胸の成長期は20~25歳くらいまでといわれています


もっと胸が大きくなってほしいと望む方も多いのではないでしょうか。しかし実はいつまでも胸が大きくなり続けるわけではありません。

人の身長に成長期があるように、もちろん胸にも成長期があります。女性の胸はエストロゲンという女性ホルモンの影響を受けて成長していきます。

個人差はありますが、胸が成長し始めるのは初経の頃です。女性ホルモンの分泌量が少しずつ増えていき、それに伴って胸だけでなく体全体が丸みをおびてふっくらとした女性らしい体つきへと変化していきます。

そして20歳頃までに体つきや胸の大きさなどが成長を終え、完全に大人の女性の体になっていくのです。とはいえその後はまったく変化しないのかというと、そうでもありません。

妊娠や出産、体型の変化などでサイズが変わることがあります。しかしそれ以外の理由で何もしていないのに大幅にボリュームアップするということは考えにくいかもしれません。

成長期が過ぎた後に何もケアをせずにいると、加齢が原因で下垂やサイズダウンしてしまう可能性が高まります。バストケアを心がけたり、正しくブラジャーをつけたりすることで、胸を美しく維持することが大切です。

胸は段階を踏んで成長し、20歳頃には大きさが決まります

女性の胸はエストロゲンという女性ホルモンの影響を受けて成長していきます。体内でエストロゲンの分泌が増えていくと、胸の内部に「乳腺」という母乳を作ったり、分泌したりするための組織が発達していきます。

そして乳腺を守るために、周囲に脂肪がついていくことでボリュームのある丸い胸ができあがるのです。なお胸の成長段階は3つにわかれています。

 ① 初経の1年くらい前

バストトップの周辺がうっすらふくらみ始めます。まだ男女差があまりなく、ほとんど目立ちません。

 ② 初経前後

バストトップを中心に、少しずつ横へふくらんでいきます。まだ脂肪は少なくて硬い状態です。

チクチク、じんじんといった成長に伴う痛みを感じる人もいます。違和感や不快感が出てきたらブラジャーの出番です。

 ③ 思春期にかけて

ふくらみのボリュームが増していき、全体的に丸みをおびて立体的になってきます。女性ホルモンの分泌がピークを迎えるといわれている20歳前後の成長がもっとも盛んで、25歳頃には成長が止まることが多いです。

この時期に女性ホルモンが多く分泌されるほど、大きな胸になる可能性が高くなります。そのため胸を成長させるために必要な栄養補給やバストケアをしていくとさらに効果的です。

胸の大きさはホルモンの分泌量が影響します


胸は遺伝的な要素よりも、成長期の女性ホルモン分泌量によって大きさが決まるといわれています。ではなぜ人によってホルモンの分泌量が違うのでしょうか?

女性ホルモンの分泌量の鍵は、体や心の健康状態です。過度な運動やダイエット、ストレス、睡眠不足などによって自律神経のバランスが崩れてしまうと、女性ホルモンの分泌が減ってしまいます。

とくに思春期は人間関係や家庭環境、受験などが原因でストレスが溜まりやすい時期なので、女性ホルモンの分泌をさまたげないような生活環境を整えることが大切。

なお日本産婦人科学会によると、日本人の初経が始まる平均は12歳前後とされています。そのため12歳頃から、女性ホルモンの分泌量がピークを迎える18~20歳くらいまでに、バランスのよい食事と規則正しい生活を送るようにしましょう。

成長期が過ぎても、大きくなる可能性はあります

胸の成長期が過ぎても、大きくなることがあります。1つは、体重の変化、そしてもう1つはホルモンバランスの変化です。

体重の変化

胸の多くは脂肪で作られています。そのため体重の変化によって胸は大きくなったり小さくなったりする可能性があります。

体重が増えているということは、必然的に体内の脂肪が増えている可能性が高いです。そのため胸に脂肪が蓄えられて大きくなることがあります。

しかし逆の可能性も考えられます。過度なダイエットをしてしまうと、体内の脂肪が減ってしまい、胸が小さくなってしまう可能性もあるので気をつけてください。

ホルモンバランスの変化

生理前になると胸が張ったり、普段使用しているブラジャーがきつく感じたりすることがありませんか?それは女性ホルモン「プロゲステロン」が原因です。

プロゲステロンは排卵後に分泌されるのですが、このホルモンは妊娠に備えて子宮のコンディションを整える効果があります。その影響で乳腺が刺激されて、胸が少し張ったような感じになり、大きくなることがあるのです。

しかしこのサイズアップは一時的なもので、生理が開始する頃には現象が収まりサイズも元に戻ります。ちなみに、この生理前の胸が大きくなっている時は、乳腺が水を蓄えてむくんでいる状態です。

そのためバストアップケアをするには向かない期間になります。女性らしい体を作り出すホルモン「エストロゲン」が分泌している期間がバストアップに向いているので、生理後から排卵日までの1週間半くらいを狙ってマッサージなどを行いましょう。

