バストアップには、プロゲステロンも欠かせません


バストアップには、女性ホルモンが作用しています。女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があるのをご存知の方も多いでしょう。

巷では、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量を増やすことでバストアップや肌の張りを保とうとする傾向がありますね。それは間違いではないのですが、バストアップにはエストロゲンもプロゲステロンも作用しています。

おっぱいを大きくするには、乳腺を発達させて育成させるのが大切です。エストロゲンの分泌量が増えると乳腺が発達します。

乳腺のまわりには脂肪がついてきますので、バストアップされるのです。

一方プロゲステロンは妊娠していないときは、乳腺を発育させる作用を、妊娠しているときは乳腺腺房を増殖させる作用をもっています。

乳腺を発達させるエストロゲンと、乳腺を発育させるプロゲステロンのバランスがとれているからこそバストアップができるというわけです。

脳からの命令で女性ホルモンは分泌されます

2種類の女性ホルモンは、脳からの命令により分泌されます。脳の視床下部は、脳下垂体に女性ホルモンの分泌を命令します。

命令を受けた脳下垂体は、卵巣に女性ホルモンの分泌を促すのです。そうして卵巣からエストロゲンとプロゲステロンが分泌されるというわけです。

また月経周期でエストロゲンとプロゲステロンの分泌量は変化しています。エストロゲンは排卵に向かって分泌量を増加させ、排卵後はプロゲステロンが分泌量を増加させることによってエストロゲンの分泌量は減少します。

排卵後に分泌量を増加させたプロゲステロンは妊娠していないと分泌量が減少して、月経前にはエストロゲンもプロゲステロンも減少するのです。脳は女性ホルモンの分泌を命令するだけではなく、体内の女性ホルモンの量を把握して調整もしています。

エストロゲンは乳腺を発達させるので、エストロゲンの分泌量を増やそうと、エストロゲンに似た作用をする大豆イソフラボンを多量に摂取しようと考える方も多いでしょう。しかしエストロゲンの過剰摂取はホルモン分泌をつかさどる脳に影響して命令を乱すおそれがあります。

その結果エストロゲンの分泌を乱したり、もう一つの女性ホルモンであるプロゲステロンとのバランスを乱したりする恐れがあるのでおすすめできません。エストロゲンの過剰な状態が長く続くと、乳腺や子宮内膜にストレスがかかり不調をきたします。

女性特有のがんのリスクが高まるともいわれています。バストアップを叶えるために、体が不調になっては元も子もありませんね。

エストロゲンの量が多い時期があり、エストロゲンの作用を抑制するプロゲステロンの多い時期があるからこそ女性ホルモンのバランスが保たれ女性らしい体つきであるバストアップにつながるのです。そしてなによりプロゲステロンには、乳腺を発育させる作用があることをお忘れなく。

ホルモンバランスを乱す原因の一つは、ストレスです


バストアップにはエストロゲンとプロゲステロンのバランスを保つことが大切ですが、そのバランスを乱す原因はストレスです。なぜストレスがホルモンバランスを乱してしまうかというと、ホルモンの分泌を命令する脳に影響を与えるからです。

脳からの適切な命令がだされないと、エストロゲンとプロゲステロンの分泌量が適切な量ではなくなります。バランスが乱れてしまうと、乳腺を発達させたり発育させたりすることができなくなりバストアップを叶えることはできません。

またエストロゲンには肌の張りや潤いを保つ作用や心を穏やかにする作用などもありますので、それらに不調をきたすことになってしまいます。プロゲステロンはイライラさせたり怒りっぽくさせたりする作用もありますが、体温を上げる作用もありますので、プロゲステロンが減少してしまうと体温低下につながることになります。

プロゲステロンが減少して、体温を下げる作用もあるエストロゲンが増加してしまったら体が冷えて、冷えからくる体調不良を引き起こすかもしれません。

ストレスと一言にいってもさまざまです。人間関係がうまくいかないストレス、仕事に追われるストレス、パソコンやスマホの操作による眼精疲労というストレス、紫外線を浴びるストレスなど。

女性ホルモンのバランスを乱さないためにもストレスは少なくしたいものですが、ストレスは女性ホルモン以外の体調不良も引き起こすことがありますから独自のストレス対処法を日頃から備えておくといいでしょう。

プロゲステロンはあなたの味方です

エストロゲンは、女性らしい体つきをつくったり肌や髪を美しくしたり優しく穏やかな心にする作用がありますが、過剰になると女性特有のがんのリスクを高める可能性もあります。プロゲステロンはエストロゲンの作用を抑制するので、がんのリスクを抑えるというありがたい作用がある一方で、イライラしたり怒りっぽくなったりという作用もあります。

