乳腺に刺激を与えると発達し、バストアップにつながります


乳腺は女性ホルモンの刺激を受けると発達するため、刺激を与えることはバストアップに役立つと言えるのです。

ご自分で刺激を与える以外に、プロによる育乳マッサージを受けると丁寧に乳腺へ刺激が与えられるため、短期間でのバストアップが目指せます。

ほかにも毎日の食事で女性ホルモンの分泌を安定させる物を積極的に取ることもおすすめです。

また、大きくなったバストの形が崩れないようにナイトブラを付けてケアしましょう。

女性ホルモンによって乳腺が刺激され、バストアップします

女性ホルモンの働きによって思春期にはバストが膨らみ、大人の女性のバストへ成長していきます。

そして妊娠すると女性ホルモンが刺激をして乳腺が発達し、バストが大きくなっていくのです。

これらのことから、乳腺が刺激を受けるとバストアップが期待できると言えるので、マッサージをして乳腺に刺激を与えることもバストアップに役立つでしょう。

すると乳腺に刺激を受けたバストでは脂肪が増えるので、バストアップにつながっていきます。

ご自分の手でマッサージを行う方法もありますが、プロが行う育乳マッサージも注目を集めており、実際にご自分で行った場合より効率の良いバストアップが期待できます。

育乳マッサージを行うサロンでは、スタッフの手によってバスト全体を丁寧にマッサージして乳腺へ刺激を与えていくのです。

ほかにも背中や肩周りなども揉みほぐすことで、乳腺刺激以外にバストへお肉を流していく方法でもバストアップが見込めるため、効率の良いバストアップが叶います。

乳腺刺激と共に女性ホルモンを安定させる食事を取りましょう


育乳マッサージによる乳腺刺激のような外側からの刺激だけでなく、内側からの刺激も与えてよりバストアップを促しましょう。

その方法のひとつに毎日の食事内容の改善があり、バストアップや乳腺と大きな関わりのある女性ホルモンの分泌を安定させると言われる食べ物を取り入れることがおすすめです。

バランスよくあらゆる食品から栄養を取ることは健康のためにも大切ですが、その中で積極的に取りたい栄養素をご紹介します。

イソフラボン

大豆に含まれている成分で、分子が女性ホルモンと似ているために女性ホルモンの補助をすると言われています。

そのため不足した女性ホルモンを補って分泌バランスを安定させる役に立つので、大豆製品を適度に毎日取ることがおすすめです。

たんぱく質

バストを支えている大胸筋をつくるにはたんぱく質が必要で、肉・魚・卵・乳製品・大豆製品に多く含まれています。

ただしどれかひとつに偏ることなく、まんべんなく取ることでたんぱく質以外の栄養素を上手に取ることができ健康的な体でバストアップが目指せます。

ビタミンやミネラル

体の働きを整えるために欠かせない栄養素で、たとえばビタミンEは女性ホルモンの分泌を調整する働きがあると言われています。

バストの形を維持するために睡眠中の配慮も必要です

バストアップを目指して乳腺へ刺激を与えるなどの方法に取り組んでいる時は、大きくなってきたバストの形を崩さないためのケアも行っておきましょう。

寝る時は寝方によってバストの形を悪くする可能性があるため、次のポイントを守って眠ることがおすすめです。

うつぶせを避ける

うつぶせになるとご自身の体重でバストを圧迫するため、バストがつぶれて形が悪くなる可能性があります。

ほかにも横向きで眠るとバストが流れやすく、バストにシワやたるみを引き起こすことにもなりかねません。

睡眠中の姿勢を一定に保つことは難しいですが、できるだけうつぶせは避けて眠るようにしましょう。

ナイトブラを付ける

バストの形を維持するために有効な方法と言われるようになった、睡眠中にブラジャーを付けることですが、昼間使っている物ではなく夜用のブラジャーを用意することがおすすめです。

睡眠用につくられたナイトブラは、バストのあらゆる方向からサポートして寝返りをしてもバストの形が変わりにくい設計がされています。

(まとめ)乳腺に刺激を与えるとバストアップできるの?

1.乳腺に刺激を与えると発達し、バストアップにつながります

乳腺への刺激はバストアップに役立つので、プロが行う育乳マッサージもおすすめです。

そして日頃から食事では女性ホルモンの安定に役立つと言われる食品を適度に取り、バストの形を維持するためにはナイトブラを付けて寝るようにしましょう。

2.女性ホルモンによって乳腺が刺激され、バストアップします

乳腺に女性ホルモンの刺激が加わると発達し、脂肪が増えてバストアップにつながります。

ご自分で行う方法もありますが、プロの手で育乳マッサージを受けると丁寧に乳腺へ刺激が与えられるほか、その周りのお肉をバストへ流すバストアップも期待できます。

3.乳腺刺激と共に女性ホルモンを安定させる食事を取りましょう

毎日の食事で女性ホルモンの分泌を安定させることも、バストアップにはおすすめです。

その時の食事は栄養バランスの良い内容が大切ですが、バストアップを目指す時には適度にイソフラボン・たんぱく質・ビタミンやミネラルを取りましょう。

4.バストの形を維持するために睡眠中の配慮も必要です

大きくなってきたバストの形を維持するには、睡眠中のバストケアもポイントになります。

そのために寝る時はうつぶせや横向きを避けて、ナイトブラを着用し寝返りを打ってもバストが流れないようにサポートしましょう。