睡眠不足は女性ホルモンの分泌が乱れやすくなるためバストアップの妨げになりやすいです


バストアップには女性ホルモンを安定して分泌させることが必要で、睡眠不足になるとバランスが崩れやすくなってしまいます。

そのため質の良い睡眠を毎日十分取ることが大切です。

そしてストレスや運動不足も女性ホルモンの分泌バランスを乱す原因になりやすいので、日頃からストレス発散や運動不足の解消に取り組みましょう。

またプラスして育乳マッサージを受けるようにすると、バストへのマッサージだけでなく肩周りまで揉みほぐしてもらえることから、肩こり改善に役立ちその結果体がリラックスして質の良い睡眠にもつながります。

女性ホルモンの分泌を安定させるには十分な睡眠が必要です

バストと関わりの深い女性ホルモンの分泌はとても繊細な働きのため、睡眠不足になって体の調子が乱れると同じようにバランスを崩す可能性があります。

そのため睡眠不足にならないよう、夜更かしせず眠ることがバストアップには大切です。

質の良い睡眠の取り方

女性ホルモンの分泌を安定させるには、ただ長い時間眠りにつくのではなく、質の良い睡眠を取ることがおすすめです。

そのためには、夜更かしせず早めに寝ることのほかに、寝る前にパソコンやスマホの画面を見ないこと、ストレッチやヨガをして寝る前に心を落ち着かせることなどがあります。

ほかにも日中に適度な運動をしておくと心地よい疲労感によく眠りやすくなるのです。

睡眠の質を高めたい時間帯に注意しよう

ホルモン分泌は寝ている間活発になりますが、特に眠り初めの3時間で最も行われるのでその間にぐっすり眠ることが必要です。

寝る時につけているブラジャーもあまりきつい物では寝苦しくなり睡眠の質が落ちてしまうので、体に合ったナイトブラを着用しバストアップしたバストを、無理なくバストの形崩れ予防しましょう。

ストレスや運動不足も女性ホルモンの分泌を妨げやすい要素です


バストアップには欠かせない女性ホルモンの安定した分泌は、大きなストレスを抱え続けたり運動不足になったりしてもバランスが乱れやすくなります。

そのため日頃から適度にストレス解消し、体を動かす習慣をつけましょう。

運動はストレス解消にもなる

体を動かすと体内の血流がアップするため、栄養は全身に行き渡りやすくなり、不要な物の排出もしやすくなります。

すると必要な栄養素が体のすみずみまできちんと届いていることになるため、体が動かしやすくなり運動がより楽しくなります。

外をウォーキングするような簡単な運動でも、周りの景色を楽しみながら歩くことやウォーキングに集中することでストレス解消になるのです。

時間がない時は自宅でリラックス

運動する時間が取れない時には、帰宅後自宅でゆっくり湯船につかるなどして心と体をリラックスさせましょう。

ストレスを感じていると体は緊張状態になるため、緊張を解いてリラックスすることでストレスから解放されるようにします。

そして寝る前にストレッチやヨガをして静かな時間を過ごすほか、パソコンやスマホの画面を見ると視神経が興奮して眠りづらくなるので、できるだけ見ないようにしましょう。

リラックスも期待できる育乳マッサージでバストアップを目指すこともできます

質の良い睡眠を取るには、体がストレスで緊張した状態になく、リラックスしていることがポイントです。

その点オールハンド育乳マッサージはバストアップが目指せるだけでなく、リラックスまで期待できる施術なので、質の高い睡眠が期待できます。

なぜならこの施術はバストをマッサージして乳腺を刺激しバストアップを目指すだけでなく、肩・脇の下・二の腕・背中を揉みほぐして肩こりなどの改善もできるためです。

肩こりや首のこりなどがひどいとなかなか眠りにくい状態になり、睡眠不足になってしまうこともあるので睡眠の質を高めるために、試してみるのも良いでしょう。

それに背中などのお肉も揉みほぐすことで流れやすくなり、バストへ向けて流していくことでもさらにバストアップが期待できます。

もしバストについてのお悩みがあれば、施術前のカウンセリングで伝えておきましょう。

するとご希望に合った施術を受けやすくなり、理想のバストへ近づきやすくなります。

(まとめ)睡眠不足はバストアップの妨げになるの?

1.睡眠不足は女性ホルモンの分泌が乱れやすくなるためバストアップの妨げになりやすいです

女性ホルモンのバランスの安定がバストアップに不可欠で、睡眠不足はそれを乱してしまうため質の良い睡眠をしっかり取りましょう。

ストレスや運動不足もホルモンバランスに影響してバストアップの妨げになりやすいため、適度に解消することがおすすめです。

2.女性ホルモンの分泌を安定させるには十分な睡眠が必要です

バストアップに関わりのある女性ホルモンの分泌は睡眠不足で不安定になりやすいため、夜更かしせず質の良い睡眠を取ることが必要です。

そのためには寝る前にリラックスタイムを設けたり、日中運動したりしておきましょう。

3.ストレスや運動不足も女性ホルモンの分泌を妨げやすい要素です

女性ホルモンを安定させるには、ストレスと運動不足の解消もおすすめです。

特に運動はストレス解消にもなるのでおすすめで、ウォーキング程度の簡単な運動からでかまいません。

忙しい時には自宅でゆっくり入浴や、ストレッチ・ヨガなどをしましょう。

4.リラックスも期待できる育乳マッサージでバストアップを目指すこともできます

オールハンド育乳マッサージをプラスすると、バストアップはもちろんバスト以外に肩や背中、脇の下、二の腕を丁寧にほぐすことができます。

日頃の肩こりが改善されてリラックスでき、眠りやすい状態にも導いてくれるでしょう。