リンパが滞り老廃物が溜まるとバストアップを妨げます


女性にとって、豊かで形のよいバストは憧れです。バストアップに効く筋トレや食べ物などはさまざまありますが、老廃物を溜めないことも大切となります。

体内の老廃物はリンパによって回収され、リンパ節で排出されます。この排出の機能がうまくいかないと老廃物が溜まり、むくみやだるさ、お肌のくすみなどを引きおこすのです。

リンパ節は、首の周辺や脇の下、足のつけ根など体の至るところにありますが、とくに鎖骨や脇の下。このリンパ節の滞りが、バストアップを妨げてしまいます。

これは、老廃物が溜まると代謝や血行が悪くなるためです。とくにバストの栄養は血液にのって運ばれるため、血行不良になるとバストに必要な栄養が行き届かなくなってしまいます。

また老廃物がつまるとホルモンバランスの乱れにもつながり、バストの成長や形成に悪影響となります。バストアップを目指すのなら、リンパの働きをしっかりと機能させ、老廃物を溜めない体をつくりたいものです。

リンパマッサージで老廃物の排出を促しましょう

鎖骨の上を指圧してリンパの流れを促す

老廃物をしっかりと排出するためには、どうすればいいのでしょうか。
それには、リンパのマッサージが効果的です。

バストアップに効くリンパマッサージとしては、鎖骨の上の指圧があります。人差し指と中指をそろえて、鎖骨の上のくぼみの部分を左右それぞれ5~10回程度押してください。

力は入れすぎず、そっと指圧するのがポイントです。その次に、人差し指と中指、薬指をそろえ、アゴから鎖骨のくぼみに向かって上から下にさすります。

これも、左右それぞれ5~10回程度繰り返しましょう。鎖骨のリンパ節の滞りはバストの形や成長に大きく影響しますので、マッサージでリンパの流れを促すとよいでしょう。

脇のリンパのマッサージも有効

脇の下のリンパ節に老廃物が溜まることも、バストに悪影響を与えます。きれいなバストを育むには、この脇の下で、リンパの流れを良くすることも必要です。

脇の下のリンパをマッサージするには、右の脇の下を左手の親指で指圧をします。その際には、残りの4本の指を背中側にあてて固定するのがポイントです。

痛くない程度の力加減で10秒程度押し、左の脇の下も右の親指で同様に押してください。脇のリンパのマッサージをもうひとつご紹介します。

右手を上げたら左手を脇の下にあて、その左手をくるくると回しましょう。力を入れすぎず、優しく回すのがコツです。

まずは鎖骨のリンパをマッサージしてから、脇の下のリンパをマッサージすると、より効果的です。自分で簡単にできるマッサージなので、きれいなバストをつくるためにとり入れてみてはいかがでしょうか。

リンパを傷つけないよう優しくマッサージをしましょう

バストのマッサージでリンパを流す

バストにもリンパ管は張りめぐっているので、マッサージをすることにより老廃物を排出することができます。バストの上下をマッサージすることで、リンパの流れを促進していくという方法です。

リンパを脇の下に流すようなイメージで、胸の谷間から乳房の下を通り脇の下まで指でなぞってください。

次に胸の谷間から乳房の上を通り、脇の下まで指でなぞります。上下とも5回ずつ行ってください。

最後に胸の下からバストトップを通り鎖骨までを直線でなぞり、リンパを流しましょう。

リンパマッサージのポイントとは

リンパマッサージをおこなうときに気をつけたいのは、力を入れすぎないことです。リンパが流れるリンパ管はデリケートなので、力を加えすぎると傷ついてしまいます。

マッサージ中に痛いと感じたら力の入れすぎなので、注意をしましょう。リンパを指圧したり、さすったりするのは、優しくおこなってください。

またリンパマッサージは入浴後の血行が良くなったタイミングでおこなうと、効果的です。さらに水分を補給してからマッサージをすると、よりリンパの流れを促してくれます。

マッサージ後に利尿作用のあるコーヒーやお茶を飲むのもよいでしょう。マッサージをすることで肌を傷つけるのが心配な人は、ローションやオイルを使用しましょう。

入浴中なら、ボディソープをローションの代用にして、マッサージすることもできます。老廃物の排出を促すために、正しい方法でリンパのマッサージをおこなってください。

姿勢が悪いとリンパの流れを妨げてしまいます

リンパの流れを妨げる習慣

リンパの流れを良くして老廃物をしっかりと排出するために、日頃から気をつけたいことがあります。それは、正しい姿勢を保つことです。

姿勢が悪いとリンパの流れを妨げてしまいます。とくに猫背はバスト周辺のリンパを圧迫するため、老廃物の滞りにつながります。

スマホを操作するときは猫背になりがちなので、注意をしたいものです。長時間同じ姿勢でいるのも、リンパの流れを悪くします。

デスクワークなど座りっぱなしの仕事に就いている人は、要注意です。1時間に一度は席を立って歩くなど、体を動かすよう工夫をしましょう。

また筋力が弱いとリンパが流れにくくなる傾向があります。筋トレで筋肉をつけるのも、リンパの流れの促進につながります。

バストアップに効く、鎖骨の下のマッサージ

鎖骨の上を指圧するリンパマッサージをご紹介しましたが、鎖骨の下のマッサージもバストアップに有効です。鎖骨の下をマッサージすることで、小胸筋のコリをほぐすことができます。

鎖骨の下を指で押してみて、硬いと感じたら小胸筋がこっているサインです。小胸筋がこり固まっていると、下垂するなどバストの形崩れを引きおこしてしまうので、マッサージでほぐすとよいでしょう。

