30代のバストアップは生活習慣の改善から始めましょう


30代からは女性ホルモンの分泌量の減少や、バストの形を作るクーパー靱帯が伸びてしまうことなどが原因で、バストの張りがなくなり、下垂してくると言われています。

しかし生活習慣の改善によって女性ホルモンを活性化し、下垂の予防とバストアップを図ることが可能です。

栄養バランスが整った食事、適度な運動、質の良い睡眠、ストレス発散など規則正しい生活を心がけましょう。

生活習慣を改善して女性ホルモンを活性化しましょう

女性ホルモンは30代から分泌量が減少し、それに伴ってバストの張りがなくなっていきます。

ですが生活習慣を見直すことで、女性ホルモンの活性化を促し、バストアップに繋げていくことが可能です。

栄養バランスの取れた食事

一日三食、規則正しく栄養バランスの取れた食事で、女性ホルモンを活性化させることができます。

女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンを多く含む大豆や卵、バストの土台となる筋肉を作るたんぱく質を多く含んだ肉類を取り入れるのも効果的です。

逆に化学調味料が多く使われているインスタント食品は、体内のミネラルを奪い、成長ホルモンの分泌を妨げるため、摂取は極力控えるべきです。

ストレスの発散

人間の体はストレスを感じると、抗ストレスホルモンを分泌します。

抗ストレスホルモンの分泌が慢性的になると、男性ホルモンを刺激してしまい、その結果ホルモンバランスの乱れに繋がります。

趣味に没頭したり、適度な運動を行ったりなど、自分に合った方法でストレスを発散するように心がけましょう。

質の良い睡眠

眠り始めの3時間を熟睡できると、睡眠の質が上がるとされており、そのためにはリラックスした状態で就寝することが重要です。

就寝前にストレッチや入浴で体を温めておくなど、就寝前の習慣に気を配りましょう。

体を温める

女性ホルモンは血流に乗って循環するので、体が冷えていると血流が悪くなってホルモンが停滞し、バストへの巡りも悪くなります。

冷たいものの摂取はなるべく控え、体を温めてホルモンの循環を促進するようにしましょう。

サイズの合った適切なブラジャーを着用しましょう


サイズの合っていないブラジャーの着用は、バストのサイズダウンや下垂の原因になります。

小さすぎるブラジャーはバストが締めつけられて血行を悪くしてしまい、逆に大きすぎるブラジャーを着けているとバストが中で泳いでしまい、クーパー靱帯が伸びて下垂に繋がってしまいます。

ブラジャーにはバストの形を保ち、クーパー靱帯の伸びを防ぐ効果があるので、定期的にバストのサイズを測定して、適切なサイズのブラジャーを着用するようにしましょう。

運動時にはバストが動かないようにスポーツブラを着用するなど、全体を押さえるように工夫をしましょう。

就寝時もノーブラにはならず、ブラジャーを着したままが望ましいです。

ブラジャーを着用したまま就寝することで、バストが流れてしまうことを防ぎ、クーパー靱帯の伸びを防いでくれます。

姿勢も大切です

正しい姿勢で過ごすことは、健康のみならずバストアップのためにも大切です。

姿勢が悪いと自律神経に負担がかかる上に、筋肉が落ちて脂肪がつきやすくなってしまい、冷えやホルモンバランスの乱れの原因となります。

その結果、全身の血行が悪くなり、バストのサイズが落ちたり下垂に繋がったりしてしまいます。

背筋の伸びた正しい姿勢を意識すると、基礎代謝が上がって脂肪が燃えやすくなり、さらに大胸筋が鍛えられます。

大胸筋は、バストを支える土台となっている筋肉なので、鍛えることでクーパー靱帯への負担が軽減され、下垂を予防し、血行も良くなります。

血行が良くなり、さらに精神的にも安定した状態になるので、バストに女性ホルモンが届きやすくなり、バストアップへと繋がっていきます。

日頃からこまめに背筋を伸ばすストレッチを行うなど、正しい姿勢を心がけて過ごすようにしましょう。

(まとめ)30代からのバストアップ方法とは?

1.30代のバストアップは生活習慣の改善から始めましょう

30代からは女性ホルモンの減少により、バストの張りがなくなり、下垂が始まると言われています。

生活習慣を見直すことで、女性ホルモンの分泌を促進されバストアップに繋がっていきます。

2.生活習慣を改善して女性ホルモンを活性化しましょう

バストアップに重要な女性ホルモンは30代から分泌量が減少してしまいますが、生活習慣を見直すことで活性化を促すことが可能です。

食事、ストレス、体の冷えに注意することで、バストアップに必要な基礎を築くことが可能です。

3.サイズの合った適切なブラジャーを着用しましょう

サイズの合っていないブラジャーの着用は、バストのサイズダウンや下垂の原因になります。

きちんとバストのサイズを計測して適切なサイズのブラジャーを着用し、運動時にはバストが動かないようにスポーツブラを着用するなどの工夫をしましょう。

4.姿勢も大切です

姿勢が悪いと血行が悪くなり、バストの下垂やサイズダウンの原因になります。

正しい姿勢を意識することで基礎代謝が上がり、大胸筋が鍛えられてバストの血行が良くなり、下垂の予防にもなります。

日頃から正しい姿勢を心がけて過ごしましょう。