ホルモンバランスが整いバストアップすることがあります


生理不順の治療や経口避妊薬として用いられているピルですが、服用することでバストアップすることがあります。

これは、ピルがホルモンバランスの乱れを調整する働きをするからです。

ピルを服用することによって、エストロゲン・プロゲステロンという女性ホルモンが補われます。この2つの女性ホルモンは、バストの発達や形成に必要な成分です。

それらが少ないためにバストが小さめだという女性がいるのですが、そのような人はピルを服用することによってバストアップする可能性があります。ピルによってエストロゲンとプロゲステロンが補充されることで、乳腺の発達が促されます。

乳腺はエストロゲンとプロゲステロン両方の作用を受けて発達するもので、乳腺が発達すると脂肪も増え、バストが成長するのです。

しかしバストアップが目的でのピルの服用は、おすすめできるものではありません。ピルによって強い副作用がでることもありますし、必ずバストアップ効果が現れるわけではないからです。

ピルの飲み始めに副作用がでることがあります

ピルは妊娠しにくい状態をつくる

ピルは主に産婦人科で処方されていて、避妊薬として用いられることが多い薬です。ピルに含まれるプロゲステロンとエストロゲンによってホルモンバランスをコントロールし、望まない妊娠を避けることができます。

これは、ピルによって妊娠中と同じようなホルモンバランスをつくりだすことで、排卵が止まり、子宮頸管粘液が妊娠しにくい状態になるためです。

服用を中止すれば再び排卵が始まり、妊娠可能な状態になります。

ピルの副作用とは

ピルは含有するホルモン量の多いものから、高用量・中用量・低用量に分けられます。ホルモン量の多いもののほうが副作用は強い傾向にあり、現在では低用量ピルが主流となっています。

しかし低用量ピルなら、副作用が起こらないというわけではありません。個人差はありますが、副作用が強くでてしまうという人がいます。

ピルの副作用は飲み始めの時期にでることが多いようで、胃のむかつき・吐き気・不正出血などが挙げられます。

薬に体が慣れれば副作用はなくなりますが、数ヶ月経っても治まらない場合は、服用しているピルが体に合わないものの可能性が高いでしょう。

副作用が長期間続く、あるいは強い副作用で生活に支障が起こる、などという場合には、すぐに医師に相談をしてください。

副作用がでたからといって、ピルの服用を諦めることはありません。低用量のピルにも幾つかの種類がありますので、医師と相談しながら別のピルに変更してもらうなど、自分の体質に合ったものを探しましょう。

ピルには生理日をずらすという用途もあります

生理日をずらすという用途も

ピルが用いられるのは、経口避妊薬としてだけではありません。生理日をずらす目的で使われることもあります。

たとえば旅行へ行く予定やスポーツの試合と生理予定日が重なってしまうなど、今の生理周期では支障でてしまう場合に、生理を早めたり遅らせたりすることができます。

生理をずらすために用いられるのは、中用量か低用量のピルです。

生理予定日の5日ほど前から飲み始めて調整をすることが多いようで、服用を止めれば2~3日で生理がきます。直前ではなく、生理をずらしたい日の2~3ヶ月前に、医師に相談することをおすすめします。

2~3周期前から生理をずらしておけば、大切な予定の前に生理を済ませることもできますし、その日にピルを飲まなくて済むように調整も可能です。

PMSや生理痛を改善

ピルは、PMS・生理痛・生理不順の改善にも効果があります。PMSは月経前症候群とも呼ばれ、生理前に頭痛や腹痛、腰痛やイラつきなどの症状がでます。

ピルを服用することによってホルモンバランスが安定するため、女性ホルモンの変動によって起きるこれらの症状が軽減されるのです。

またピルを服用すると子宮内膜が厚くなりにくいため、生理痛の緩和につながることもあります。生理周期が安定しない生理不順の人も、ピルで生理日を調整することで改善が期待できます。

毎月のようにPMSや生理痛に苦しむのはつらいことですし、生理不順も女性にとって心配なことです。このような、女性特有の身体トラブルを抱えている人は、ピルで改善することを検討してみてはいかがでしょうか。

更年期障害の改善や女性特有の病気の予防効果もあります

更年期障害の改善や女性の病気の予防にも

ピルには、更年期障害を改善する働きもあります。更年期と呼ばれる40代後半になると、卵巣機能の低下とともに女性ホルモンの分泌量が減少します。

それにより著しくホルモンバランスが崩れることで、体や心に不調が現れるのが更年期障害です。

症状には、のぼせ・ほてり・動悸・倦怠感・不安感など挙げられます。ピルでホルモンバランスを安定させると、このような症状が改善することがあります。

またピルにはさまざまな女性の病気を予防する効果もあります。ピルには、ホルモンバランスを整えるほかにも、子宮内膜の厚みを抑えたり、卵巣を休めたりする作用があるためです。

ピルによる予防が期待できるのが、子宮内膜症・子宮筋腫・乳腺症・卵巣癌・子宮体癌などです。

服用後に血栓症が起こることも

ピルの副作用として、先に吐き気や不正出血などを挙げましたが、ほかにも注意したいものがあります。

ピルを服用後に、足の痛みや腫れ・手足の麻痺・息切れ・胸の圧迫感に突然おそわれたら、血栓症の疑いがあります。血栓症とは、血管内に血のかたまりが詰まってしまう病気です。

