痩せてる人であっても、バストアップする可能性があります


痩せ型体型だから貧乳でも仕方ない、ブラをしても寄せる肉がなくて胸が小さい。スレンダーな女性の中には、このような悩みを抱いている方も多いのではないでしょうか。

たしかに痩せ型の人がバストアップするのは、標準体型の人に比べれば難しい部分もあります。というのも痩せている人は、体全体に脂肪が少なく、バストもその分大きくなりづらいという背景があるからです。

しかしバストアップする仕組みやバストアップさせるための方法を身につければ、痩せていても女性らしいバストを手に入れることができるといわれています。

とくに痩せ型の人がバストアップするために必要なのは以下の3つ:

・十分な睡眠をとること
・栄養不足にならないよう、バランスのとれた食事をしっかりとること
・ストレスを溜めないようにすること

このポイントをおさえた上でバストアップ効果を高める方法を取り入れれば、さらに効果的です。細身だからと諦めず、前向きにバストアップに取り組み、理想のバストを目指しましょう。

痩せ型=貧乳になりやすい理由

痩せてる人で豊満なバストをしている女性が少ないと感じたことはないでしょうか。実は、体型とバストには深い関わりがあるといわれています。

バストの9割は脂肪。痩せてる人は胸にも脂肪がつきにくい

バストの大部分、約9割は、脂肪でできています。胸の大きさを左右するのは。この脂肪が多いかどうかにかかっているといっても過言ではありません。

ところが全身の脂肪が少ない、スリム体型の方の場合は、胸の脂肪も少なくなりがち。つまり痩せている人は、標準体型の人に比べて、胸が小さくなりがちだといえそうです。

極端な痩せは、女性ホルモンが分泌されにくくなる危険性も

ハリとボリュームのあるバストをつくるには、女性ホルモンが正常に分泌されていることが大切です。しかし過度なダイエットやハードな運動などで急激に体重が減少した場合、女性ホルモンの分泌がストップしてしまう原因に。

単に生まれつき華奢、肉がつきにくい体質ならば問題ありませんが、痩せるためにムリな食事制限などをしている場合は、無月経など健康への悪影響も増大するので注意が必要です。

体が冷えやすく、血行不良になりやすい

痩せ型の人は、全身の筋肉量が少ない傾向にあります。筋肉が少ないと、体が熱をつくれずに低体温になったり、冷え性になったりすることも。

そうなってしまうと、体の血行が悪くなり、バストアップをするための栄養がスムーズに胸まで運ばれず、胸の成長を妨げてしまいます。

食事の量が少なすぎる

痩せている人の中には、そもそも少食であるというケースと、あまり栄養がないものばかり食べているケースがあります。

食べる量が少ない、栄養が不足していれば、スリムな体型でいられるかもしれませんが、健康にもバストにも悪影響を及ぼします。

バストアップには、乳腺の発達が必要不可欠

太っても胸に脂肪がつくとは限らない

痩せてる人のほうが、胸が小さくなりやすいというのならば、単純に太ればよいと考える人もいるかもしれません。しかし注意すべきなのは、体重を増加させたとしても胸に脂肪が集まってくるとは限りません。

胸にたくさん脂肪をつけるためには、乳腺を発達させる必要があるからです。単純に太るだけであれば、思わぬところに肉がつき、スタイルを崩してしまう原因になります。

乳腺を発達させ、胸に脂肪をつけることがバストアップの秘訣

胸に脂肪を集めるためには、乳腺を発達させる必要があります。乳腺が発達することで、その乳腺を守るために周りに脂肪がつくというメカニズムがあるからです。

どんなに努力して太ったとしても、乳腺が発達していない状態では、バストのボリュームアップには結びつきません。

女性ホルモンや成長ホルモン

では乳腺を発達させるにはどうしたらよいのでしょうか?その鍵となるのが、女性ホルモンです。女性ホルモンには2種類あり、乳腺を増殖させる作用を持つエストロゲンと、乳腺を発達させる作用があるプロゲステロンがあります。

この2つのホルモンがバランスよく分泌されることで、乳腺が発達し、その周りに脂肪がつく=バストアップにつながるというわけです。

また成長ホルモンも、バストアップには欠かせないホルモンのひとつ。バストのハリをキープしてくれる作用があり、ふくよかなバストをつくるのに役立ちます。

生活習慣を見直し、バストが成長できる環境を整えましょう

痩せてる人がバストアップするためには、まず生活面を見直して、育乳環境を整えることが重要だといわれています。

規則正しい生活で、ホルモンバランス整えて

夜更かしが続いていたり、朝起きる時間にばらつきがあったりすると、ホルモンバランスが崩れる原因になります。すると乳腺の発達ができなくなり、残念なバストになってしまうことも。

また睡眠中に分泌されるはずの成長ホルモンが十分に分泌されず、バストのハリを失わせ、小さく見えてしまう要因にもなります。そうならないためにも、起床時間・就寝時間を一定に保ち、生活リズムを整えることが大切です。

