バストアップには乳腺が発達して脂肪が増えるというメカニズムがあります


バストアップのメカニズムですが乳腺やクーパー靭帯や脂肪というキーワードがポイントになります。

純粋にバストを大きくしたいなら、乳腺を発達させることが重要です。

乳腺を発達することができれば、バストの脂肪が増えていくというメカニズムが働きます。

この乳腺を発達させるには女性ホルモンが必要となるため、女性ホルモンをつくることも大切な要素と言えるでしょう。

また、バストサイズが大きくなっても大胸筋やクーパー靭帯というバストを支えている靭帯が弱ければ垂れ下がることにつながります。

乳腺が発達することで脂肪が集まりバストアップにつながります

バストアップを目指すならメカニズムも知っておきましょう。

バストアップの中でポイントになるのが乳腺やクーパー靭帯や脂肪です。

乳腺とは母乳を作る組織ですが、女性ホルモンのエストロゲンやプロゲストロンにより発達すると考えられています。

クーパー靭帯はコラーゲン繊維の束で乳腺を皮膚や筋肉につなぐ役割があります。

また、バストは脂肪が9割と言われています。

それならバストアップには乳腺を発達させるより、太って脂肪を増やせば良いのではないかと考える人もいるかも知れません。

しかし、ただ太るだけでは理想のバストを手に入れられないことも多いのです。

例えば太っていてもなぜかバストサイズは小さいという人も居ます。

乳腺と脂肪は1対9の割合と考えられ、乳腺を発達させればそれを守るためバストへ脂肪が集まり大きくなるというメカニズムが働いています。

乳腺が大きくなれば、それを守るためにより大きな脂肪が必要になるというわけです。

この乳腺を発達させるためには、女性ホルモンが必要と考えられています。

また、バストサイズが多くなっても支えるために必要なクーパー靭帯や大胸筋が弱ければ、すぐに垂れ下がることにつながります。

バストアップを考える人は乳腺が発達して脂肪も増えるというメカニズムを知っておいた方が良いでしょう。

女性ホルモンを増やす食生活と共に規則正しい生活をしましょう


バストアップには食生活にこだわる必要もあります。

特にタンパク質は乳腺を発達させるホルモンの材料になると言われていますし、大胸筋やクーパー靭帯と言ったバストを支える器官にもなるので良質なものを摂取すると良いでしょう。

女性ホルモンに似た作用を持っている食材を摂取するのもおすすめです。

例えば大豆イソフラボンなどは女性ホルモンに似ているので摂取すると良いでしょう。

ただ、食べ物だけでは理想のバストアップを考えるとむずかしいです。

女性ホルモンの分泌は、脳の視床下部や下垂体でコントロールされています。

しかし不規則な生活やストレスに弱いため、負担を受けるとすぐにホルモンバランスが乱れる可能性があるのです。

そのため睡眠不足やストレスが溜まる生活にならないよう注意が必要です。

また、睡眠は体の成長にも関わる成長ホルモンが分泌されますから、きちんと眠ることが重要でしょう。

ストレスに関してもバストアップだけではなく、アンチエイジングの面でも良いとは言えません。

ストレスが溜まったら自分なりの発散方法を行うと良いです。

またクーパー靭帯が伸びたり切れたりしないよう自分のサイズに合ったブラジャーをする、スポーツをする時は専用のスポーツブラをするよう心がけましょう。

バストアップマッサージでスムーズな血流を目指しましょう

食生活に注意し規則正しい生活をしてもバストアップができないならプロフェッショナルの手によるバストアップマッサージを行うのもおすすめです。

バストアップマッサージの大きな利点は、血流やリンパの流れに良い影響を与えることができる所です。

バストアップには乳腺を発達させる女性ホルモンや栄養分が必要不可です。

また、バストは老廃物が蓄積されやすい部分ですので、流れなければ固くなることにもつながる可能性があります。

バストアップマッサージは停滞している血流やリンパの改善が期待できるので、必要な栄養素や女性ホルモンがバストへ届きやすくなるのです。

また、背中などにある脂肪をバストへ流すことが期待できるのも大きなメリットでしょう。

バストに関し理想の形を目指している女性も多いですが、バストアップマッサージは形にもアプローチすることが可能です。

バストアップマッサージをすることでストレス解消にもつながります。

女性ホルモンや栄養分を摂取しつつ、バストアップマッサージも行ってみてはいかがでしょうか。

(まとめ)バストアップのメカニズムってどんなの?

1.バストアップには乳腺が発達して脂肪が増えるというメカニズムがあります

バストアップは乳腺が発達することで、バストの脂肪が増えるというメカニズムによって行われます。

また、この乳腺を発達させるには女性ホルモンが必要不可欠でしょう。

さらに、バストを支えるためには、クーパー靭帯や大胸筋を発達させることが大切です。

2.乳腺が発達することで脂肪が集まりバストアップにつながります

バストアップには乳腺という母乳を作る組織部分が発達しなければなりません。

乳腺の発達のためには、女性ホルモンが必要となって来ます。

支えるにはクーパー靭帯や大胸筋の発達も重要でしょう。

このようなメカニズムが働いてバストアップにつながるのです。

3.女性ホルモンを増やす食生活と共に規則正しい生活をしましょう

このメカニズムを理解した上で重要になるのは、乳腺を発達させるために必要な栄養分などを摂取することが大切です。

しかし食生活だけではむずかしく、女性ホルモンの分泌が乱れないよう、ストレスがない規則正しい生活を心がけることが重要です。

4.バストアップマッサージでスムーズな血流を目指しましょう

食生活と規則正しい生活をしながらバストアップマッサージを受けるのもおすすめです。

栄養や女性ホルモンがバストへ届かせるために、健康的な血流やリンパの流れが必要だからです。

バストアップマッサージでその流れに良いアプローチができます。