女性ホルモンはバストアップにとても重要です


女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、バストアップにおいて重要なのはエストロゲンです。
エストロゲンは、肌や髪を美しくし、バストを発達させるなど女性らしい体を作る働きがあり、また脳の機能にも影響を与えます。

逆にエストロゲンの分泌量が少なすぎると、バストの発達が止まったりするほか、自律神経が乱れてイライラしたり、肌や髪のツヤがなくなったりとさまざまな不調の原因になります。

女性ホルモンは健康と体づくりに欠かせません

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、この2つが周期的に分泌されることによって、順調に生理が来て、妊娠・出産ができるという仕組みになっています。

エストロゲン

コラーゲンを合成してハリのある肌をつくり、骨やバストを発達させるなど、女性らしい体をつくるために働くため、しばしば「美のホルモン」などとも呼ばれます。
また自律神経を整えたり脳の血流を増やしたりなど、脳の働きにも影響します。

プロゲステロン

体内の水分量を保ったり、食欲を増進させたりなど、女性が妊娠・出産できるように体を整える働きがあります。
バストアップのために重要になってくるのが、エストロゲンです。

エストロゲンの分泌量は30代を境に減少していくと言われているので、そのころからは特に意識して分泌を促進していく必要があります。

ストレスと冷えは女性ホルモンの大敵です


ホルモンバランスが乱れると、相対して男性ホルモン優位の状況となり、皮脂の分泌がさかんになって肌荒れやニキビができたり、攻撃的な気分になったりとさまざまな不調があらわれます。
女性ホルモンは日常生活の影響を受けやすく、ホルモンバランスが乱れる大きな原因として、ストレスと冷えが挙げられます。

ストレス

人間の体はストレスを感じると抗ストレスホルモンを分泌し、それが慢性化されることによって男性ホルモンが刺激されてしまいます。

その結果エストロゲンが不足し、肌が荒れてしまい、そのことにイライラしてまたストレスが溜まる…という悪循環にもなりかねません。
ストレスは溜め込まず、自身に合った方法で発散するように心がけましょう。

冷え

ホルモンは血流に乗って全身に届けられますが、体が冷えてしまうと血行が悪くなり、循環が妨げられてしまいます。
するとバストにも女性ホルモンが届きにくくなり、その結果バストの張りがなくなってしまったり、下垂の原因にもなったりします。

冷たいものを摂取することは極力控え、運動や入浴などで体を温めるようにしましょう。
腹巻きや靴下などの衣類での冷え対策も効果的です。

また背筋の曲がった悪い姿勢も、自律神経に負担をかけることでホルモンバランスを乱す上、血行を悪くして体を冷やすなどの悪影響を及ぼします。
正しい姿勢を意識すると血行が良くなり、精神的にも安定するので、背筋を伸ばした姿勢を心がけるようにしましょう。

生活習慣を改善して女性ホルモンを活性化しましょう

女性ホルモンは日常生活の影響を受けやすいことから、生活習慣を改善することで分泌を促進することができます。

食事

偏った食事はホルモンバランスの乱れの原因になるので、一日三食、栄養バランスの取れた規則正しい食生活を心がけましょう。
効果的な食材として、大豆が挙げられます。

大豆には女性ホルモンと同様の働きをするイソフラボンを多く含まれているので、毎食取り入れることで、ホルモンバランスを整える効果が期待できます。

運動

運動をすると女性ホルモンの分泌量が増えると言われており、血行が促進されて体がリラックスした状態にもなります。
ストレス発散にも効果的なので、ウォーキングやストレッチなど、自身に合った運動方法を取り入れてみましょう。

睡眠

リラックスした状態で就寝すると、質の良い睡眠が取れると言われています。
入浴で体を温めるなど、就寝前の行動に気を配りましょう。

また前述したように、適度な運動を行うと体がリラックスした状態になるので、就寝前のストレッチやヨガなどの軽い運動は効果的と言えます。

(まとめ)バストアップと女性ホルモンの関係とは?

1.女性ホルモンはバストアップにとても重要です

女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、バストを発達させるなど女性らしい体を作り、脳の機能にも影響を与えます。

逆に分泌量が少なすぎると、体にも心にも不調があらわれてしまうため、女性にとってとても重要なものであると言えます。

2.女性ホルモンは健康と体づくりに欠かせません

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、この2つによって女性の体の機能が保たれています。

エストロゲンは女性らしい体を作るために作用し、分泌を促すことによってバストアップの効果が期待できます。

3.ストレスと冷えは女性ホルモンの大敵です

女性ホルモンは日常生活の影響によって乱れやすく、その大きな原因としてストレスと体の冷えが挙げられます。

適度にストレス発散を行い、冷たいものを摂取することは控えるようにしましょう。

4.生活習慣を改善して女性ホルモンを活性化しましょう

女性ホルモンは生活習慣を改善することで分泌を促進させることができます。

栄養バランスの取れた食事・適度な運動・良質な睡眠・ストレス発散を心がけましょう。
逆にバランスの悪い偏った生活は、ホルモンバランスに悪影響を与えます。