バストにシミができるのは、紫外線・ニキビ・摩擦などが原因とされています


バストのシミは、紫外線によるメラニンの生成や肌のターンオーバーの乱れなどが原因とされています。さらにバストは汗をかきやすく、ニキビができて悪化すると赤黒い跡が残ることもあるのです。

またネックレスや下着の跡がかゆくなり、ひっかくことでメラニンの生成を促し、シミになることもあります。他にも癜風という皮膚病も要因の1つとされています。

紫外線やニキビ跡もバストのシミになりやすいと言われています

バストも顔や腕と同じように、紫外線を浴びるとシミになりやすくなります。紫外線が肌細胞に刺激を与えると、メラニンが生成されてどんどんたまるとやがて色素が沈着し、シミができるのです。

バストは服で隠れているので、問題ないと思われがちですしかし、昔に比べると紫外線の放射量が増えており、紫外線は多少なりとも服を通過します。

またとくに夏はデコルテが露出するデザインの服を着る方も多く、日焼け止めを塗り忘れてしまうこともあるでしょう。

メラニンは肌のターンオーバーが正常であれば、角質として肌の表面から剥がれおちます。しかしターンオーバーが乱れるとシミになりやすいので要注意です。

バストは汗腺が多く、体の中でも汗をよくかく部位でもあります。女性ホルモンバランスが乱れると、皮脂の分泌量も増えます。

谷間に汗が溜まってニキビができやすいとも言われています。ニキビは、放置しても自然に治れば跡も残りにくいでしょう。

しかし悪化して炎症を起こして真皮が傷つき、毛細血管が壊れて血液成分であるヘモグロビンの色素が肌に残り、気づくと赤黒いシミになってしまうこともあります。

バストへの摩擦や皮膚病もバストのシミの原因とされています


日常生活の中で、何気ないバストへの摩擦などもシミの原因となる場合があります。バストが汗をかいて蒸れたり、下着の紐が締め付けにより跡になったり、さらに、ネックレスなどがデコルテに擦れるとかゆみが生じやすくなります。

かゆくなると、つい爪でひっかいて傷になり、紫外線と同様外部からの刺激により活発化するメラニンの生成量が増えて、色素沈着が起こりやすくなるのです。また癜風(でんぷう)という皮膚病も原因の1つとされています。

癜風は、皮膚の常在菌でもある癜風菌が皮脂量の増加などが原因で繁殖し、黒っぽいシミとなって現れるのです。患部は乾燥しやすく、痒みを伴うことがあり広範囲に広がることもあれば、ぶつぶつと小さな斑点ができることもあります。

癜風は放置しても治らないので、皮膚科を受診して抗真菌薬を処方してもらい、薬を塗布することで徐々に消失していきます。

ただ癜風菌は常在菌であるため、条件が整えば再発しやすいので、汗をこまめに拭くなど肌を清潔に保つことが大事です。

規則正しい生活や日焼け防止などがバストのシミ対策となります

バストのシミ対策としては、生成されたメラニン色素を沈着させないように肌のターンオーバーを正常化させる生活を心がけましょう。

まず夜は早めに寝て早起きする、規則正しい生活と質のよい睡眠が大事です。

バストに汗が溜まらないように通気性のよい下着に変えたり、こまめに服を着替えたりするなど肌を清潔に保ちましょう。またかゆくても擦らない、入浴時にスポンジやタオルで強く擦らないなど肌に刺激を与えないようにするとよいです。

そして外出時は顔や首だけでなく、デコルテまで広範囲に日焼け止めを塗る、UVカットのインナーを着るなどバストの紫外線対策にも心がけましょう。

他にも、シミの原因となるメラニンの生成を抑えたり、シミを薄くしたりする効果のある顔用美白クリームを塗るのも1つの手です。

また一度できてしまったシミをキレイにするのは難しいので、セルフケアよりも皮膚科を受診した方がよいでしょう。皮膚科では角質を剥がして新しい肌に生まれ変わらせるピーリングや、シミを除去するレーザー治療など専門的な方法があります。

(まとめ)バストにシミができるのはなぜ?

1.バストにシミができるのは、紫外線・ニキビ・摩擦などが原因とされています

バストにシミができるのは、紫外線を浴びたことによるメラニンの影響やニキビ跡などが原因と考えられます。

下着の締め付け跡など肌に刺激を受けると痒みを生じ、掻くことでシミになったり、癜風という皮膚病が要因の1つともされています。

2.紫外線やニキビ跡もバストのシミになりやすいと言われています

バストも紫外線を浴びると、メラニンが生成されて肌のターンオーバーが乱れるとシミを作る原因となります。

さらにバストは汗をかきやすく、ニキビができた際に悪化すると跡が残って赤黒いシミになることもあります。

3.バストへの摩擦や皮膚病もバストのシミの原因とされています

生活の中で、下着による締め付けやネックレスなどの擦れにより、痒みを感じて掻くことで、色素沈着が起きてシミになることもあります。

さらに癜風という皮膚炎を発症すると黒っぽく痒みを伴うシミができる原因となります。

4.規則正しい生活や日焼け防止などがバストのシミ対策となります

バストのシミ対策は肌のターンオーバーを正常化させるために規則正しい生活を送り、十分な睡眠を取ることが大事です。

バストを清潔に保ち、紫外線から肌を守るためにUVカットのインナーを着る、日焼け止めをデコルテに塗るなども怠らないようにしましょう。