はちみつと他の物も食べてバストアップしましょう


はちみつは他の栄養素たちと一緒に体の中で連携して働くことで、バストアップそして、美と健康に繋がります。

はちみつの主な成分は糖です。その中でもブドウ糖と果糖が大部分です。

またビタミンB2やミネラルなどが含まれています。しかし脂質や食物繊維、ビタミンAなど、はちみつには含まれていない栄養素もあります。

バストアップのためには、体を作る栄養素をまんべんなく食べることが必要です。はちみつは、古代からエネルギーの元になり、栄養がある食べ物だといわれてきました。

しかしバストに必要なすべての栄養がはちみつには含まれていません。だからはちみつだけたくさん食べてもバストアップは難しいでしょう。

バストアップするならば、はちみつだけでなくタンパク質や脂質、ビタミンやミネラルなどが含まれた物も一緒に食べると健康的です。はちみつはそのまま食べるだけでなく、飲み物に入れたり、果物などを漬けたり、調味料にしたりなどさまざまな方法で食べることができます。

そのような特徴を理解して、バストアップのためにはちみつを上手に使いましょう。

元の花は違っても蜜蜂が作るはちみつの成分はほぼ同じ

最初に蜜蜂が花の蜜を集め、巣に持ち帰ります。そして巣の中で蜂の出す酵素が花の蜜に含まれるショ糖を分解します。するとブドウ糖や果糖ができるのです。

また巣の中で水分が蒸発されることで糖度が80%に上がります。このようにして花の蜜がはちみつになるのです。

はちみつは、その巣に住む雄蜂、働き蜂や女王蜂にならない幼虫のエサになります。人間が食べるはちみつのほとんどは、養蜂といって、蜜蜂を飼ってその巣から採集した蜜なのです。

ほとんどの場合、蜜蜂は一種類の花から蜜を集めてくる性質があるそうです。はちみつは蜜を取ってくる元の花の種類によって、色や香り、風味などに違いがあります。

日本では、レンゲのはちみつが多いです。他にも、アカシア・クローバー・ナタネ・ミカン・ソバなどの花からできたはちみつがあります。

しかし花の種類は違っても、ブドウ糖や果糖といった主な成分は大体同じです。

またはちみつは保存期間が長いですが、生ものです。加熱し、水や他の物を加え、色や臭いを取るなど、はちみつを加工した場合、性質が変わってしまいます。

はちみつを加工した商品には、そのように表示されているので、はちみつを購入する時には気をつけましょう。

はちみつの主な成分、ブドウ糖と果糖はエネルギーの素

・ブドウ糖

グルコースと呼ばれ、はちみつには多く含まれています。体内に入ると、脳の唯一のエネルギー源としてさまざまな働きを助けます。

またブドウ糖は血液中で運ばれて血糖になり、肝臓に蓄えられるのです。スポーツ前ですぐにエネルギーになる物を食べたい場合、ブドウ糖が入ったフードやドリンクが好まれます。

・果糖

フルクトースと呼ばれ、ブドウ糖と同様にはちみつに多く含まれています。名前の通り、果物に多く含まれる甘さの素であり、エネルギー源にもなっています。

また冷やすと甘さが強くなる性質から、清涼飲料水などの甘味料になっているのです。そして果糖はブドウ糖と異なり、血糖値を急激に上げないといわれています。

これが、はちみつが血糖値を急激に上げないといわれる理由です。

しかし果糖は摂り過ぎると中性脂肪を増加させてしまいます。ブドウ糖と果糖は消化が良く、胃腸に優しいので体力低下時や病気時に飲用や点滴に使うこともあります。

・グルコン酸

クエン酸やリンゴ酸といった有機酸の一つです。腸の中でビフィズス菌を増やす働きをします。

そしてお通じを良くしたり、ビタミンB群を作ったり、免疫を上げたりと健康に役立ちます。

・その他

ビタミンB群やミネラル、タンパク質の元になるアミノ酸やポリフェノール、酵素などもはちみつには含まれています。

・はちみつに含まれていない栄養素

タンパク質はわずかしか含まれていません。また、脂質・食物繊維・コレステロール・ビタミンA・ビタミンCなど、はちみつには含まれていない栄養素も複数あるのです。

バストアップになるはちみつの食べ方4つと子供への注意

・パンに塗るなどしてそのまま食べる

もっとも手軽にはちみつを食べる方法です。はちみつの栄養をそのまま摂取でき、ブドウ糖が体のエネルギーになります。

一緒に野菜サラダやお肉などバストの元になるタンパク質や脂質も忘れずに食べましょう。

・はちみつ漬け

スポーツの時にレモンのはちみつ漬けを食べた人は多いのではないでしょうか。ビタミンCが豊富なレモンにより、はちみつには無いバストに必要な栄養を補うことができます。

レモンの皮にもビタミンAやビタミンCなどの栄養が含まれています。農薬やワックスを使っていないレモンを皮ごとはちみつ漬けにしましょう。

その他、果物や大根などをはちみつ漬けにすると、甘さが増して美味しく食べることができます。

・はちみつドリンク

コーヒーや紅茶にはちみつを加えると甘く美味しくなります。またはちみつを水やお湯で割ってレモンの果汁を加えた飲み物は人気です。

はちみつの糖により体力をつけ、元気になれるといわれています。

・調味料

白砂糖の代わりにはちみつを使うことで、複雑な風味を出せます。魚の照り焼きなどにはちみつを使うことができます。

また肉にはちみつを使うと、加熱しても肉が柔らかいままです。魚や肉には、はちみつに無い栄養が含まれているので、一緒に食べることでバストアップによい、バランスの取れた食事ができます。

