タバコに含まれた成分がバストアップの邪魔をします


タバコの中にはバストアップを阻害する成分が多く含まれています。

例えば、タバコに含まれている成分として良く知られているのは、ニコチンでしょう。

ニコチンは血流を悪化させると言われており、その他にも女性ホルモンの乱れにもつながるといわれているのです。

また、一酸化炭素によって酸素がバストへ届かないことも考えられています。

タバコはバストアップ以外にも健康面で悪影響をおよぼす部分が多いため、禁煙を考えてみても良いでしょう。

ニコチンによる血流悪化などがバストアップを邪魔します

バストアップができないと悩んでいる人で、タバコを吸っているなら注意しましょう。

なぜなら、タバコはバストアップを妨げる要因になるからです。

バストアップだけではなく、健康全般についてもあまり良くないものなので注意しましょう。

どうしてタバコがバストアップに悪いのかですが、実は複数原因があります。

その一つが血流を悪化させることです。

タバコにはニコチンが含まれているのですが、これは自律神経を刺激し毛細血管を収縮させる働きがあると言われています。

バストアップに必要な栄養や女性ホルモンは血流により運ばれるので血流悪化となれば十分にバストへ必要なものが届かないことにつながるからです。

また、タバコは女性ホルモンの働きを弱め、ホルモンバランスの乱れにつながると考えられるので気をつける必要があるでしょう。

さらにタバコには一酸化炭素が含まれています。

これはヘモグロビンの働きを邪魔すると考えられており、ヘモグロビンと一酸化炭素がむすびつくと細胞に酸素が届きづらくなります。

細胞に酸素が届かなければ女性ホルモンを分泌する器官にも影響が出るため、バストアップが上手くいかなくなることが考えられるのです。

量を徐々に減らすなどして禁煙を考えてみましょう


バストアップを考えるなら禁煙も考えた方が良いでしょう。

禁煙はバストアップだけではなく健康という観点から見ても多くのメリットがあります。

タバコの煙による周囲への受動喫煙のリスクがなくなりますし、数日経過すれば、味や臭いに対し敏感になるとも言われています。

部屋や自動車などにタバコの臭いがつかなくなるのは大きなメリットでしょう。

しかし禁煙をすると言っても簡単にできるものではありません。

特に長年吸って来た人であれば、次の日から突然禁煙を始めるというのは難しいです。

そのため、徐々に量を減らしていく方がストレスも蓄積されず良いと言えます。

本気で禁煙をしたいなら、いつでもすぐに見える場所へカレンダーを貼り、禁煙ができた日付にチェックを入れてみましょう。

客観的に禁煙した数を確認することができます。

また、バストアップのため禁煙をしているのだと、目的を明確にすることも大切です。

カレンダーにチェックをつけ、目的を明確化すれば禁煙に対する意欲が高まります。

難しいなら禁煙補助薬などを使用するのも考えてみましょう。

薬局などにもニコチンガムなどが販売しています。

しかし体の状況次第では止めた方が良いので、使用する際はまず薬剤師や医師に相談してください。

禁煙だけでなくバストアップマッサージをしてみましょう

タバコを止めたからと言っても劇的にバストアップができるというものでもありません。

よりバストアップへつなげたいのであれば、禁煙と共にバストアップマッサージを行うのがおすすめです。

バストアップマッサージは、血流やリンパの改善に効果的とされており、栄養や女性ホルモンがバストへ届きやすくなると言われています。

お風呂上がりは体温も上がり血流も良くなっているのでそのタイミングで行うと良いでしょう。

自分で行う時に注意したいのは、おもいっきり力を入れてもみほぐさないことです。

力を入れるとバストを支えるクーパー靭帯が伸びてしまったり、脂肪が消えてふくらむどころかしぼんでしまったりする可能性もあるからです。

より効率的に効果を高めたいのであれば、専用のオイルやクリームを使っても良いでしょう。

力加減が分からない、手が届かない背中などもマッサージを行いたいという場合であれば、専門店で施術を受けるのもおすすめです。

バストアップマッサージの専門サロンなら安心して施術を受けることができます。

タバコを止めると共に、バストアップマッサージを行うことで理想のバストを目指しましょう。

(まとめ)バストアップにタバコが禁物な理由って?

1.タバコに含まれた成分がバストアップの邪魔をします

例えばタバコのニコチンなどによって自律神経を収縮し、血流が悪くなったり、女性ホルモンにも悪影響を与えたりすると言われています。

また一酸化炭素もあるのでバストへ酸素が届かない可能性もあるのです。

2.ニコチンによる血流悪化などがバストアップを邪魔します

バストアップにタバコが悪い原因は複数あります。

血流の悪化や女性ホルモンの乱れにも引き起こされるので注意が必要です。

また、一酸化炭素がヘモグロビンに結びついて酸素がバストへ届くのを邪魔します。

3.量を徐々に減らすなどして禁煙を考えてみましょう

バストアップをするなら禁煙を試してみても良いでしょう。

方法としては量を徐々に減らしたり、客観的に禁煙した日をチェックするなどがあるでしょう。

また、何のために禁煙をするのか目的をはっきりさせるというのも効果的です。

4.禁煙だけでなくバストアップマッサージをしたりしてみましょう

タバコを止めてもすぐバストアップができるわけではないので、バストアップマッサージをするのも良いでしょう。

リンパや血流を良くすることで、バストに必要な栄養などが届きやすくなります。