バストマッサージは40代にも効果があります


バストが垂れてきたり、ハリがなくなってきたり、加齢とともに悩みは増えていきますね。

しかし歳だから……と諦めるのはまだ早いですよ!下垂の原因は加齢によるものだけではないのです。

女性ホルモンの減少が大きく関係していて、乳腺の活性度合いもこの女性ホルモンの分泌量により変化が。

バストの下垂は30代後半辺りから気になり始めるのではないでしょうか。これは女性ホルモンの分泌ピークが30代前後と言われているからなのです。

若い時は肌艶も良く、ハリもあり、まるでそれがいつまでも続くかと思わせるようなパワーがありますね。しかし年齢を重ねるたびにそのパワーは続かず下降して加齢による体の変化に伴い、バストも型崩れしていきます。

そこで取り入れたいのがバストマッサージ。大胸筋を鍛えることにより年齢に関係なく、バストアップに導くことができます。

すぐに効果が出るものではなく、継続がカギとなりますので簡単なものから、ながらでできるマッサージを続けていきましょう。

バストマッサージはどの年代にも効果的です

加齢による下垂やハリを無くしてしまったバストを効果的にアップさせるには、マッサージが効果的です。

乳腺組織は20代になると減少し始めて40代では50%ほどになりますが、なくなるわけではありません。9割脂肪でできているバストは乳腺組織が減るにしたがって、垂れやすくなってくるのです。

しかしマッサージで血行を促進して老廃物をデトックスすることでバストアップを促せます。乳腺を刺激するとボリュームとハリも出ますので、美しいバストに。

継続が大事なものとなりますので、日々続けて行うことで効果が発揮されます。簡単なものでも十分効果が期待できるので、入浴中やお風呂上りに習慣付けることがバストアップへの近道になるのです。

ところでバストマッサージは「下から上へ」・「外から内へ」行うことが基本ですが、大胸筋と小胸筋がバストの脂肪の奥にあるのですがご存じでしょうか。ここをほぐすことで下垂防止に繋がるのです。

猫背の解消にも繋がるマッサージなので、姿勢を気にしている方にもおすすめ。やり方はとても簡単で、すぐに実践できます。

まず鎖骨下の付け根に手を置き、円を描くようにマッサージをします。この時も下から上に回すように行うのがコツです。

何回か行ったら今度は手を握り、こぶしで同じ場所をぐりぐりとマッサージしてみましょう。

左右、順番に行ってください。痛みが出るほど強くするのは逆効果ですので、コリをほぐすように行うのがポイントです。

テレビを見ながらでも、座りっぱなしで疲れた時などでも、すぐにできますので日常に取り入れてみてください。

毎日、行うことでバストアップが期待できるものなので継続していきましょう。

プロにマッサージをしてもらうこともできます


血行促進のためのバストマッサージをセルフケアでできますが「効果が得られない」、「やり方が合っているかどうかわからない」と思う方もいるのではないでしょうか。

力加減が分からず痛みがあったり、ツボのポイントがずれていたり、ということはありませんか?

結局、続けられなくてやめてしまった、という方も多いですね。そんな時はプロのエステシャンによるバストマッサージがおすすめです。

ではプロに頼むとどんなよいことがあるのでしょうか?セルフケアで行う場合はどうしても、左右の力加減に偏りが出ます。

利き手ではない手で行うと、やりにくさを感じたり、向きが難しくうまくできなかったりということも。また余計な力が入り過ぎて負担を与えてしまいますね。

その点プロによる施術は効率良く血行を促進してくれて、リンパの流れを整えてくれます。人の手に委ねることにより、気分もリフレッシュしてリラックス効果も得られるのです。

なかなか自分ではできない背中やわき腹などの施術も受けることができ一石二鳥。

このようによいこと尽くめのバストマッサージですがプロに依頼するということは、お店に通わなければいけない、費用がかかる、という問題が出てきます。

たしかに自宅でのセルフケアは手軽で費用がかからないのがメリットです。しかしプロのバストマッサージはセルフでは補えないケアをしてもらえるので、費用に見合った満足感を得ることができます。

悩みも解消でき、美しいバストを手に入れられる最適なメニューが揃っているバストエステで、バストアップを叶えましょう。

また専門家の豊富な知識によるアドバイスを受けることもできるので、セルフケアをレベルアップさせることも。セルフバストマッサージに疑問を感じたら、プロの手を借りることをおすすめします。

ツボ押しとリンパでホルモンの分泌を促しましょう


「リンパの流れを良くする」とよく聞きますがリンパとは一体、何でしょうか。リンパ管と呼ばれる管とその中を流れるリンパ液が体の中にあります。

このリンパ管は網の目のように張り巡らされていて、老廃物などを体外へ排出する機能があるのですが、流れが悪くなると、余分な老廃物などが溜まってしまうのです。

バスト周辺にはリンパ管が多くありますので、マッサージで流れを改善することができます。

そして腋窩(えきか)リンパ節と呼ばれる、胸の外側から脇の下のくぼみ辺りにはリンパ管があり、とくにこの腋窩リンパ節を刺激すると女性ホルモンの分泌を促すことが可能です。

女性ホルモンの分泌が促されるとバストアップにも繋がりますので、マッサージの効果がより実感できますね。

マッサージをしながらツボ押しをするのもおすすめです。体にはツボがたくさんあります。その数、約360個!