やり方は、指で痛くない程度の力加減で指圧するという簡単なものです。パソコンの操作や料理など腕を前にだす作業は小胸筋がこりやすいので、そのような作業をする機会が多い人におすすめのマッサージです。

また猫背の人や肩や首がこっている人も、小胸筋が硬くなっている可能性が高いので、鎖骨の下のマッサージをとり入れるとよいでしょう。

バストアップにはホルモンバランスの安定も大切です

ホルモンバランスの乱れにも注意

バストアップを目指すなら老廃物を溜めないことのほかに、ホルモンバランスを整えることも大切です。ホルモンバランスは、体調・ストレス・環境の変化など、些細なことで乱れやすいものです。

生理周期が一定でない人や、生理痛が重いという人は、ホルモンバランスが乱れやすいかもしれません。バストの形成や成長には女性ホルモンが大きく関わっていますから、きれいなバストをつくるにはホルモンバランスが安定していることが重要となります。

睡眠不足や運動不足は大敵

ホルモンバランスを整えるためには、生活習慣に気を配りたいものです。睡眠不足や運動不足はホルモンバランスを乱す要因となります。

睡眠時間は7時間は確保し、夜更かしは避けましょう。またウォーキングやストレッチなどの適度な運動を習慣づけることも大切です。

ストレスを感じやすく、イライラすることが多い人も、ホルモンバランスの乱れに要注意です。心をリフレッシュする時間をつくって、日々を穏やかに過ごすとよいでしょう。

おすすめのリラックス方法は、湯船につかることです。ぬるめのお湯にゆっくりつかると副交感神経が刺激され、心身をリラックスさせることができます。

シャワーだけで済ませるのではなく、湯船につかる習慣をもつことをおすすめします。また喫煙や過度な飲酒も、ホルモンバランスに悪影響となります。

バストアップを目指すなら喫煙はひかえ、お酒は適量を守って、ホルモンバランスの安定に努めましょう。

バストに必要な栄養をしっかり摂取しましょう

バストの栄養不足に注意

リンパの流れを促進して老廃物を排出することと同様に、体のなかからバストアップに働きかけるには、食生活にも気を配りたいものです。食事で栄養をしっかり摂取していないと、バストも栄養不足になりサイズダウンや形崩れを引きおこしてしまいます。

栄養をしっかりとるためには、1日3食バランス良く食べることが大切です。朝食をぬいたり、外食が多かったり、インスタント商品やファストフードで食事を済ませることが多いという人は、栄養不足に陥りやすいので注意が必要です。

バストアップに有効な食材

バストによいとされる栄養を多く含む食材も、幾つかあります。たとえば大豆イソフラボンを含む大豆食品が挙げられます。

大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするのですが、エストロゲンはバストの成長や形成に重要なホルモンです。大豆食品には、豆腐・納豆・豆乳など、加熱せず手軽に食べられるものがあるので、エストロゲン不足が気になる人はとり入れてみましょう。

またたんぱく質もバストアップには必要な栄養です。たんぱく質は植物性と動物性のものをバランス良く摂取するのが好ましいのですが、植物性のたんぱく質は大豆食品から摂取することができます。

動物性のたんぱく質は、鶏のささみ・牛や豚の脂身の少ない赤身肉・鮭・マグロ・サンマなどの魚から良質なものを摂取しましょう。

主食・主菜・副菜でバランス良く栄養をとることを基本として、バストアップに有効な食材を積極的にとり入れるとよいでしょう。

(まとめ)老廃物がバストアップを妨げるって本当?

1. リンパが滞り老廃物が溜まるとバストアップを妨げます

バストアップを目指すなら、体に老廃物を溜めないことも大切です。リンパ節で老廃物がしっかり排出されないと、代謝や血行が悪くなり、バストのサイズダウンや形崩れにつながります。

老廃物の排出の鍵をにぎるリンパの流れを良くして、きれいなバストをつくりたいものです。

2. リンパマッサージで老廃物の排出を促しましょう

老廃物をしっかり排出させるには、マッサージでリンパの流れを良くすることが効果的です。バストアップに効くリンパマッサージとしては、鎖骨の上のくぼみを指圧するものがあります。

また脇の下のリンパマッサージも、バストアップのためにとり入れるとよいでしょう。

3. リンパを傷つけないように優しくマッサージをしましょう

バストのリンパを脇の下に流すマッサージも、老廃物の排出に有効です。リンパマッサージをする際に気をつけたいのは、リンパ管を傷つけないよう力の入れすぎに注意することです。

またリンパマッサージは入浴後の血行がよいときにおこなうと、より効果的です。

4. 姿勢が悪いとリンパの流れを妨げてしまいます

姿勢が悪いとリンパ管が圧迫されて、リンパの流れを妨げてしまいます。とくに猫背はバスト周辺のリンパを圧迫するので、改善したいものです。

またデスクワークなどで長時間同じ姿勢をするのも、リンパの流れを悪くするので注意が必要です。

5. バストアップにはホルモンバランスの安定も大切です

バストアップには、老廃物を溜めないことのほかにも、ホルモンバランスを安定させることが大切です。ホルモンバランスは、体調やストレスなどの影響で崩れやすいものです。

食生活や生活習慣に気を配り、ホルモンバランスを整えるよう努めましょう。

6. バストに必要な栄養をしっかり摂取しましょう

バストアップのためには、充分な栄養をとることも必要です。1日3食、バランスのよい食事を基本としつつ、大豆食品に含まれる大豆イソフラボン・赤身肉や魚類に含まれる良質なたんぱく質など、バストアップに効く栄養を積極的に摂取するとよいでしょう。