プロゲステロンは私を怖い人にするから嫌いだと敬遠する前に、まずプロゲステロンはどうしてイライラさせたり怒りっぽくさせたりといった作用をもっているのかを知っておきましょう。

女性には妊娠するという機能がありますね。エストロゲンとプロゲステロンは妊娠するためにそれぞれの作用をもっているのです。

月経の時期は、エストロゲンもプロゲステロンも分泌量が減少します。エストロゲンは月経後から排卵が起こるまで分泌量が増加して、妊娠に備えて子宮内膜を厚くします。

プロゲステロンは排卵後から分泌量が増加して、体温を上げて受精卵を守ろうとするのです。子宮内での作用と並行して、エストロゲンとプロゲステロンは気分も左右します。

エストロゲンが優しく穏やかな気分にさせるのは、分泌量の増加時期に精子を獲得するために男性を受け入れる必要があるからです。プロゲステロンは獲得した精子と卵子からできた受精卵、つまり赤ちゃんを外敵から守ろうとするので、イライラしたり怒りっぽくなったりするのです。

妊娠していれば出産までの妊娠期間中は、プロゲステロンの分泌量は増加します。妊娠していないことが判明すると、プロゲステロンの分泌量は減少して、月経がはじまります。

いかがでしょうか、プロゲステロンはあなたをイライラさせたり怒りっぽくさせたりすることで赤ちゃんを守ろうとしてくれている、いわばあなたの味方なのだとわかれば、うまく付き合っていけるのではないでしょうか。

女性ホルモンのバランスを整える食習慣を身につけましょう


女性ホルモンは、ストレスによっていとも簡単にバランスを乱してしまいます。女性ホルモンのバランスが乱れた状態は、バストアップには望ましくありません。

食事は朝昼晩の三食をできるかぎり毎日同じ時間に、腹七分目を心掛けてとりましょう。食品添加物の含まれる食品はなるべく控え、カフェインの含まれるコーヒーなども一日に3杯ほどが望ましいでしょう。

アルコールはほどほどにして休肝日を設けることが大切です。喫煙は百害あって一利なしともいわれますが、禁煙することをおすすめします。

エストロゲンに似た作用をする大豆イソフラボンも、過剰摂取になりやすいサプリメントに頼らず大豆製品を摂取することがおすすめです。たとえば、豆乳・きな粉・豆腐・納豆・煮大豆など。

プロゲステロンの分泌を促すのはビタミンEです。ビタミンEを豊富に含む食品は、カボチャ・赤ピーマン・モロヘイヤ・ナッツ類など。(モロヘイヤは、実や茎に毒性がある場合がありますので葉のみを食べましょう。)

そして勘違いしがちなのが、コレステロールの摂取です。コレステロールには善玉コレステロール(HDLコレステロール)と悪玉コレステロール(LDLコレステロール)の2種類がありますが、悪玉コレステロールは女性ホルモンの材料になるのです。

コレステロールは、卵やナッツ類、オリーブオイルなどから摂取しましょう。食事とともにバストアップにとって大切なのは、良質な睡眠をとることです。

良質な睡眠をとるために心掛けたいことは、睡眠の3時間前までに食事を済ませること。胃袋に食べ物があっては、胃袋は消化するために眠っているあいだも活動し続けなくてはなりません。

睡眠の3時間前までに食事を終えて、睡眠中は胃袋も休めるようにしましょう。

また睡眠中に頭を休ませるために、パソコンやスマートフォンなどの操作は眠る1時間ほど前からは控えましょう。

睡眠の前にはリラックスする時間をつくるのがおすすめです。照明を間接照明にしたり、リラックス効果のあるアロマオイルの香りを楽しんだりして、ゆっくり過ごしましょう。

(まとめ)バストアップするためにプロゲステロンは必要ですか?

1. バストアップには、プロゲステロンも欠かせません

バストアップにはエストロゲンもプロゲステロンも作用しています。プロゲステロンは妊娠していないときは、乳腺を発育させる作用をもっています。

2. 脳からの命令で女性ホルモンは分泌されます

脳は女性ホルモンの分泌を命令するだけではなく、体内の女性ホルモンの量を把握して調整もしています。

3. ホルモンバランスを乱す原因の一つは、ストレスです

ストレスは、脳に影響を与えます。脳からの適切な命令がだされないと、エストロゲンとプロゲステロンの分泌量が適切な量ではなくなります。

4. プロゲステロンはあなたの味方です

プロゲステロンはあなたをイライラさせたり怒りっぽくさせたりすることで、赤ちゃんを守ろうとしてくれています。

5. 女性ホルモンのバランスを整える食習慣を身につけましょう

食事は朝昼晩の三食をできるかぎり毎日同じ時間に、腹七分目を心掛けましょう。悪玉コレステロールは女性ホルモンの材料になるので適量摂取しましょう。