もちろん、バスト周辺にもホルモン分泌を促すツボが存在しています。わかりやすいものに、「壇中(だんちゅう)」と呼ばれる、胸の真ん中に位置するツボがあります。

押すと、少々痛みを感じるかもしれませんが、脂肪が少ない場所のためなのでご安心をください。

みぞおちの上、指2~3本の場所です。そして「渕液(えんえき)」は脇下辺りにあり、リンパを刺激することができます。

乳頭から横に伸び、脇下で交わる辺りになるのでわかりやすいツボです。ゆっくりと親指でツボを押しますが1日1回でOKです。

すぐできるので続けやすいですね。マッサージと併用しながら押すのが効果的なので、お風呂上りや就寝前などにリラックスして行ってみましょう。

こちらも継続することが大事なので、ぜひ習慣付けてバストアップに役立ててください。

下着を見直してナイトブラを取り入れてみましょう

下垂が気になる方はまず、下着を見直してみませんか?体に合わない下着はバストの形が悪くなるだけではなく、体調不良も起こします。

とくに40代は柔らかさがバストに出てくる年代でもあるので、サイズの合ったものを身に着けましょう。

アンダーサイズとカップサイズを見て、自分のサイズを探すことと思いますが、必ず試着をしてください。「いつもこのサイズだから」と決めてしまうのはいけません。

ブラジャーのデザイン、機能で同じC70サイズでも、体にフィットするとは限らないのです。試着をして、カップにバストを納めたら、体を動かして合っているか確認してみましょう。

確認ポイントはいくつかありますが、ご自分で判断する場合は、バンザイをしてみてズレ上がったりしないかどうか。

体をひねった時にカップが浮いていたり、脇からバストがはみ出ていたりしたら、合っていないサインです。

またパットが直接キャミソールなどに取り付けられたブラトップなどはサポート力がありません。

楽だから、面倒だからと普段から着用していると下垂の原因になります。たしかにノンワイヤーで一枚着るだけのブラトップは締め付けがなくて楽ですね。

しかし40代の型崩れを起こしやすいバストには、やはりサポート力のあるブラジャーで揺れを押さえて、下垂防止をしましょう。

そして40代にぜひ取り入れて欲しいのがナイトブラです。「寝る時までブラジャーをしたくない」という方も多いとは思いますが、寝ている時も動きがあり、バストは無防備な状態に。

寝返りは無意識に行っているので、バストが柔らかくなる40代は、寝る時こそサポートが必要です。

ナイトブラを着用することでどんな動きをしてもきちんと守られて、横に流れる動きを止めることができます。

日中使用しているワイヤー入りのブラジャーでは締め付けもあり、ゆっくり休むことができませんね。

夜専用のナイトブラで快適な睡眠を手に入れることで、バストアップに導くことができるのです。

普段から着用していないので少しの違和感はありますが、締め付けを感じ、苦しさを感じる時は体に合っていません。我慢をしていると、逆効果になります。

サイズがワイヤー入りのものなどに比べ、緩やかではありますが小さ過ぎ、大き過ぎることのないよう、きちんと確認することも大事です。

(まとめ)バストマッサージで40代もバストアップできるの?

1. バストマッサージは40代にも効果があります

40代は女性ホルモンが減少してくる年代なので、大胸筋と小胸筋を鍛えることと、マッサージで女性ホルモンの分泌を促すことで効果が出ます。継続が大事なので、簡単なものから取り入れて習慣付けることでより効果を発揮します。

2. バストマッサージはどの年代にも効果的です

乳腺を刺激するバストマッサージはどの年代にも効果が出ます。乳腺組織が減ると下垂の原因を作ることになるので、マッサージで血行を促進してボリュームとハリを出すことができます。

すぐに効果が出るものではないので、継続が大事です。

3. プロにマッサージをしてもらうこともできます

セルフケアではなかなかできない、背中やわき腹の施術も受けることができます。リラックス効果もあり、金額に見合ったサービスで満足感も得られるので、とてもおすすめです。

専門家にアドバイスを受けることができるのでセルフケアもレベルアップできます。

4. ツボ押しとリンパでホルモンの分泌を促しましょう

マッサージを行う時にツボ押しを一緒にすることでリンパの流れを良くすることができます。女性ホルモンの分泌を促しバストアップをより効果的に行うことができるので、毎日ツボ押しをして、リンパの流れを改善していきましょう。

5. 下着を見直してナイトブラを取り入れてみましょう

合わない下着で体を締め付けることがないように、サイズの見直しが大事です。体に合わないと体調不良も引き起こすので、購入する際には必ず試着でサイズ確認をしましょう。

型崩れしやすい40代はナイトブラの着用でバストを守ることができます。