ビタミンはバストアップを補助します


ビタミンそのものにはエネルギーや体を作る働きはありませんが、摂取した栄養の代謝を助ける効果があります。
そのため摂取することで、栄養素がより効果的に働くようになりバストアップにつながるのです。

しかしビタミンは体内で生成することができないため、食事によって摂取していく必要があります。
またビタミンには13もの種類があり、それぞれ違った働きをするため、必要なものを見極めて、効率的に摂取できる食物を選ぶことも重要になってきます。

ビタミンEには女性ホルモンの分泌を助ける作用があります

ビタミンEには抗酸化作用があり、体内の脂質の酸化を防いで血行をよくする効果があります。
これにより、全身を巡る血液の流れがよくなり、冷え性や肩凝りが改善され、ホルモンが全身に届きやすくなりバストアップにもつながってきます。

抗酸化作用にはシミの原因となる活性酸素の発生を抑える効果もあるため、シミ対策や美白にも有効です。
これらにはホルモンの生成や分泌の調整を司る脳下垂体に働きかけて、ホルモンバランスを整える効果もあります。

女性ホルモンだけではなく、抗ストレスホルモンの分泌も促進するので、ストレスへの防御反応を高める効果も期待できます。
女性ホルモンは日常生活やストレスの影響を受けやすいため、ストレスへの防御性を高めることはバストアップにも効果があるといえます。

ビタミンEはナッツ類や魚類に多く含まれており、油との相性が非常に良いため、油で炒めたりすることで吸収率を上げることができます。
植物性の油もまた栄養分を多く含んでいるので、調理の際に使用するとより一層効果的に摂取することが可能です。

またビタミンAとビタミンCを併せて摂取することで、より高い効果の抗酸化作用を得ることができます。

ビタミンB群には体の成長を助ける作用があります


ビタミンB群には体の成長を助ける働きがあり、エネルギーの代謝を促進します。

ビタミンB1

糖質の代謝を促す働きがあります。
糖質は代謝されるとエネルギーになるため、ビタミンB1が不足すると代謝がうまくいかずに疲れやすくなります。
豚肉や豆類に多く含まれます。

ビタミンB2

脂質を代謝する働きがあり、体の健康維持に必要な栄養素です。
不足すると体の発育が阻害され、皮膚に異常が現れます。
主に玉子に多く含まれます。

ビタミンB6

タンパク質の代謝に欠かせない栄養素です。
タンパク質は代謝されることで筋肉や血液になりますが、ビタミンB6が不足すると皮膚の異常や貧血が起こります。
魚類やバナナに多く含まれます。

ビタミンB12

血液中のヘモグロビンの生成を補助し、貧血を防ぐ効果があります。
魚類やレバーに多く含まれます。

葉酸

葉酸もまたビタミンB群の一種であり、緑色の葉に多く含まれていることからこの名前がつけられたといわれています。
タンパク質を合成する働きに加え、ビタミンB12と一緒にヘモグロビンの生成を補助して貧血を防ぐ効果があります。

バランスのよい栄養を摂取して効果を増進しましょう

ビタミンは直接バストアップに作用するのではなく、栄養素の補助や代謝を促す働きをします。
摂取することで、バストアップ効果を助ける働きを期待できます。
前述したビタミンEとビタミンB群の他にも、バストアップを補助する働きを期待できるものがあります。

ビタミンA

皮膚や粘膜の健康を維持する働きがあり、ビタミンEと併せて摂取することで抗酸化作用を向上させる効果があります。
緑黄色野菜に多く含まれています。

ビタミンC

コラーゲンを生成するために必要な栄養素であり、病気やストレスへの免疫を高めたり、鉄分の吸収力を高めたりする効果があります。
抗酸化作用を持ち、ビタミンE・ビタミンAとあわせて摂取することでさらに高い効果を得ることができます。

果物類(主に柑橘系)に多く含まれます。
バストアップに大切なことは、栄養バランスの取れた食事を、毎日規則正しく3食食べることです。
ビタミンは規則正しい食生活を送る中では過不足の心配はないといわれていますが、過剰に摂取すると健康に影響が出るといわれているため、サプリメント等の使用には注意が必要です。

(まとめ)バストアップに効果的なビタミンとは?

1.ビタミンはバストアップを補助します

ビタミンには栄養の代謝を助け、効果的に働くように作用します。

しかしビタミンは体内では生成されず、食物によって摂取していく必要があります。
またビタミンには13もの種類があり、それぞれ違った働きをするため、必要なものを見極めていく必要があります。

2.ビタミンEには女性ホルモンの分泌を助ける作用があります

ビタミンEには抗酸化作用と、ホルモンバランスを整える効果があります。

また抗ストレスホルモンの分泌によってストレスへの防御性も高めてくれるので、バストアップの助けとなる栄養素であるといえます。

3.ビタミンB群には体の成長を助ける作用があります

ビタミンB群は体の成長を助けるとされておりB1は糖質の代謝を促し、B2は脂質を代謝する働きがあり、バストアップにもつながってくるでしょう。

B6はタンパク質の代謝に欠かせない栄養素で、B12は貧血を防ぐ効果があるとされているのです。
またヘモグロビンの生成を助ける葉酸もその仲間です。

4.バランスよく栄養を摂取して効果を増進しましょう

ビタミンは直接的にバストアップに働きかけるわけではありませんが、バストアップ効果を補助する働きを期待できます。

規則正しい食生活さえ送っていれば過不足に陥ることはほとんどありませんが、過剰摂取すると健康に害が出る場合があるので注意が必要です。