ピルとバストアップサプリは一緒に飲むことはできません


ピルとバストアップサプリは併用して飲むことができません。

ピルは女性ホルモンを補う薬です。

バストアップサプリには女性ホルモンに似た作用を持つ成分が含まれているため、ピルと併用することで女性ホルモンが過剰になることがあります。

また、ピルは体を妊娠に近い状態にする薬ですから、副作用としてバストの張りや頭痛などを感じることがあるので注意しましょう。

ピルはバストアップを併用すると女性ホルモンが過剰になることがあります

ピルは経口避妊薬として有名ですが、さまざまな理由で利用されている薬です。

ピルが認可されたのは1998年のことですが、生理痛の緩和などをいろいろな目的で使われるようになりました。

これからピルを飲もうか考えている人は、ピルとサプリメントとの相性を知っておきましょう。

バストアップを目的としたサプリメントは大豆イソフラボン、プエラリア、ミリフィカなどの女性ホルモンに似た成分が入っています。

しかし、ピル自体はエストロゲンとプロゲステノーゲンというホルモンが入っている薬です。

そのため女性ホルモンを補うバストアップサプリを飲むことで作用が強く出てしまうことがあると言われています。

女性ホルモンの過剰摂取はホルモンバランスを崩してしまう原因にもなるでしょう。

また、ビタミンCのサプリメントも副作用が強く出てしまうと言われています。

心に効くサプリと言われるセントジョーンズワートもピルとの併用に注意です。

セントジョーンズワートの場合はピルの効果を弱めてしまうと言われています。

ピルの処方を受けるときは、利用しているサプリメントの種類などを医師に伝えて判断を仰ぎましょう。

ピルにはある程度バストアップ効果があると言われています


ピルにはさまざまな副作用があります。

その中でまことしやかにささやかれている噂がバストアップできるというものです。

ピルは女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンなどの量を調整する作用があります。

そのため副作用としてバストが張ったり大きくなったりすることがあると言われています。

ピルを飲み続けて体内のホルモン量が安定することで、バストアップ効果を感じる人もいるでしょう。

また皮下脂肪が溜まりやすくなることでバストアップしたように感じることもあるかもしれません。

このピルの作用は厚生労働省も認めています。

しかし、バストアップを目的としてピルの処方を受けることは認められていません。

ピルは健康リスクや副作用もある医師の処方が必要な薬です。

副作用を抑えた低用量ピルもありますが、副作用を抑えているためバストアップ効果も限定的です。

実際に厚生労働省の基準でも乳房増大の発生率はそこまで高くはありません。

またピルでバストアップしたとしても、服用を止めてしまえば徐々にサイズダウンしてしまいます。

バストアップを目指すのであれば、安全で効果が続くほかの方法をおすすめします。

ピルは効果や副作用を理解して服用しましょう

ピルは女性ホルモンによって体のホルモンバランスをコントロールする薬です。

ピルを服用することで妊娠している状態に近くなり、排卵が止まります。

その結果、妊娠しにくくなるなどの効果が期待されます。

また避妊以外の理由でピルを服用する人もいます。

たとえば、生理痛や生理不順、月経前症候群など生理に関係するトラブルの改善としてピルを服用する人もいるでしょう。

ただし、ピルには副作用やデメリットもあります。

副作用として挙げられるのがつわりのような吐き気やバストの張りです。

また女性ホルモンの作用で頬骨のあたりにシミができる人や吹き出物ができてしまう人もいます。

軽度の副作用の場合は、ピルを飲み続けることで治まることもこともありますが、場合によってはピルの種類を変えるなどの対策も必要です。

ただし、副作用の出方は個人差があるため、副作用が気にならないという人もいます。

ピルは効果を理解して使えば心強い薬です。

ピルの処方を受けるときには医師の説明を受けて、その効果や副作用を正しく理解するようにしましょう。

(まとめ)ピルとバストアップサプリって一緒の飲めるの?

1.ピルとバストアップサプリは一緒に飲むことはできません

バストアップサプリには大豆イソフラボンやプエラリア、ミリフィカなど女性ホルモンに似た働きを持つ成分が入っています。

そのためピルとの併用はできません。

ピルの処方を受けるときには副作用や注意点の説明をよく聞きましょう。

2.ピルはバストアップを併用すると女性ホルモンが過剰になることがあります

ピルは女性ホルモンを補う薬です。

一方でバストアップサプリも女性ホルモンに似た成分が入っています。

両方を飲むと女性ホルモンが過多になりホルモンバランスが崩れることがあります。

ピルの処方を受けるときには必ず医師に相談しましょう。

3.ピルにはある程度バストアップ効果があると言われています

ピルは女性ホルモンを補ってコントロールするための薬です。

そのため副作用としてバストが大きくなったり張りを感じたりすることがあると言われています。

しかし、バストアップのための服用は認められていません。

さらに服用を止めると元に戻ってしまいます。

4.ピルは効果や副作用を理解して服用しましょう

ピルは体を妊娠に近い状態にすることで、排卵を止める薬です。

避妊以外にも生理トラブルの緩和などを目的に服用されています。

ただし、副作用として吐き気や頭痛などを感じることもあります。

処方を受けるときには必ず医師の説明を受けましょう。