ライフスタイルを見直し、血行と女性ホルモンを活発にします


「夏でも冬でも手足が冷たい」「体が冷えて眠れない」「ちょっとした不調が続く」など、このような冷え性の悩みを抱えている女性は少なくありません。実は、冷え性はバストダウンする要因のひとつです。

なぜなら冷え性になると体に温度差ができてしまい、血液やリンパの流れが悪くなるからです。

新鮮な酸素や栄養を全身に送ったり、老廃物や疲労物質などを運び去ったりする機能が邪魔され、体の中に毒が溜まるのです。その結果としてバストはハリやツヤを失い、ふんわりとしていたバストもかたくなってしまいます。

さらに現代女性は「短いスカート」「素足」「強い冷房」など下半身を冷やしやすい環境です。下半身は、女性にとって重要な子宮や卵巣がある場所です。

下半身を冷やせば、当然ながら子宮や卵巣も冷えてしまいます。そしてバストアップに不可欠な女性ホルモンの分泌も妨げてしまうのです。

冷え性を改善することは、バストアップへの一歩です。まずは「お風呂をシャワーで済ませていないか」「冷たいものばかり食べていないか」などライフスタイルに隠れる冷えの習慣を取り除きましょう。

衣服を工夫して、下半身を冷やさないようにしましょう

女性のファッションといえば、薄着・短いスカート・素足・サンダルなどが一般的です。さらに夏場は、強い冷房の影響も受け、下半身をモロに冷やしてしまう環境にいます。

もともと、人の体温は36度程度で一定です。これは、暑い日も寒い日も体が適応できるように、体温を調整して内臓を守っているためです。

たとえば寒い日だと手足が冷えます。これは、体の末端にある手足の血管を収縮させて、体の中心部へと血液を送ろうと働いているからです。

それにもかかわらず下半身を冷やしてしまうのは冷え性を悪化させるだけです。つまり冷え性の改善には下半身を冷やさないことが重要です。

またバストアップを目指すのであれば、お腹まわりを温めるように心掛けましょう。子宮や卵巣があるお腹まわりを温めれば、女性ホルモンの動きが活発になりバストアップにも役立ちます。

〔冷え性改善のためのファッションアイテム〕

冷え性の方は、衣服を上手く使って、体温を調整しましょう。

また汗をかきやすい方は天然素材(絹・綿・毛・麻など)でつくられたアイテムがおすすめですが、なかでも絹は保温性や吸湿性に優れている素材です。

①上半身

・タンクトップ、キャミソール(肌着は必ず身に付ける)

・カーディガン、パーカー(はおり物を持ち歩く)

・ストール、マフラー、タートルネック、帽子(太い血管がある首まわりも冷やさない)

②お腹まわり

・腹巻き(ショーツ型の腹巻きなどを活用してお腹を温める)

・カイロ(おへその下、腰などに貼る)

③下半身

・靴下(重ねて履いてもOK)

・レッグウォーマー(夏場でも素足は避け、レッグウォーマーを履く)

・タイツ、レギンス、スパッツ(肌着に1枚プラスする)

・膝掛け(デスクワークでは必須)

