帯という繊維組織で乳腺や脂肪を引っ張り、支えています。

クーパー靱帯は主にコラーゲンでできていますが、加齢とともに減少していくのです。そのためコラーゲンを多く含む鶏の手羽元や牛すじ、鮭やうなぎなどを食事に取り入れましょう。

さらに乳腺を活性化させる女性ホルモンと似た作用のある大豆イソフラボンも摂取しておきたい栄養素です。納豆や豆腐などの大豆製品に含まれます。

鶏ささみ・卵・マグロなどに含まれるたんぱく質も、女性ホルモンの材料となります。タンパク質と結びついてバストに張りをもたらすビタミンAや、血流を促し乳腺の発達をサポートするビタミンEもバストアップに欠かせない栄養素です。

ビタミンAは、レバー・にんじん・イカなどに、ビタミンEは、ごま・アーモンドなどのナッツ類や植物性油に多く含まれています。3食バランスよくきちんと食事が摂れるように献立を工夫してみましょう。

(まとめ)産後もバストを維持するにはどうしたらいいのか?

1.産後のバストを維持するには育乳マッサージやジャストサイズのブラの着用などが必要です。

産後もバストのボリュームなど維持するには、ハンドテクニックを駆使した育乳マッサージや大胸筋を鍛えるエクササイズなどがよいとされています。

またバストをしっかり寄せて支える、サイズの合ったブラの着用も効果的です。

2.大胸筋強化のエクササイズや育乳マッサージの継続がバスト維持につながります

産後のサイズアップしたバストを維持するには、大胸筋を鍛えるエクササイズを習慣化させることが大事です。

授乳期を終えると、バストは急激に下垂やボリュームダウンを始めるので、プロによる育乳マッサージを受けることもおすすめします。

3.バストに合ったブラを選び、常に着用することも大事です

産後のバストはこれまでとはサイズや形なども違うので、新たにサイズを計測し、ジャストサイズのブラを選び直すことも大事です。

またバストを下や斜め方向からきちんと支える、ワイヤー入りのブラがバストアップにはおすすめです。

4.バストの維持によいとされる栄養素を食事に取り入れましょう

バストを支えるクーパー靱帯は、コラーゲンでできています。クーパー靱帯強化のためにっもコラーゲンを含む食品を食事に取り入れましょう。

また大豆イソフラボンやたんぱく質、ビタミンAやEなどの栄養素も積極的に摂取しましょう。