栄養バランスの整った健康的な食生活で、美しいボディーラインに

痩せているのは、単に食べる量が少なかったり、必要な栄養素を補えていなかったりといった悪い食生活が隠れているケースがあります。身長に対して、健康を維持するために必要な体重をキープするためには、きちんとバランスの整った食事をとるようにしましょう。

また毎日の食生活を見直せば、痩せすぎを回避し、女性らしい体づくりに役立つはずです。

ストレスと向き合い、減らす努力を

美しいバストをつくるためには、ストレス対策も重要なポイントです。
人がストレスを受けると、食欲不振を引き起こし、さらに痩せてしまうことがあります。

またストレスは自律神経に影響を与え、女性ホルモンの分泌を阻害。血行不良や冷えを引き起こすこともあり、胸の発育に必要な栄養や女性ホルモンが不足してしまい、結果バストを小さくしてしまうといわれています。

バストアップとストレスは、一見関係がないようですが、実はつながっているので、普段からストレスを溜めすぎないようにすることが重要です。

痩せてる人でもできる、バストアップ方法


ここではさらにプラスして取り組みたいバストアップ方法を紹介します。バストアップの効果を高められるはずです。

大胸筋の筋トレ

筋トレは痩せている人には効果がないのでは?そんな思いを持つかもしれませんが、痩せてる人こそ筋肉が不足している傾向にあるので、筋肉を鍛えるのは効果的です。

とくに胸の筋肉を鍛えれば、胸をしっかり支える土台をつくることができます。筋トレでは胸そのものを大きくするわけではありませんが、胸板が厚くなるので、ボリュームアップしたように見せることができるのも嬉しいポイントです。

やり方はとても簡単なので、ちょっとしたスキマ時間に取り入れてみましょう。

まずは胸の前で両掌を合わせます。そして両手をグーッと中心に向かって押し合いましょう。

力を入れたときに、胸に力が入るのを感じながらおこなうのがコツ。これは合掌のポーズといって、筋肉がない人でも簡単にできるのでおすすめです。

血行促進・リンパの流れを改善

血行を改善して、バストアップを助けましょう。湯船にしっかり浸かることで、全身を効率よくあたため、血流改善に効果的です。

またリラックス効果も期待できるので、バストアップしたいなら積極的にお風呂に浸かる習慣をつけるとよいでしょう。そして血流と合わせてリンパの流れをスムーズにして、老廃物を排出するのもバストアップには欠かせないケアです。

リンパマッサージで、しっかりケアしていきましょう。とはいえリンパマッサージは強く揉んだり、こすったりする必要はありません。

優しく撫でるようにおこなってください。とくに胸の上にある鎖骨、脇の下にはリンパ節があるので、軽く刺激を加えると効果的です。

専門家による育乳マッサージ

バストアップマッサージは、セルフでもできますが、痩せ型の人の場合は、その効果を実感しにくいことも。そこで利用したいのが専門サロンなどで受けられるバストマッサージです。

バストアップのプロが、あなたの体質などをしっかり見極めた上で、適切なマッサージをしてくれます。また自宅でできるケア方法などについても教えてもらえるので、積極的に利用してみてはいかがでしょうか。

(まとめ)痩せてる人でも、バストアップできますか?

1. 痩せてる人であっても、バストアップする可能性があります

バストアップは、痩せてる人でも可能だと考えられています。十分な睡眠と栄養バランスのとれた食事、ストレスを溜め込まないことが重要です。

加えてバストアップ効果を高める方法を実践し、理想的なバストを目指しましょう。

2. 痩せ型=貧乳になりやすい理由

バストの大部分を占めているのは脂肪で、痩せてる人の場合はそもそも体にある脂肪が少ない傾向にあります。これにより、バストが小さくなりがちに。

また体が冷えやすく、血行不良に陥りやすかったり、食事量が十分でなかったりと、胸を小さくしてしまう原因が潜んでいます。

3. バストアップには、乳腺の発達が必要不可欠

バストアップするには、乳腺を発達させるために、女性ホルモンや成長ホルモンなどの分泌が正常に機能させることが重要になってきます。単純に太るだけでは、体脂肪が増えても胸に脂肪がつくとは限らないので注意が必要です。

4. 生活習慣を見直し、バストが成長できる環境を整えましょう

細身体型の方の場合は、まず生活習慣を改め、育乳環境を整える必要があります。規則正しい生活を心がけ、栄養バランスのとれた健康的な食事を意識しましょう。

またストレスを上手に発散して、溜めないようにすることも、ホルモンバランスを整える上でポイントになります。

5. 痩せてる人でもできる、バストアップ方法

バストアップには、胸の土台となる大胸筋を鍛えることが有効です。また血液やリンパの流れを改善すれば、胸に必要な栄養などを運び、胸の発達に効果的です。

またプロの手を借りて育乳マッサージを受けるのもおすすめ。