適度に筋肉を動かし、自分で熱をつくる体にしましょう


冷え性の方は、外側からだけではなく内側からも熱をつくれるようにしなければいけません。それができるのが「運動」です。

運動をおこない、筋肉を増やせば自分の力で熱をつくり出せるようになります。しかも筋肉の多くは下半身に付いているものです。

下半身を中心に動かせば、効率良く冷え性予防ができます。ただしバストアップを目指すのであればバストに刺激の強い運動は要注意です。

たとえばマラソンやエアロビクスです。このような運動は、バストが激しく上下してしまうためバストの形が崩れやすいのです。

運動をするのであれば、スポーツ用のブラジャーを身に付けるようにしましょう。

〔運動の効果〕

・体温上昇

・基礎代謝がアップ

・むくみ予防

・ストレス発散

・生活習慣病の予防

〔今すぐできる!簡単筋トレ術〕

①家事の工夫

・家事をするときだけ、発汗タイプの肌着やサウナスーツを身に付ける

・掃除は足腰を鍛えるつもりで、足を前後に大きく開きながらおこなう

②移動時間の有効活用

・「車より自転車」「自転車より徒歩」といように移動時間を運動に当てる

・エレベーターではなく階段を使い、日頃から筋肉を動かす

・電車、エレベーターの待ち時間はつま先立ちで過ごす

③簡単なストレッチ

・あおむけになり、両手、両足を上下に伸ばす

・スクワット10回を1セットとして、ムリない程度で数セットおこなう

・フラミンゴのように、片足立ちを数回おこなう

毎日湯船につかって、体を芯から温めます

「運動が苦手」「運動する時間がない」という方におすすめなのが「入浴法」です。毎日、湯船につかれば体が温まり、血行やリンパの流れが良くなります。

老廃物や余分な水分が排出されて、むくみの解消にも役立ちます。また半身浴は子宮や卵巣がある下半身を集中的に温めることができます。

女性ホルモンも活発になりバストアップにもよいでしょう。もし風邪などを引いて湯船につかれないときは「足浴」や「手浴」がおすすめです。

足や手には、内臓を刺激するツボがたくさんあるため、お湯に足や手をつけるだけでも体が温まります。

〔入浴法〕

①全身浴

少し熱めのお湯をはり(42度程度)、湯船に肩までつかる方法です。時間がないときにも、短時間で体が温まるのでおすすめです。

また時間のあるときは、「湯船につかる、体を洗う、湯船につかる」というように、繰り返し湯船につかると体が芯から温まります。

②半身浴

ぬるめのお湯をはり(38度から40度程度)、湯船にみぞおちまでつかる方法です。心臓や肺に負担をかけず、ゆっくりとつかることができます。

寒いときは、肩にタオルをかけるようにしましょう。さらに20分程度湯船につかれば、汗が出てきて、デトックス効果やダイエット効果も期待できます。

③足浴

深めのバケツに少し熱めのお湯をはり、くるぶしの上までつける方法です。お湯が冷めてきたら、温かいお湯を入れるようにします。

足が冷えて眠れないときにもおすすめです。

④手浴

洗面器に少し熱めのお湯をはり、手首がつかる程度まで両手を浸す方法です。お湯が冷めてきたら、温かいお湯を入れるようにします。

肩こりや頭痛にもおすすめです。

〔入浴の楽しみ方〕

・音楽をかける

好きな音楽を聴くと、副交感神経が優位になりリラックス効果も高まります。

・香りを楽しむ

スーパーで売っているハーブをお茶パックに入れて、湯船に浮かべます。夏は、ミントやローズマリーがおすすめです。

スーッとした清涼感のある香りを楽しむことができます。冬は、みかんや柚の皮を入れると、体が温まります。

・見た目を豪華にする

花屋さんでバラの花を購入して、バラの花びらを浮かべます。見た目も豪華になり、優雅な時間を過ごすことができます。

・デトックス効果を高める

お塩をひとつかみ、湯船に入れてよくかき混ぜます。血行が促進されます。

基本は腹八分目、温野菜を積極的に食べましょう


飽食の時代、現代人は栄養を摂り過ぎているといわれています。食べ過ぎると、余った栄養が体に残ります。

血液やリンパが汚れ、流れも滞って、バストにも新鮮な酸素や栄養が届かなくなります。バストアップのためにも、食べる量を見直しましょう。

基本は「腹八分目」です。仕事や家事で忙しいと、早食いになったり、よく噛まなかったりしてしまいがちですが、少しずつ口に入れてよく噛むように気を付けましょう。

そうすることで、自然と腹八分目が保てるようになります。

また夏場の冷たい食べ物には注意しましょう。暑い日が続くと、アイスやかき氷を食べ過ぎてしまいますが、それと同時に体も冷やし過ぎてしまいます。

しかしながら全く食べずに過ごすことは、かえってストレスになります。冷たい食べ物を少し控えめにしたり体調の悪いときには食べないようにしたり、食べ物と上手く向き合うようにしましょう。

〔食べ物の見極め方〕

①体を温める食べ物

・地面の下で育つ(ゴボウ・イモなど)

・寒い地域、冬に育つ(にんじん・玉ねぎ・はす・山芋など)

・色の濃い野菜(赤・黒・橙色など)

・肉や魚(鶏肉・鮭・タラなど)

・発酵食品(味噌・醤油・納豆・チーズなど)

②体を冷やす食べ物

・暑い地域、夏に育つ(レタス・トマト・きゅうり・なす・スイカ・バナナなど)

・脂肪分が多い(アイスクリーム・生クリーム・乳製品など)

・嗜好品(スナック菓子・ジュース・コーヒーなど)

食べ物には、体を温めるものと冷やすものがあります。冷え性を改善するために、食べ物の特徴を見極めましょう。

体を冷やす野菜でも、ゆでて温野菜にすれば体が冷えることはありません。調理方法も工夫しましょう。

〔おやつを食べるのなら、コレ!〕

おやつを食べるときは、あずきや黒糖などできるだけ色の濃いものを選びましょう。洋菓子は小麦粉や砂糖をたっぷり使い、体を冷やしやすいため控えめにすることがポイントです。

①高カカオのチョコレート

・カカオポリフェノールなど栄養価が高い

・老化の原因でもある活性酸素を除去する抗酸化作用がある

②プルーン

・食物繊維豊富

・便秘の改善におすすめ

③しょうが紅茶

・すぐに体が温まる

・新陳代謝を高める

(まとめ)冷え性です、冷えを改善しながらバストアップする方法とは?

1. ライフスタイルを見直し、血行と女性ホルモンを活発にします

冷え性は血液やリンパの流れを悪くします。さらに子宮や卵巣が集まる下半身を冷やせば、バストアップに不可欠な女性ホルモンの分泌も妨げてしまいます。

まずは「衣服」「運動」「入浴」などに冷えの習慣を取り除くようにしましょう。

2. 衣服を工夫して、下半身を冷やさないようにしましょう

冷え性の改善には下半身を冷やさないことが重要です。靴下・レッグウォーマー・腹巻き・カイロなどを活用しましょう。

子宮や卵巣があるお腹まわりを温めれば、女性ホルモンの動きも活発になりバストアップにも役立ちます。

3. 適度に筋肉を動かし、自分で熱をつくる体にしましょう

内側から熱をつくれるように、運動をしましょう。運動をして筋肉を増やせば、自分の力で熱をつくり出せるようになります。

ただし激しい運動をするときには、バストを守るためにスポーツ用のブラジャーを着けましょう。

4. 毎日湯船につかって、体を芯から温めます

湯船につかると、血行やリンパの流れが良くなります。とくに「半身浴」は、子宮や卵巣がある下半身を集中的に温めることができます。

女性ホルモンも活発になりバストアップにもよいでしょう。湯船につかれないときは「足浴」や「手浴」がおすすめです。

5. 基本は腹八分目、温野菜を積極的に食べましょう

食べ過ぎると、余分な栄養が体に残ります。血液が汚れて、バストにも新鮮な酸素や栄養が届かなくなります。

バストアップのためにも、食べる量や食べ物を見極めましょう。野菜を食べるときは、温野菜にするなど調理方法も工夫しましょう。