成長期が過ぎたら、美しさを維持する努力をしましょう


加齢とともに、女性の胸はハリを失い、垂れてくる傾向があります。一度横へ広がったり、下垂してしまったりした胸を簡単に元に戻すことはできません。

そのため成長期が過ぎたら、大きくすることを望むよりも、胸を美しく維持することを意識していきましょう。美しいバストを維持するためには、筋力アップと血液やリンパの流れを良くしておくことが大切です。

たとえば猫背になっていたり、肩が体の内側に入って縮こまっていたりすると、胸周りの血流やリンパの流れが悪くなってしまいます。

また体が冷えている場合も同様で、血流が悪くなる原因になります。胸周りの血液やリンパの流れが悪くなってしまうと胸に栄養が行き渡らなくなり、サイズダウンや下垂の原因になりかねません。

そのため日頃から正しい姿勢をキープする、適度に運動やストレッチをして筋肉のこわばりをほぐす、体を内側から温めるなどのケアに気をつけていきましょう。また胸の9割は脂肪でできているため非常に柔らかく、油断していると背中や二の腕、脇の下へ流れていってしまいます。

流れていく脂肪を、本来あるべき場所に戻すためにはマッサージや筋トレが最適です。入浴後に保湿クリームやオイルなどを使った胸のマッサージや、大胸筋を鍛えるようなトレーニングなどをしていきましょう。

日々のバストケアを根気強く続けていくことで、実年齢よりも若々しいハリのある胸を維持することができます。

美乳を作るには、ブラジャーの付け方が大切です

下垂していく胸をキープして、美乳を作るためにはブラジャーの使い方が大切です。楽だからといって、普段からホールド力が低いブラジャーばかりを使用していると、しだいに下や横に胸が流れ落ちてサイズダウンや下垂の原因になります。

またブラジャーを正しく着用することで、流れていった脂肪を集めてバストアップが見込めるかもしれません。

ブラジャーの正しい付け方

正しく着用することで、脇や背中に流れていた肉が胸部分に集まってくるため、バストアップすることができます。ストラップに腕を通し、体を前傾させた状態でカップに胸をしっかりと収めてから後ろのホックを止めましょう。

ホックを止めた後、前傾姿勢のまま左右や胸の下部分に流れてしまっているお肉を寄せ集めてカップに収めるようにします。ワイヤーが胸の下にちょうどぴったり沿うように位置を調節してください。

毎回きちんとストラップを確認し、指1本がすっと入る程度の長さに調節しましょう。間違った着用方法だと肩こりや疲れの原因になりますし、揺れが抑えられないために垂れてしまう原因になります。

きちんと着用して、快適に過ごしましょう。日中も気になった時は、こまめに直すとさらによいです。

また意外と忘れられがちなのが就寝中。眠る時は息苦しいのが苦手ということで、ノーブラで寝てしまっている方も多いのではないでしょうか。

しかし胸は柔らかいので、支えがないとすぐに重力の強い影響を受けてしまいます。そのため寝ている時でもしっかりとホールドしておくことが大切です。

なお日中用のブラジャーは下向き(足方向向き)にかかる重力に耐えられるような構造になっていますが、足方向以外の重力には対応していません。就寝時は様々な方向に対してホールドできるナイトブラを使用するとよいでしょう。

(まとめ)何歳まで胸は大きくなるの?

1. 胸の成長期は20~25歳くらいまでといわれています

人の成長期があるように、胸にも成長期があります。この成長期を過ぎると、急激に大きくなることは考えにくいです。

その後は加齢に伴う下垂やサイズダウンなどを避けるため、美しくハリのあるバストを維持するケアをしていきましょう。

2. 胸は段階を踏んで成長し、20歳頃には大きさが決まります

女性の胸は初経の1年ほど前から徐々に成長し、ホルモン分泌がピークを迎える20~25歳頃を境にして成長が止まるといわれています。この成長期に女性ホルモンの分泌を促す生活をすることが、胸を大きくするために重要です。

3. 胸の大きさはホルモンの分泌量が影響します

胸の大きさは、成長期のホルモン分泌量に影響を受けます。体や心の健康状態によって分泌量が変化するので、過度な運動・ダイエット・睡眠不足などを避けるようにしましょう。

とくに思春期はストレスが溜まりやすい時期なので注意が必要です。

4. 成長期が過ぎても、大きくなる可能性はあります

胸の成長期が過ぎても、体重の増加やホルモンバランスの変化でサイズアップする可能性があります。とくにエストロゲンが分泌しやすい生理後から排卵日までの1週間半を狙って、バストアップケアを行うと効果がアップします。

5. 成長期が過ぎたら、美しさを維持する努力をしましょう

女性の胸は柔らかいため、加齢に伴い下垂していく傾向があります。そのため成長期が過ぎたらサイズアップよりも、美しいバストを維持できるように心がけましょう。

胸のマッサージや大胸筋を鍛えるようなトレーニングがおすすめです。

6. 美乳を作るには、ブラジャーの付け方が大切です

胸の下垂やサイズダウンを防ぐためには、日頃のブラジャーの使い方が重要です。とくに睡眠中は忘れられがちですが、ナイトブラなどを使用してしっかりとホールドしてあげましょう。

正しく着用することで、バストアップも期待できます。