激しい頭痛が起きる、舌がもつれてしゃべりにくくなる、視野が狭くなるなどの症状も、血栓症の可能性があります。

肥満傾向の人や喫煙者、心臓や肝臓、腎臓に疾患のある人などは血栓症になりやすいとされています。

このように深刻な副作用が起こり得る薬ですから、ピルをバストアップの手段と考えるのは避けたほうがよいでしょう。

ピルを服用してホルモンバランスが整うと、副次的効果としてバストアップがあるという程度に捉えておきましょう。

大豆食品やキャベツには女性ホルモンを補う作用があります

食生活もホルモンバランス安定の鍵

ホルモンバランスが整うことでバストアップにつながることがあると先に述べましたが、ピルの服用以外にもホルモンバランスを安定させる方法はあります。

そのひとつは、ホルモンバランスを整えてくれる食品を摂取することです。大豆食品に含まれる大豆イソフラボンは、バストの形成や発達に必要な女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをし、ホルモンバランスを整える手助けをしてくれます。

豆腐・納豆・味噌・油揚げ・豆乳など、大豆を使った食品はたくさんあります。なかでも大豆イソフラボンの含有量が多いのが、豆腐・納豆・豆乳です。

豆腐半丁と納豆1パックを食べれば、1日に必要な75 mgの大豆イソフラボンを摂取したことになります。

3食バランスよく食べることを基礎に

キャベツには、バストアップを助けてくれるボロンという成分が含まれています。ボロン(ホウ素)とはミネラルの一種で、エストロゲンの分泌を促す作用があるとされます。

キャベツのほかにも、りんごやぶどう、アーモンドやはちみつなども、ボロンを含む食品です。ボロンは熱に弱いという性質があります。

そのためボロンを摂取するためにキャベツなどを食べるなら、できるだけ生で食したいものです。

ただし大豆イソフラボンもボロンも過剰摂取をすると、かえってホルモンバランスを崩してしまいます。ホルモンバランスを整える食生活の基本は、1日3食をバランスよく食べることです。

好きなものばかり食べたり食事を抜いたりというような偏った食生活は避けて、ホルモンバランスを安定させるよう努めましょう。

ホルモンバランスを乱す生活習慣は改善しましょう

睡眠不足や運動不足に注意

ホルモンバランスを安定させるためには、生活習慣も大切です。睡眠不足や運動不足は、ホルモンバランスを乱す原因となります。

睡眠時間は7時間以上確保したいものです。また夜更かしも大敵なので、遅くても日付が変わる前に眠るようにしてください。

運動不足にならないために、適度な運動を習慣づけることも大事です。ハードな運動をする必要はないので、ウォーキングやストレッチなど、続けやすいものをとり入れましょう。

ストレス・喫煙・過度な飲酒は大敵

ストレスもホルモンバランスを乱す大きな要因となります。仕事や人間関係でストレスが溜まりやすい環境にある人は、要注意です。

仕事を忘れて打ちこめる趣味を持って気の合う友人と会話を楽しむなど、気分転換できる時間を持つとよいでしょう。

またストレスを感じたときにおすすめなのが、湯船につかって入浴をすることです。湯船につかることで心身をリラックスさせることができるので、シャワーのみで済ませずに、ゆっくりと湯船につかりましょう。

喫煙や過度な飲酒も、ホルモンバランスを乱します。ホルモンバランスが気になっている人は、喫煙をひかえ、お酒の飲み過ぎに注意するとよいでしょう。

バストアップを望んでいるのなら、ホルモンバランスが安定していることが大切です。

生理不順やPMS、生理痛などの症状がある人は、ホルモンバランスが乱れている可能性が高いといえるでしょう。

食生活や生活習慣に気を配り、改善がみられないときは専門医に相談することをおすすめします。

(まとめ)ピルの服用がバストアップにつながるって本当?

1. ホルモンバランスが整いバストアップすることがあります

経口避妊薬として知られるピルを服用することで、バストアップすることがあります。これは、ピルによってホルモンバランスが整うためです。

女性ホルモンのプロゲストロンとエストロゲンが補充され、乳腺の成長が促されるのです。

2. ピルの飲み始めに副作用がでることがあります

ピルは主に経口避妊薬として用いられますが、服用することで妊娠中と同様のホルモンバランスがつくられ、妊娠しにくい状態になります。

しかしピルの飲み始めの時期は、副作用が起こりやすいものです。薬に慣れると副作用はなくなりますが、数ヶ月経っても治まらなければ医師に相談しましょう。

3. ピルには生理日をずらすという用途もあります

ピルは、生理日をずらす目的でも使用されます。旅行などの大切な予定がある日に生理が重なりそうな場合には、ピルを服用することで生理周期を調整することができるのです。

またPMSや生理痛、生理不順の改善にも用いられています。

4. 更年期障害の改善や女性特有の病気の予防効果もあります

ホルモンの分泌量が減少し、著しくホルモンバランスが乱れることで起こる、更年期障害の症状の緩和にも、ピルが用いられます。さらに子宮内膜症や子宮筋腫、乳腺症、卵巣癌、子宮体癌など女性特有の病気の予防にも有効だとされています。

しかしピルの服用後に血栓症を発症することがあるので、注意が必要です。

5. 大豆食品やキャベツには女性ホルモンを補う作用があります

ピルの服用以外にも、食生活でホルモンバランスを整えることができます。大豆食品に含まれる大豆イソフラボンやキャベツに含まれるボロンは、エストロゲン不足を補ってくれます。

1日3食バランスよく食べることを基礎とし、女性ホルモン不足を補ってくれる食品を摂取するとよいでしょう。

6. ホルモンバランスを乱す生活習慣は改善しましょう

睡眠不足や運動不足、強いストレスは、ホルモンバランスを不安定にします。また喫煙や過度な飲酒も同様に、悪影響となります。

このようなホルモンバランスを乱す要素に心当たりがある人は、改善を試みるとよいでしょう。