・一歳未満の子供にはちみつは厳禁

実は、はちみつにはボツリヌス菌の芽胞(殻のような物)が入っている場合があります。

はちみつを消化器官が未熟な一歳未満の子供に食べさせると、乳児ボツリヌス症という神経麻痺を伴う病気を起こすリスクがあります。ボツリヌス菌は通常の加熱調理では死滅しないので、はちみつの入った料理やお菓子を一歳未満の子供に食べさせないようにしましょう。

肌の保湿と抗菌のためにはちみつパックだがデメリットもある

・保湿と抗菌効果がメリット

昔から、はちみつは肌を保湿すること、殺菌効果があることが知られてきました。このことから、昔は傷にはちみつを塗って治す方法がありました。

今でもはちみつパックで美肌になるということがいわれています。たしかにはちみつで保湿し、殺菌することで美肌になれるかもしれません。

・吸収されない栄養と酸性、アレルギーがデメリット

しかしはちみつパックをしても、はちみつに含まれている糖やビタミンなどは肌から効果的には吸収されません。はちみつを食べたほうが栄養を効率的に摂ることができます。

またはちみつ自体は酸性で、そのまま塗ると肌を刺激するため、長時間のパックは向いていないのです。はちみつアレルギーの人は、はちみつパックをすることはできません。

必ずパッチテストをしてからはちみつパックをしましょう。食用のはちみつを使って手作りはちみつパックを作る場合、作り方によっては雑菌が入ってしまいます。

作る前には手をきれいに洗う、清潔なスプーンや容器を使うなど気をつけましょう。時間が無い人のために、市販のはちみつ成分入りの化粧品が販売されています。

これらは、事前にテストされているので、アレルギーなどが無ければスキンケアに使うことができます。

ローヤルゼリーのパワー、プロポリスやマヌカハニーの抗菌

はちみつと同じように蜂の巣から採取される食べ物にローヤルゼリーとプロポリスがあります。これらは、はちみつとは異なります。

・ローヤルゼリーは女王蜂のパワーの元

ローヤルゼリーは元気とパワーの元として知られていますが、はちみつとは異なります。若い雄の働き蜂が下咽頭腺から分泌する物がローヤルゼリーです。

女王蜂は幼虫のころからローヤルゼリーを与えられて大きくなります。そして女王蜂は働き蜂よりもはるかに長生きし、毎日数千個の卵を産むのです。

ローヤルゼリーには、はちみつよりも豊富にタンパク質やその元になるアミノ酸が含まれています。

またビタミンやミネラルも種類が多く、アセチルコリンという神経伝達物質が豊富にあることも特徴的です。デセン酸は、その抗菌作用などが研究中で、天然ではローヤルゼリーにしか含まれていません。

このように栄養豊富なローヤルゼリーですが、はちみつよりもわずかな量しか採取されないのです。

・菌やウイルスから巣を守るプロポリス

プロポリスは、蜜蜂の唾液・花粉・ミツロウ・木の新芽・樹脂(ヤニ)・樹液から作られています。蜜蜂の巣はプロポリスを塗ることでその入り口、隙間や壁を塞いでいるのです。

これは巣を菌やウイルスから守るためだといわれています。優れた抗菌作用を持つ桂皮酸誘導体という物質が、プロポリス内には豊富に含まれているのです。

・はちみつの一種、マヌカハニー

ニュージーランドだけに生えている、マヌカという木の花からできたはちみつがマヌカハニーです。他のはちみつには無い抗菌成分が含まれていることから、注目されています。

(まとめ)はちみつをどう使えばバストアップできますか?

1. はちみつと他の物をともに食べてバストアップしましょう

はちみつの主な成分はブドウ糖と果糖です。バストアップするならば、はちみつには無いタンパク質や脂質、ビタミンやミネラルなどが含まれた物も一緒に食べると健康的です。

はちみつはそのまま食べるだけでなく、ドリンクや調味料などさまざまな方法で食べることができます。

2. 元の花は違っても蜜蜂が作るはちみつの成分はほぼ同じ

蜜蜂が酵素により花の蜜を分解して、ブドウ糖や果糖を作ります。また蒸発させることではちみつになるのです。

元の花の種類は違っても、主な成分は大体同じです。またはちみつは保存期間が長いですが、生ものです。

はちみつを加工した場合、性質が変わってしまいます。

3. はちみつの主な成分、ブドウ糖と果糖はエネルギーの素

ブドウ糖は脳の唯一のエネルギー源であり血糖になります。果糖はエネルギー源や甘味料になり、血糖値を急激に上げないといわれています。

グルコン酸は腸の中でビフィズス菌を増やします。脂質・食物繊維など、はちみつに含まれていない栄養素もあるのです。

4. バストアップになるはちみつの食べ方4つと子供への注意

そのまま食べると手軽です。しかしはちみつ漬けやはちみつドリンク、調味料としてはちみつを使うとバストアップになります。

それは、はちみつに無い栄養を一緒に食べることができるからです。はちみつには一歳未満の子供には厳禁です。

5. 肌の保湿と抗菌のためにはちみつパックだがデメリットもある

はちみつパックは保湿し、殺菌効果により美肌になれるかもしれません。しかしはちみつは食べたほうが栄養を効率的に摂れます。

またはちみつは長時間のパックには向いていないのです。はちみつアレルギーの人は、はちみつパックをすることはできません。

6. ローヤルゼリーのパワー、プロポリスやマヌカハニーの抗菌

ローヤルゼリーは、働き蜂が分泌し、女王蜂の食べ物になり、はちみつよりも栄養豊富です。プロポリスは菌やウイルスから巣を守るために蜜蜂の唾液などから作られます。

マヌカハニーには他のはちみつには無い抗菌成分が含まれています。